言語の選択:

理工学部 情報理工学科

研究者リスト >> 林 等
 

林 等

 
アバター
研究者氏名林 等
 
ハヤシ ヒトシ
所属上智大学
部署理工学部情報理工学科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学), 電気工学修士(東京大学)
科研費研究者番号70634963
J-Global ID201201051908687873

プロフィール

2012年-現在 上智大学理工学部
○CASE(コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化)
○人工知能(AI)ネットワーク
○機械学習を用いた無線センサネットワーク
○第5世代移動通信システム(5G)
○スマートメータリングシステム
○ホワイトスペースの有効活用に向けた低歪送受信機
○高速起動・低消費電力符号化方式
2000年-2001年 マサチューセッツ工科大学(MIT)
○Wireless Systems Research
1992年-2012年 日本電信電話株式会社(NTT)
○企業内R&D(Research and Development)のインキュベーション/プロデュース
○300MHz帯物品管理/433MHz帯国際物流用RFID
○ソフトウェア無線用マルチバンド受信機
○1.9GHz帯PHS/11GHz帯固定ディジタルマイクロ波方式用高効率電力増幅器
○モノリシックマイクロ波送受信回路の小型化・高性能化
1990年-1992年 東京大学工学部
○強誘電性液晶スイッチング光交換方式
○外乱推定に基づく大規模電力システムの分散制御(共同研究者: 和保 孝夫 先生、高野 忠 先生、水澤 純一 先生)
研究活動では、主に次の二つのことを研究の柱にしている。
(Sophia EECS)
1.IoTを加速する機械学習を用いた「Beyond 5G」無線センサネットワークの低消費電力・高信頼伝送
2.人工知能(AI)チップを用いたIoTエッジデバイスの小型化・低消費電力化
教育活動では、学部生を対象に、「情報フルエンシー(電気回路・電子回路)」、「情報フルエンシー(予測分析)」、「電子回路」、「計測と制御」、「通信ネットワークシステム」、「基礎情報学【物質生命理工学科クラス】」、「COMMUNICATION AND NETWORK ENGINEERING」、「情報理工学実験I」、「情報理工学実験II」の講義と実験を担当している。
また、大学院生を対象に、「センサネットワーク特論」、「集積回路工学」の講義を担当している。
公開講座においては、「データドリブンのビジネス判断に向けた解析手法」、「ビジネス・知財入門」を担当している。

研究キーワード

 
カーボンニュートラル、デジタルトランスフォーメーション(DX)、人工知能(AI)ネットワーク、Internet of Things(IoT)、超高周波回路、超高速無線センサネットワーク ,デジタルトランスフォーメーション(DX)、人工知能(AI)ネットワーク、Internet of Things(IoT)、ブロックチェーン、超高周波回路、超高速無線センサネットワーク

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学 / 

経歴

 
2008年7月
 - 
2012年3月
日本電信電話株式会社 研究企画部門  プロデューサー 
 
2002年3月
 - 
2012年3月
日本電信電話株式会社 未来ねっと研究所  主任研究員 
 
2006年4月
 - 
2010年9月
関東学院大学 工学部  非常勤講師 
 
2000年9月
 - 
2001年8月
マサチューセッツ工科大学(MIT)  客員研究員 
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1992年3月
東京大学 工学系研究科 電気工学専攻
 
1988年4月
 - 
1990年3月
東京大学 工学部 電子工学科
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 教養学部 理科Ⅰ類
 

委員歴

 
2012年10月
 - 
2014年9月
一般社団法人 電気学会  サービス・インフラ調査専門委員会委員
 
2008年5月
 - 
2014年5月
一般社団法人 電子情報通信学会  通信ソサイエティ執行委員会卓越技術データベース幹事
 

受賞

 
2021年6月
学生が国際会議(IEEE ICCCI 2021)で「Excellent Oral Presentation Award」を受賞
 
2020年9月
多値論理研究会, 多値論理研究会 MVL論文賞
小泉智明 和保孝夫 林等 
 
2019年9月
電子情報通信学会, 学生が「2019年度学生マイクロ波回路設計試作コンテスト」で特別賞を受賞
 
2016年9月
電子情報通信学会, 学生が「2016年度学生マイクロ波回路設計試作コンテスト」で優秀賞(2位)を受賞
 
2016年9月
電子情報通信学会, 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞
 

論文

 
 
