言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 笹川 裕史
 

笹川 裕史

 
アバター
研究者氏名笹川 裕史
 
ササガワ ユウジ
所属上智大学
部署文学部史学科
職名教授
学位文学修士(広島大学), 博士(文学)(広島大学)
科研費研究者番号10196149
J-Global ID201301036392846234

研究キーワード

 
中国近現代史

研究分野

 
  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史 / 

論文

 
 
笹川裕史   
軍事史学   55(4) 23-43   2020年3月   [査読有り][招待有り]
 
笹川裕史   
研究中国   (7) 57-62   2018年10月   [招待有り]
 
SASAGAWA Yuji   
Journal of Modern Chinese History   9(1) 66-94   2015年6月   [招待有り]
 
笹川裕史   
抗日战争研究   9(3) 54-62   2014年3月   [招待有り]
 
笹川裕史   
歴史学研究   (906) 14-24   2013年6月   [招待有り]

MISC

 
 
笹川 裕史   
現代中国研究 = Modern and contemporary China studies   (33) 177-180   2013年10月

書籍等出版物

 
 
笹川, 裕史(担当:編集, 範囲:「序章」(ⅰ~ⅵ頁)、「第3章 中国農村の中の義務兵役制ーー1950年代半ば、変容する基層社会像」(63~92頁))
汲古書院   2020年12月15日   (ISBN:9784762966682)
 
 
 
笹川 裕史(担当:共編者(共編著 者), 範囲:p.45-71)
山川出版社   2015年11月   (ISBN:9784634600232)   
 

講演・口頭発表等

 
 
中国復員兵士たちの戦争体験――上海の事例を中心に――
笹川裕史   
日中国際シンポジウム「東アジアにおける戦時動員の位相――その衝撃と遺産――」   2019年10月13日   日中関係史研究会、中国抗日戦争史学会、早稲田大学東アジア国際関係研究所、新学術領域研究「和解学の創成」ほか   [招待有り]
 
「1940年代中国の戦時体制と災害」
笹川裕史   
東京大学史学会112回大会・公開シンポジウム「近代における戦争と災害・環境」   2014年11月8日   東京大学史学会   [招待有り]
 
「中国的総力戦与基層社会--中日戦争・国共内戦・朝鮮戦争」
笹川裕史   
中日戦争国際共同研究第5次会議「第二次世界大戦背景下的中日戦争」   2013年9月15日   中国社会科学院近代史研究所   [招待有り]
 
「1949年前夜中国における「民意」のゆくえ」
笹川裕史   
日本現代中国学会第59回全国学術大会   2009年10月18日   日本現代中国学会   [招待有り]
 
「1949年建国前夕四川省的戦時徴発及社会変化」
笹川裕史   
四川大学歴史文化学院主催「近代中国与日本」学術研討会   2008年9月28日   四川大学歴史文化学院   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
広島史学研究会
 
   
 
日本現代中国学会
 
   
 
歴史学研究会
 
   
 
社会経済史学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
東アジアの連関と比較からみた中国戦時秩序の生成と言説の様態
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
笹川 裕史 山本 真 泉谷 陽子 水羽 信男 松田 康博 三品 英憲 金子 肇 丸田 孝志 金野 純 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
 
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
 
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。