言語の選択:

外国語学部 フランス語学科

研究者リスト >> 牧 陽子
 

牧 陽子

 
アバター
研究者氏名牧 陽子
 
マキ ヨウコ
所属上智大学
部署外国語学部フランス語学科
職名准教授
学位文学士(東京外国語大学), Maitrise en Science politique(Universite Paris I Pantheon-Sorbonne), 政治学修士(パリ第一大学), 法学修士(東京大学), 社会学博士(一橋大学)
科研費研究者番号50802451
J-Global ID201701008266985640

プロフィール

十年余のジャーナリストとしての経験(NHK番組制作ディレクター、朝日新聞記者)を経て、2017年4月に本学に着任。社会政策が女性の就業とケアに及ぼす影響、およびワークライフバランスについて関心を持ち、主にフランスと日本を対象に研究を続けている。

研究キーワード

 
日仏を中心とする家族社会学、福祉国家とジェンダー、女性の就業とケア、ワークライフバランス

研究分野

 
  • 人文・社会 / ジェンダー / 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

受賞

 
2014年12月
程ケ谷基金, 男女共同参画・少子化に関する研究活動顕彰事業<論文の部>優秀賞,「1970年代フランス福祉国家と家族モデルの変容過程」
 

論文

 
 
 
 
 
東京大学大学院法学政治学研究科・修士論文      2000年9月   [査読有り]
 
パリ第一大学政治学部・修士論文      2000年9月   [査読有り]

MISC

 
 
 
『社会保障研究』   5(1) 152-155   2020年   [招待有り]
 
『日仏社会学年報』   30 111-133   2019年11月   [査読有り]
 
『ジュニアエラ』      2016年6月   [招待有り]
 
社会政策学会第132回大会 提出資料      2016年6月   

書籍等出版物

 
 
牧 陽子(担当:共著, 範囲:p.116-137)
上智大学出版会   2020年3月31日   
 
牧 陽子(担当:単著, 範囲:単著)
ミネルヴァ書房   2020年2月28日   
 
牧 陽子(範囲:単著)
明石書店   2007年2月10日      

講演・口頭発表等

 
 
男女共同参画推進実行委員会「フランスに学ぶパリテ法の成果と課題」研究会   2021年2月   男女共同参画推進実行委員会「フランスに学ぶパリテ法の成果と課題」研究会   [招待有り]
 
日本家族社会学会NFRJ18(第4回全国家族調査)研究会   2020年9月   日本家族社会学会NFRJ18(第4回全国家族調査)研究会   
 
日本社会学会大会テーマセッション「移住家事労働者研究の現在と未来―『家事労働の国際社会学』を議論する」   2020年8月   日本社会学会   
 
日仏シンポジウム「人文・社会科学雑誌の視点から見る日仏の大学間・知的交流」   2019年6月   Cairn.info   [招待有り]
 
牧 陽子   
日仏女性研究学会研究発表会   2018年7月28日   日仏女性研究学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本家族社会学会、社会政策学会、日本社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 フランスの学術検索エンジンCairn.info主催の日仏国際シンポジウム「人文社会科学雑誌にみる日仏の大学間学術交流」で講演 2019年6月5日 - 2019年6月5日
 
【その他】
 東京都港区立男女平等参画センター リーブラ主催講座 2019年2月16日 - 2019年2月16日
 
【その他】
 東京都練馬区立の保育園勉強会にて講演 2018年10月19日 - 2018年10月19日
 
【その他】
 2008年12月 - 2009年3月

その他

 
 
上智大学ダイバーシティー推進室主催のダイバーシティーウイークイベントの一環であるシンポジウムにてパネリストとして登壇
 
 
2016年6月 - 2016年6月
解説記事「ニュースが知りたい なぜ保育所が足りないの?」朝日新聞社発行『ジュニアエラ』
 
 
 
2010年6月 - 2010年6月
新聞記事「広がるか『保育ママ』」(共著)朝日新聞生活面