言語の選択:

総合グローバル学部 総合グローバル学科

研究者リスト >> 久志本 裕子
 

久志本 裕子

 
アバター
研究者氏名久志本 裕子
 
クシモト ヒロコ
所属上智大学
部署総合グローバル学部総合グローバル学科
職名准教授
学位学士(総合政策学)(中央大学), 修士(教育学)(東京学芸大学), 博士(学術)(東京外国語大学)
その他の所属,
J-Global ID201801019560297832

プロフィール

東京外国語大学博士課程修了、博士(学術)
東南アジアのイスラームと知識伝達について研究をしています。
分野としては、東南アジア研究、イスラーム地域研究、文化人類学、比較教育学。
2014年から2019年3月までマレーシア国際イスラーム大学に勤務し、
2019年4月から上智大学総合グローバル学部に勤務しています。

研究キーワード

 
イスラーム知識伝達 ,ムスリム社会 ,東南アジア ,マレー世界

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育社会学 / 比較教育学
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 
  • 人文・社会 / 地域研究 / 

受賞

 
2015年6月
日本比較教育学会, 第25回平塚賞,「変容するイスラームの学びの文化-マレーシア・ムスリム社会と近代学校教育-」
久志本裕子 
 
2014年2月
国際宗教研究所, 国際宗教研究所賞(第九回),『変容するイスラームの学びの文化――マレーシア・ムスリム社会に関する文化人類学的考察』(東京外国語大学提出博士論文、2012年7月)
久志本裕子 
 

論文

 
 
久志本裕子   柴田祥彦   
『地理の広場』143号、2020年12月、pp.52-64.   (143) 52-64   2020年12月   [招待有り]
 
久志本裕子   
European Proceedings of Social and Behavioral Sciences.   XL 780-792   2018年3月   [査読有り]
 
久志本裕子   
Proceedings of the 3rd KU-COIL Workshops and Symposium 2017 Contemporal Pedagogy and Assessment Methods in International Education   83-94   2017年12月   [招待有り]
 
久志本裕子   
Jurnal Qalbu   4(4) 80-104   2017年12月   [査読有り][招待有り]
 
Kushimoto Hiroko   
ADVANCED SCIENCE LETTERS   23(7) 6247-6251   2017年7月   [査読有り]

MISC

 
 
久志本裕子   
『NNA ASIAアジア経済ニュース』      2020年4月   [招待有り]
 
久志本裕子   
信田敏宏他編『東南アジア文化事典』丸善出版      2018年9月

書籍等出版物

 
 
赤堀雅幸(担当:共著, 範囲:「東南アジアにルーツを持つ在日/日本人ムスリムにとっての信仰、実践と日本社会」)
上智大学イスラーム研究センター   2021年3月   
 
Sugahara, Yumi(担当:共著, 範囲:Description of paradise and hell in Kashf al-Ghaibiyah: Use of hadith in the late 19th-century Patani text on eschatology)
Center for Islamic Studies, Sophia University   2021年3月   
 
内山智絵, 久志本裕子(担当:共著, 範囲:はじめに、解題)
上智大学イスラーム研究センター   2021年3月   
 
服部, 美奈, 小林, 寧子, 長沢, 栄治(範囲:第4章 マレー・ムスリムの女子教育はなぜ必要とされたのか―20世紀初頭から1960年代までのマラヤにおける女子教育観の錯綜)
明石書店   2020年12月   (ISBN:9784750351391)
 
久志本 裕子
東信堂   2018年6月28日   (ISBN:4798915068)   

講演・口頭発表等

 
 
 
久志本裕子   
AA研共同利用・共同研究課題「ジャワ語及び東南アジア諸語テキストにみる宗教変容―イスラーム化過程における国家の戦略と役割」2020年度第三回研究会、2021年3月17日(オンライン)   2021年3月17日   
 
Hiroko Kushimoto   
HIKMAH Forum 2020, Center for Advanced Studies of Islam, Science and Civilization (CASIS), University Teknologi Malaysia. 26 December 2020 (Online).   2020年12月26日   
 
上智大学オープンリサーチウィーク4研究所共催シンポジウム「コロナ危機下で考えるマイノリティ、移民難民への差別と不正義:アメリカ合衆国、コロンビア、マレーシアの現実から」2020年11月19日 上智大学   2020年11月19日   
 
上智大学プロフェッショナルスタディーズ、2020年10月17日(於:上智大学)   2020年10月17日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
イスラーム教育によって創出されたムスリムネスの地域性と共鳴性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
日下部 達哉 河野 明日香 清水 貴夫 服部 美奈 中島 悠介 見原 礼子 塩崎 裕子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
東南アジアのイスラーム化前期に関する研究―宗教・王権・宇宙観
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
菅原 由美 黒田 景子 宮崎 恒二 二宮 文子 吉本 康子 東長 靖 塩崎 裕子 山根 聡 青山 亨 近藤 信彰 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
多言語イスラーム書からみる南部フィリピン・ムスリム知識人の知的営為とネットワーク
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
川島 緑 菅原 由美 塩崎 裕子 
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
 
東南アジアムスリム社会におけるソーシャルメディアと排他主義的言説の生成・共有
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
塩崎 裕子 
研究期間: 2019年8月 - 2021年3月
 
ASEANにおける域内イスラーム留学ネットワーク形成に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
S Kampeeraparb 鈴木 康郎 塩崎 裕子 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月