言語の選択:

言語教育研究センター

研究者リスト >> 杉木 良明
 

杉木 良明

 
アバター
研究者氏名杉木 良明
 
スギキ ヨシアキ
所属上智大学
部署言語教育研究センター
職名教授
学位修士(文学)(上智大学)
J-Global ID201301087669922417

プロフィール

当面の研究課題としては、Othelloに焦点を当てている。伝統的には4大悲劇のひとつに勘定されているが、その悲劇性には疑わしい点がある。これを確認するために、まずは悲劇とは何かについて考えたい。英語を教える点に関しては、受講者にいかに授業以外で英語に触れてもらうかに意を凝らしたい。(研究テーマ)
イギリスルネッサンス演劇

研究キーワード

 
シェイクスピア

研究分野

 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

論文

 
 
杉木良明   
Lingua   (23) 61-75   2012年11月   
『恋の骨折り損』が初演されたと推定される頃、フランス宗教戦争は最終局面にあり、そのクライマックスはアンリ4世のカトリックへの改宗であった。プロテスタント国イングランドで、カトリック信仰を貫いたと思われるシェイクスピアが、いかにフランスの宗教事情を劇に織り込んだかを考察する。
 
杉木良明   
上智英語文学研究   (34) 3-15   2009年10月   
おもに史劇を対象に、シェイクスピア作品にみられる騎士道の意味合いを探る

書籍等出版物

 
 
 
 
杉木 良明(担当:共編者(共編著 者), 範囲:p.418-437)
麻生出版   2014年10月20日   (ISBN:9784905383055)   
シェイクスピアがチョーサーのエルズミア写本を読んだ可能性を探る
 
杉木 良明(担当:共著, 範囲:119-132)
金星堂   2010年9月30日   (ISBN:9784764711068)   
 
杉木 良明(担当:共著, 範囲:195-212)
三省堂   2010年7月10日   (ISBN:9784385410647)   

その他

 
 
英語を専門としない学生にとって、児童文学の利用は、興味の喚起に役立つ。絵本からヤングアダルトまで、順に配列することで、より大きな効果が期待できる。高度な語彙は期待できないが、中高の英語教育で欠落しがちな生活語彙を拾うことができる。また、絵本などはリズミカルな文章で書かれることが多く、音読教材にもふさわしい。