言語の選択:

法学部

研究者リスト >> 兼原 敦子
 

兼原 敦子

 
アバター
研究者氏名兼原 敦子
 
カネハラ アツコ
所属上智大学
部署法学部国際関係法学科
職名教授
学位学士(東京大学)
科研費研究者番号60214483
J-Global ID201301032254927740

プロフィール

(研究テーマ)
国家責任法
海洋法

研究キーワード

 
国家責任法 ,行為の帰属 ,海洋法における管轄権の構造

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際法学 / 

受賞

 
1989年10月
安達峰一郎賞
 

論文

 
 
上智法学論集   61(3/4) 9-56   2018年   
 
上智法学論集   61(1/2) 27-76   2017年6月   
 
兼原敦子   
上智法学論集   60(3/4) 223-272   2017年3月   
 
兼原敦子   
国際問題   2017年3月号(659) 25-36   2017年3月   
 
兼原敦子   
21世紀の国際法を海洋法の課題   438-477   2016年11月   

MISC

 
 
兼原敦子   
平成23年度重要判例解説 (ジュリスト1440号)   289-294   2012年4月   
 
兼原敦子   
平成22年度重要判例解説 (ジュリスト1420号)   336-339   2011年4月   

書籍等出版物

 
 
兼原 敦子(担当:共編者(共編著 者), 範囲:p.113-130,131-149,169-189,208-226,227-246)
2017年3月31日   (ISBN:9784797224528)   
 
兼原 敦子(担当:共編者(共編著 者))
有斐閣   2016年8月30日   (ISBN:9784641046771)   
 
兼原 敦子(担当:その他, 範囲:p.349-377)
2016年4月15日   (ISBN:9784798913353)   
 
2014年4月   
国際法の基本構造と論理構造を説明する講義概要を作成し受講生に配信
 
2013年9月   
国際法の各論をなす各主題の内容の基本を明らかにする講義概要を作成し受講生に配信

講演・口頭発表等

 
 
 
2018年2月21日   [招待有り]
 
2018年1月15日   [招待有り]
 
2017年11月7日   [招待有り]
 
2017年7月23日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本国際法学会
 
   
 
日本国際法協会
 
   
 
アメリカ国際法学会
 
   
 
International Law Association
 
   
 
日本海洋政策学会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2014年4月 - 2016年3月
 
【その他】
 2014年4月 - 2015年3月
 
【その他】
 2014年8月 - 2014年8月
 
【その他】
 2012年4月16日 - 2014年3月31日
 
【その他】
 2013年4月 - 2014年3月

その他

 
 
国際法の基本構造を示す講義概要を配布し、それにそって口頭で説明したことを受講生にノートをとるように促し、論理構造の修得を図る
 
 
国際法の総論にあたる部分については、基本構造がわかるように講義形式で授業を実施し、続いて、論理的な思考を履修者に身に着けてもらうために、質問内容を工夫し、双方向性もとりいれて授業を実施した。
 
 
受講生の知識の習得はもちろん必要である。法的な論理的思考能力の習得も肝要となる。そこで、授業においては、知識を伝えるだけではなく、なぜ、そのような制度が成立してきたかの背景などを説明したうえで、概念や制度のもつ論理を十分に説明するように工夫している。受講生がノートをとるに際しても、教員が説明したことを、受講生自身において、頭の中で論理的に理解し、それをノートにとるようにすすめている。また、担当する国際法学が、抽象的論理に重点がおかれる科目であるため、それをより具体的に理解できるように、具体的な事例を紹介し、具体的事例に論理を適用して説明するように努めている。