言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 松田 修
 

松田 修

 
アバター
研究者氏名松田 修
 
マツダ オサム
所属上智大学
部署総合人間科学部心理学科
職名教授
学位博士(保健学)(東京大学)
科研費研究者番号60282787
J-Global ID200901035471893753

研究キーワード

 
老年臨床心理学 ,認知機能検査 ,知能検査 ,アルツハイマー病 ,高齢者 ,判断能力 ,神経心理学的検査 ,認知機能評価 ,認知リハビリテーション ,意思能力 ,認知症

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 
  • 人文・社会 / 認知科学 / 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

論文

 
 
松田 修   
老年精神医学雑誌   31(11) 1161-1169   2020年11月   [招待有り]
 
松田 修   
日本版 WAIS-IVテクニカルレポート   2 1-6   2020年10月   
 
松田 修   
老年精神医学雑誌   31(6) 570-588   2020年6月   
 
松田 修   
老年看護学   24(2) 30-34   2020年1月   [招待有り]
 
松田 修   
小児内科   50(9) 1377-1380   2018年9月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
 
ニュートンエクスプレス   2021年5月10日   
 
北大路書房   2021年4月20日   
 
松田 修(担当:共編者(共編著 者), 範囲:p2-5, p20-23, p86-89,)
ミネルヴァ書房   2019年11月10日      
 
松田 修(範囲:高齢者の心理的特性 117-122.)
医歯薬出版株式会社   2019年4月25日      

講演・口頭発表等

 
 
「老年精神医療における多職種連携のあり方」老年精神医療における多職種連携のあり方:心理の立場から
第33回日本老年精神医学会   2018年6月30日   日本老年精神医学会   
 
「BPSDのメカニズムと治療・予防」BPSDに対する非薬物的アプローチ:効果と課題
第36回日本認知症学会学術集会   2017年11月26日   日本認知症学会   
 
発達障害児のアセスメント結果におけるプロフィール解釈〜WISC-IV, LCSA, ASISTによる実践事例による検討
日本LD学会第25回大会   2016年11月20日   日本LD学会   
 
治療的アプローチと代替的アプローチの対立
日本LD学会第25回大会   2016年11月19日   日本LD学会   
 
認知症と向き合う心理職のためにー本人と家族への具体的支援を通じてー
日本心理臨床学会第35回大会秋季大会   2016年9月5日   日本心理臨床学会   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 認知症ケアの専門職向けに人師匠の心理に関する研修を行った。 2018年6月15日 - 2018年6月15日
 
【その他】
 臨床心理学の立場から、BPSDのメカニズムや、心理社会的介入を中心とした非薬物療法による治療・予防について講演した。 2018年4月7日 - 2018年4月7日
 
【その他】
 「老年心理学から見た 認知症の人の生きる世界」というタイトルで研修会の講師を務めた 2018年3月7日 - 2018年3月7日