Ryo Segawa   Hitoshi Hayashi   
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   17(2) 308-310   2022年2月   [査読有り]
 
Wenzhi Xiong   Hitoshi Hayashi   
2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)      2021年10月   [査読有り]
 
T. Waho   T. Koizumi   H. Hayashi   
IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems   E104-D(8) 1130-1137   2021年8月   [査読有り]
 
G. Mu   H. Hayashi   
2021 3rd International Conference on Computer Communication and the Internet (ICCCI)      2021年6月   [査読有り]
 
Tomoaki Koizumi   Takao Waho   Hitoshi Hayashi   
2021 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS)      2021年5月   [査読有り]

MISC

 
 
T. Koizumi   T. Waho   H. Hayashi   
29th International Workshop on Post-Binary ULSI Systems (ULSIWS2020) Abstract      2020年11月   
 
K. Tokugawa   S. Kuwana   H. Hayashi   
Progress In Electromagnetics Research Symposium Abstracts   1090-1090   2018年8月   [査読有り]
 
S. Xie   H. Hayashi   
Progress In Electromagnetics Research Symposium Abstracts   1226-1226   2018年8月   [査読有り]
 
石津 健太郎   村上 誉   新保 宏之   塚本 悟司   林 等   
日経コミュニケーション = Nikkei communications   (629) 52-60   2016年6月   
5Gでは、通信の高速化に加えて、ある範囲で同時に通信を行う機器数の増加が想定されており、安定した通信には、周波数帯域幅がさらに必要となる。周波数帯域の確保方法の一つとして、ミリ波などの高い周波数帯の利用が考えられる。しかし、移動体通信には、…
 
林 等   水澤 純一   
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 "S-20"   2013年9月

講演・口頭発表等

 
 
小泉   和保   林   
第35回多値論理とその応用研究会   2022年1月8日   
 
殷 熠霏   内田 千尋   中岡 俊裕   林 等   
第82回応用物理学会秋季学術講演会   2021年9月12日   
 
Ryo Segawa   Hitoshi Hayashi   
NVIDIA GTC 2021   2021年4月12日   NVIDIA   
TBA
 
小泉   和保   林   
第43回多値論理フォーラム   2020年9月5日   多値論理研究会   
 
瀬川 亮   林 等   藤井 翔平   
2020年度 人工知能学会全国大会(第34回)   2020年6月11日   人工知能学会   
近年、多くの人々がインターネット上に料理のレシピやレビューを投稿しているが、画質が悪く情報をうまく発信できない場合がある。この問題を解決するためにはCNNを用いた手法が有効であり、その中の1つにdeep image priorという単一の低解像度の画像のみを利用して解像度を向上する手法が存在する。この手法はダウンサンプリングモジュール、アップサンプリングモジュール、スキップモジュールから構成されるネットワークを使用し、全てのモジュールに畳み込み層や活性化関数層が含まれる。本論文ではスキップ...

所属学協会

 
 
   
 
日本統計学会
 
   
 
自動車技術会
 
   
 
Beyond 5G新経営戦略センター
 
   
 
Beyond 5G推進コンソーシアム
 
   
 
水素バリューチェーン推進協議会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 「IoTと5G」\n現在、日本では「東京2020オリンピック・パラリンピック」に向けて5Gの商用化が計画されています。\n本講演では、2020年代後半から2030年ごろの日本社会と家族の姿をイメージした総務省作製のビデオ映像を紹介するとともに、すべての「モノ」をインターネットに接続するIoT化が進む近未来を展望します。 2019年3月4日 - 2019年3月4日