言語の選択:

理工学部 情報理工学科

研究者リスト >> 高岡 詠子
 

高岡 詠子

 
アバター
研究者氏名高岡 詠子
 
タカオカ エイコ
所属上智大学
部署理工学部情報理工学科
職名教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号30305958
J-Global ID200901066402970536

プロフィール

(研究テーマ)
医療・看護・福祉・介護分野における多言語対応情報提供システム構築
在宅医療・介護を支えるアプリケーションの開発
地域医療連携等による医療ビッグデータ解析からの疾患理解と、今後の医療への応用
高等学校における実用的プログラミングの教育実践
情報教育,プログラミング教育のための教育パッケージ構築
タイピング学習手法の提案と検証
コンピュータを使わない情報教育
タッチタイピング学習システムの開発とタイピング学習の分析
デジタル百葉箱を用いた微気象可視化アプリケーションの開発と応用
地域密着型ボランティア活動支援システムの運用
e-Learning型講義における学習データの解析
気象情報ビッグデータ管理インターフェースの構築

研究キーワード

 
ウェブ情報学 ,インクルーシブなコミュニケーション ,ダイバーシティチャンネル ,アジャイル開発 ,論文検索 ,Medical Inclusion ,医療ビッグデータ ,コンピュータサイエンスアンプラグド ,Java Programming ,e-learning ,気象情報の可視化 ,タイピング学習手法 ,情報教育 ,デジタル百葉箱 ,プログラミング教育 ,スマフォ/タブレットアプリ ,多言語情報システム

研究分野

 
  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学 / 
  • 情報通信 / 計算科学 / 
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 
  • 情報通信 / データベース / 
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 

学歴

 
1992年4月
 - 
1996年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 計算機科学専攻
 
1990年4月
 - 
1992年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 計算機科専攻
 
1986年4月
 - 
1990年3月
慶應義塾大学 理工学部 数理科学科
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
一般社団法人 情報処理学会  初等中等教育委員会 幹事
 
2019年4月
 - 
現在
独立行政法人 情報処理推進機構  社会実装推進委員会委員
 
2015年9月
 - 
現在
一般社団法人 情報処理学会情報処理に関する法的問題研究グループ  主査
 
2015年6月
 - 
現在
一般社団法人 情報処理学会  情報処理教育委員会委員
 
2013年4月
 - 
現在
私立大学情報教育協会  情報教育研究委員会 情報リテラシー・情報倫理分科会委員
 

受賞

 
2021年5月
International Society of Travel Medicine, A registration bursary for CISTM17 award,Hospital Location Information System (HLIS) for Foreigners in Japan where They Can Find Medical Practitioners who Speak Multiple Languages, Including their Own
Olinga Toh Raoul Joseph Eiko Takaoka 
 
2019年7月
日本渡航医学会, 第8回マルコ・ポーロ医学賞,多言語対応院内誘導アプリケーションの開発
松本 兼一 
 
2014年6月
情報処理学会, 2013年度情報処理学会 学会活動貢献賞
高岡詠子 
 
2010年8月
情報処理学会コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム2010優秀論文賞
 
2009年8月
情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報処理シンポジウムSSS2009にて奨励賞受賞:大澤佑至、高岡詠子、吉田淳一:e-Learning型講義における学習データの解析およびドロップアウト早期発見チェックシートの提案(2009)
 

論文

 
 
 
唐自鵬   高岡詠子   
日本渡航医学会学会誌   15(2) 63-68   2021年11月   [査読有り][招待有り]
 
Raoul Joseph Olinga Toh   Eiko Takaoka   
The 17th Conference of the International Society of Travel Medicine      2021年5月   [査読有り]
 
松本 兼一   高岡 詠子   二見 茜   
日本渡航医学会学会誌   14(1) 12-17   2020年11月   [査読有り][招待有り]
 
高岡詠子   春木宏介   
Proceedings of the Transcultural Nursing Society Conference in Japan 2020   55   2020年7月   [査読有り]

MISC

 
 
高岡詠子   
私情協教育イノベーション大会資料   122-123   2021年9月   [招待有り]
 
高岡詠子   
情報処理   61(8) 852-857   2020年7月   [査読有り][招待有り]
 
秦泉寺久美   高岡詠子   平岡 敦   藤瀬哲朗   山下博之   
デジタルプラクティス   11(2) 322-333   2020年4月   [査読有り][招待有り]
 
高岡詠子   
情報処理   61(1) 80-84   2019年12月   [査読有り][招待有り]
 

書籍等出版物

 
 
辰己丈夫、高岡 詠子(担当:その他)
(財)放送大学教育振興会   2019年3月20日      
 
高岡 詠子(担当:共著, 範囲:p.19~21)
近代科学社   2017年9月30日      
 
 
高岡 詠子(担当:単著)
講談社   2014年2月20日   (ISBN:9784062578516)   
 

講演・口頭発表等

 
 
渡邉洋章   家研也   本橋伊織   廣瀬雅宣   土田知也   奥瀬千晃   大平善之   高岡詠子   
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会   2022年6月11日   
 
高岡詠子   田渕宏明   
第63回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会   2022年3月18日   
 
唐自鵬   鈴木大悟   二見茜   上里彰仁   高岡詠子   
第128回 人文科学とコンピュータ研究会発表会   2022年2月19日   
 
高岡詠子   
第5回日本国際小児保健学会学術大会2021   2021年10月2日   [招待有り]
 
第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)   2021年8月26日   [招待有り]

所属学協会

 
2018年
 - 
現在
日本渡航医学会
2016年11月
 - 
現在
日本医療情報学会
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
日本ソフトウェア科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年11月 - 2017年9月
 
在宅医療・介護を支えるアプリケーションの開発
株式会社 久保田情報技研: 
高岡詠子 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
 

産業財産権

 
 
 
加藤 洌   高岡 詠子   石井 宏治   豊田 和司   古川 孝信   
 
加藤 洌   高岡 詠子   石井 宏治   豊田 和司   古川 孝信   
 
加藤 洌   高岡 詠子   石井 宏治   豊田 和司   古川 孝信   
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2019年2月 - 現在
 
【その他】
 2009年3月 - 現在
 
【その他】
 2006年5月 - 現在
 
【その他】
 2019年4月1日 - 2022年3月31日
 
【その他】
 運営委員(B地区委員) 2015年1月 - 2017年1月

メディア報道

 
 
教育公論社   週刊 教育資料   潮流   2021年12月   [新聞・雑誌]
 
株式会社四谷大塚   ドリームナビ   2021年11月号 p.72   2021年9月   [新聞・雑誌]
 
カトリック中央協議会   カトリック新聞   2021年2月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
コンピュータを使わない情報教育の実践授業の実施\nコンピュータの構成・処理装置に関する授業を\n12クラス実施
 
 
千葉県立柏の葉高等学校のサイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)に参加
 
 
2011年7月 - 2011年7月
第48回カトリック社会問題研究所の夏季セミナー大震災で揺さぶられるデジタル社会−わたしたちを結んだネットワークの強みと脆弱−「世代からの提言」
福音と社会257号,pp.48-50, カトリック社会問題研究所
 
 
2011年7月 - 2011年7月
 
 
e-learningによる従来の学習観や教員の役割の変化,e-learning教材の作成・公開・共有,各国でのe-learningの普及と特色などを解説し,それらを踏まえた上でe-learningが教育とどうかかわってきており,今後どうかかわっていくのかについて述べる.自身のe- learningを用いた授業経験を交えながら,国内大学におけるe-learningを利用した授業実践例を挙げ,その効果についても述べる