言語の選択:

外国語学部 ロシア語学科

研究者リスト >> VARVARA MUKHINA
 

VARVARA MUKHINA

 
アバター
研究者氏名VARVARA MUKHINA
 
ムヒナ ヴァルヴァラ
所属上智大学
部署外国語学部ロシア語学科
職名准教授
学位学士(サンクト・ペテルブルク国立大学), 修士(サンクト・ペテルブルク国立大学), 博士(熊本大学)
J-Global ID201501009581957576

研究キーワード

 
ロシア語圏から日本への移住者 ,ロシアの移民受け入れ政策

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

論文

 
 
ムヒナ ヴァルヴァラ   
移民政策研究   7 133-150   2015年5月   [査読有り]
 
ムヒナ ヴァルヴァラ   
   2013年3月   [査読有り]
 
Varvara Mukhina   
International Journal of Social and Cultural Studies   6 77-93   2013年3月   [査読有り]
 
Varvara Mukhina   
Social innovation and sustainability for the future : recreating the intimate and public spheres : proceedings, the 5th Next-Generation Global Workshop, November 6-7, 2012, Kyoto University   448-465   2013年2月   
 
Varvara Mukhina   
Migration : global reconstruction of intimate and public spheres : proceedings of the 3rd Next-Generation Global Workshop : December 11-12, 2010, Kyoto University   413-429   2011年3月   

書籍等出版物

 
 
MUKHINA VARVARA(担当:共著, 範囲:(p.131-145))
Canadian Scholars' Press Inc.   2012年   (ISBN:9781551304052)   
 
MUKHINA VARVARA(担当:単著)
Аполлон "Русская классика"   2007年   (ISBN:9785932050309)   

講演・口頭発表等

 
 
ムヒナ ヴァルヴァラ   
移民政策学会の2013年度春季大会   2014年3月22日   移民政策学会   
 
 
Varvara Mukhina   
5th Next-Generation Global Workshop. “Social Innovation and Sustainability for the Future: Recreating the Intimate and Public Spheres   2012年11月7日   Kyoto University Global COE Program for the Reconstruction of the Intimate and Public Spheres in 21st Century Asia   
 
Varvara Mukhina   
The 2011 Seminar of the ISA RC06 on Family Research   2011年9月12日   Emiko Ochiai   
 
Varvara Mukhina   
3rd Next-Generation Global Workshop "Migration: Global Reconstruction of Intimate and Public Spheres"   2010年12月11日   Kyoto University Global COE Program for Reconstruction of the Intimate and Public Spheres   

所属学協会

 
 
   
 
日本家族社会学会
 
   
 
日本移民学会
 
   
 
移民政策学会

社会貢献活動

 
 
【出演,パネリスト】
Lectorium Oriens. Публичный лекторий в Токио 2017年3月24日
 
【出演,パネリスト】
上智大学主催シンポジウム 家族の未来を考える 2016年7月1日
 
 
 
【その他】
 「ロシアにおける移民・外国人政策」について発表した。 2014年9月7日