言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 塚本 尚子
 

塚本 尚子

 
アバター
研究者氏名塚本 尚子
 
ツカモト ナオコ
所属上智大学
部署総合人間科学部看護学科
職名教授
学位修士(心理学)(立教大学), 博士(保健学)(東京大学)
科研費研究者番号40283072
J-Global ID201201083974826476

プロフィール

(研究テーマ)
看護職のバーンアウトと組織風土
がん患者のストレス対処

研究キーワード

 
心理的適応 ,がん患者 ,バーンアウト ,看護師 ,組織風土 ,ストレス

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 
  • ライフサイエンス / 基礎看護学 / 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 医学系研究科 保健学専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 医学系研究科 保健学専攻
 
1991年4月
 - 
1993年3月
立教大学 文学研究科 心理学専攻
 

論文

 
 
笹本麻美   塚本尚子   
日本看護管理学会誌   24(1) 154-163   2020年12月   [査読有り]
 
Naoko Tsukamoto   Mikiko Kudo   Yukiko Katagiri   Aya Watanabe   Yuka Funaki   Akemi Hirata   
Journal of Nursing Management      2020年8月   [査読有り]
 
Miyashita Mika   Tsukamoto Naoko   
Journal of Pain and Symptom Management   59(1) 139-146   2019年10月   [査読有り]
 
Naoko Tsukamoto   Akemi Hirata   Yuka Funaki   
Nursing Open      2019年8月   [査読有り]
 
塚本尚子   
生命と倫理   6 51-57   2019年3月   [招待有り]
2017年3月に開催された東京慈恵会医科大学・上智大学第10回ジョイントシンポジウムにおいて報告した内容に一部加筆したものである。上智大学大学院総合人間科学研究科看護学専攻の沿革と本専攻で大切にしている“ケアリング”について、看護学におけるケアリングの位置づけの点から説明し、その課題について議論した。また本専攻で展開しているケアリングを基盤とするカリキュラムを説明した。

書籍等出版物

 
 
塚本 尚子(担当:共著, 範囲:健康の地域差(p384-385)、介護報酬と介護保険(p416-417))
丸善出版株式会社   2019年10月   (ISBN:9784621303764)   
 
塚本 尚子(担当:共著, 範囲:第8章、第10章、第11章)
医学書院   2018年1月   (ISBN:9784260031707)   
 
塚本 尚子(担当:共著, 範囲:p.4-17)
医学書院   2016年1月15日   (ISBN:9784260021722)   
 
塚本 尚子(担当:共著, 範囲:177,192,240,466,741-742,689,851-852,951,1037)
実務教育出版   2011年6月10日   (ISBN:9784788960848)   
日本ストレス学会とパブリックヘルスリサーチが共同して、多岐におよぶ学問分野に散在しているストレスに関連する用語について整理を行ったものである。担当部分では、看護分野に関連するストレス用語として、バーンアウト、ボディーイメージなどを取り上げ解説した。
 
塚本 尚子(担当:共著, 範囲:111~113)
医学書院   2010年1月   (ISBN:9784260009126)   
平成12年に作成した准看護学生用のテキストの改訂版。最新の知見を加えることを目的に全面的に改訂が加えられた。担当部分は、第1章保健医療場面の心理のC,医療従事者の心理である。この中で、医療従事者の仕事の特性および看護者の心理について執筆した。

講演・口頭発表等

 
 
看護の組織風土と集団同一視との関連性の検討
塚本尚子   平田明美   舩木由香   
日本看護研究学会学術集会   2017年8月20日   日本看護研究学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
看護師長の組織アイデンティティが、病棟看護師の組織同一視に及ぼす影響の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
塚本 尚子 舩木 由香 工藤 みき子 片桐 由紀子 渡邉 彩 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
看護師長の組織アイデンティティの発信と病棟看護師の組織アイデンティフィケ—ション促進が、組織風土改善に及ぼす影響についての検討
公益財団法人野村マネジメント・スクール: 2020年度学術研究支援(研究助成)
塚本尚子 舩木由香,工藤みき子,片桐由紀子,渡邉彩,西川瑞希,相沢庸子 
研究期間: 2020年10月 - 2022年9月
 
ハンセン病療養所の共同体への看護師の参画による、共同体の癒し機能の補完と継承に関する研究
公益財団法人 笹川保健財団: 2021年度笹川保健財団研究助成
塚本尚子,渡邉彩,工藤みき子,片桐由紀子,山形寛,舩木由香 
研究期間: 2021年6月 - 2022年3月
 
病棟風土診断プログラムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
塚本 尚子 舩木 由香 平田 明美 片桐 由紀子 金久保 愛子 
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月

その他

 
 
2020年10月 - 2020年10月
看護実践における健康心理学理論の活用と有効性(健康心理学会ヘルスサイコロジスト、No82,2020,4-5)
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。