言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 谷口 広明
 

谷口 広明

 
アバター
研究者氏名谷口 広明
 
タニグチ ヒロアキ
所属上智大学
部署文学部保健体育研究室
職名講師
学位Erasmus Mundus Master in Adapted Physical Activity(Katholieke Universiteit Leuven Norwegian School of Sport Sciences), 修士(Erasmus Mundus Master in Adapted Physical Activity)(ルーヴェン・カトリック大学・ノルウェー体育スポーツ大学)
科研費研究者番号30823801
J-Global ID201801021379600838

プロフィール

(研究テーマ)
スポーツ組織の統合と障害者のスポーツ環境の変容

研究キーワード

 
パラスポーツ、アダプテッドスポーツ、パラリンピック、スポーツ組織、共生社会

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
金沢星稜大学  共同研究員 
 
2019年1月
 - 
2019年2月
特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟  強化スタッフ(コーチ) 
 
2018年8月
 - 
2018年9月
特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟  第1回海外強化遠征事業 
 
2017年1月
 - 
2018年3月
特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟  事務局長 
 
2016年8月
 - 
2018年3月
文教大学  非常勤講師 
 

受賞

 
2009年7月
スノースポーツニュージーランド(ニュージーランド雪上スポーツ連盟), Snow Sports New Zealand 年間最優秀コーチ賞,受賞
 

論文

 
 
谷口広明   
上智大学体育   (52) 25-36   2019年2月   
 
谷口広明   古谷駿   斎藤利之   宮崎伸一   
中央大学保健体育研究所紀要   (35) 137-145   2017年6月   [査読有り]
 
斎藤利之   宮崎伸一   谷口広明   古谷駿   
中央大学保健体育研究所紀要   (35) 147-157   2017年6月   [査読有り]
 
井上明浩   谷口広明   
日本体育学会 アダプテッド・スポーツ科学専門領域オンラインジャーナル   2(1) 6-9   2017年3月   [査読有り]
 
井上明浩   谷口広明   
金沢星稜大学総合研究所年報   (36) 11-15   2016年5月   [査読有り]

所属学協会

 
 
   
 
多文化間精神医学会
 
   
 
国際アダプテッドフィジカルアクティビティー学会
 
   
 
日本アダプテッド体育・スポーツ学会
 
   
 
日本体育学会・アダプテッドスポーツ科学専門領域
 
   
 
日本障がい者スポーツ学会

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。