言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 永井 敦子
 

永井 敦子

 
アバター
研究者氏名永井 敦子
 
ナガイ アツコ
所属上智大学
部署文学部フランス文学科
職名教授
学位Docteur es Lettres(Universite d' Angers), 文学博士(アンジェ大学)
科研費研究者番号50217949
J-Global ID200901039101143505

プロフィール

1995年、アンジェ大学(フランス)にて、Julien Gracq et la guerreという題で博士論文を提出、受理された。
2007年3月3日より17日まで、アンジェ大学に客員教授として滞在し、研究活動および2回の講演を行った。現在の研究分野は、20世紀フランス文学、特にシュルレアリスム、サルトル、マルローなど。 フランス文学科において一年生のための文法クラス、フランス文学史及び三・四年生のための文献演習、文学研究を担当。全学共通科目としてフランス文学入門を担当している。大学院フランス文学専攻ではシュルレアリスム研究を開講。
 研究分野はジュリアン・グラックほか現代フランス文学。特に一九三十年代から四十年代のフランス文学の状況をシュルレアリスムの作品、及びサルトル、マルローの著作を中心に検討している。(研究テーマ)
ジュリアン・グラックの作品研究
シュルレアリスム研究(共同・受託研究希望テーマ)
モダニズム
シュルレアリスム

研究キーワード

 
シュルレアリスム ,ジュリアン・グラック

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文学一般 / 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / 
  • 人文・社会 / 美学、芸術論 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京大学文学部  非常勤講師 
 
2013年4月
 - 
2015年3月
明治学院大学  非常勤講師 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
明治学院大学  非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
明治学院大学  講師 
 
2009年9月
 - 
2010年3月
明治学院大学  講師 
 

学歴

 
1990年10月
 - 
1995年12月
アンジェ大学 人文学研究科 
 

論文

 
 
Atsuko Nagaï   
Julien Gracq (9. Julien Gracq et la guerre)   (9) 175-186   2021年7月   [招待有り]
 
永井敦子   
Les lettres françaises (上智大学フランス語フランス文学会)   (41) 95-105   2021年7月   [査読有り]
 
永井敦子   
上智大学仏語・仏文学論集   (53) 79-89   2019年3月   
異文化圏の民話の受容現象を、美学者イーザーが読書行為論で用いた「期待の地平」の理論を元に分析。それを日本の民話に親しんだ読者のサハラ以南アフリカの民話を読むケースに適用する。
 
NAGAI Atsuko   
Julien Gracq et le sacré   203-220   2018年2月   [招待有り]
フランスのアンジェ大学図書館が所蔵するジュール・モヌロ(1908-1995)がジュリアン・グラック(1910-2007)に宛てた15通の書簡の分析を通して、このふたりの生活や思想と、相互の知的交換の軌跡を辿り、それを当時のフランスの知識人社会の思想や人間関係のなかに位置づける
 
永井敦子   
ユリイカ総特集ダダ・シュルレアリスムの21世紀   48-10(臨時増刊号(684)) 142-153   2016年7月   [招待有り]
ジュリアン・グラックとシュルレアリスム運動の関係を時系列にたどり、1950年代初頭におきた変化の内容とその意味を分析する。

MISC

 
 
永井敦子   
改革者   (732) 47-47   2021年7月   
 
永井敦子   
橄欖(瀧口修造研究会会報)   (5) 53-61   2021年7月   [招待有り]
 
永井敦子   
改革者   2020年(通61)(1) 50-50   2020年1月   [招待有り]
セーヌ川で平底船が担ってきた輸送手段や住居としての役割の紹介と、現在実際にそこで平底船に住んでいるある画家の暮らしぶりの紹介
 
永井敦子   
改革者   60(2) 16-16   2019年2月   [招待有り]
フランスの移動骨董市について
 
永井敦子   
第90回大会Proceedings   113-114   2018年9月   [招待有り]
フランスにおけるシュルレアリスム運動が各時期の政治状況とどのような関係を持ち、それが文学にどのように反映しているかを、特に1920年代後半と1940年代前半の変革期を中心に述べた。

書籍等出版物

 
 
永井敦子, 畑 亜弥子, 吉澤英樹, 吉村和明(担当:共編者(共編著 者), 範囲:共編および「アンドレ・マルローと小松清–––行動主義をめぐって」(pp.287-309)執筆)
上智大学出版   2021年8月   
 
永井, 敦子, 畠山, 達, 黒岩, 卓(範囲:共編及び「モーリス・ルブラン『奇岩城』」(pp.84-85)執筆)
ミネルヴァ書房   2021年4月   (ISBN:9784623090761)
 
Atsuko Nagaï, Martine Monteau(担当:共編者(共編著 者), 範囲:共編pp.5-101およびフランス語訳pp.22-53.)
Marsa   2020年10月   
 
永井 敦子(担当:単著, 範囲:p.104, p.193。)
ミネルヴァ書房   2020年7月20日   
ロートレアモンとブルトンの人物・著作の紹介と文学・哲学史的位置の解説
 
永井 敦子(担当:単著)
水声社   2019年12月20日   
社会学者・思想家・文学研究者ジュール・モヌロ(1908-1995)の生涯と著作、社会活動の紹介と分析

所属学協会

 
 
   
 
上智大学フランス語フランス文学会
 
   
 
日本フランス語フランス文学会
 
   
 
日本フランス語フランス文学会
 
   
 
日本フランス語フランス文学会関東支部
 
   
 
Société mycologique de France

その他

 
 
卒業論文を指導する学生全員を対象に、中間報告会を2回実施し、各学生の報告、質疑応答、コメントや執筆に関するガイダンスを行っている。
 
 
初級語学の授業では、定期的にテストを行い、学生が基礎的事項を習得するよう促している。
 
 
文学の授業では、課題レポートの提出を求め、それを添削して返却することにより、教育に活用している。
 
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。