言語の選択:

外国語学部 ドイツ語学科

研究者リスト >> 木村 護郎クリストフ
 

木村 護郎クリストフ

 
アバター
研究者氏名木村 護郎クリストフ
 
キムラ ゴロウクリストフ
所属上智大学
部署外国語学部ドイツ語学科
職名教授
学位学士(言語・地域文化)(東京外国語大学), 修士(学術)(一橋大学), 博士(学術)(一橋大学)
科研費研究者番号90348839
J-Global ID200901052615407524

プロフィール

・ソルブ語の言語使用および言語イデオロギーの動向
・ケルノウ(コーンウォール)語の言語使用および言語イデオロギーの動向
・言語権概念の発展と実効性
・異言語学習における自己管理、言語意識の発達
・媒介言語の類型と特徴
・ドイツ・ポーランド間における民際交流と言語
・ドイツのエネルギー転換の思想と実践社会を形成・運営する基盤としての言語とエネルギーについて研究・教育を行っています。
いずれも、理論的・一般的検討と、しばしば新しい言語観やエネルギー利用法の震源地・実験場となってきたドイツ(をはじめとするヨーロッパ)の現地調査の往還をとおして、考察を深めていくことをめざしています。
研究:ソルブ語、ケルノウ(コーンウォール)語をはじめとするヨーロッパの少数言語
の動向および言語権など、少数言語の維持・復興に関する研究からはじまり、
言語教育および媒介言語論、すなわち異なる言語を話す人や集団の関係
に関する研究にもとりくんでいます。とりわけ、ドイツ・ポーランドをはじめとする中欧を調査地域としてきました。
地域レベル、国家レベル、国際レベルで
多言語状況とどのように向き合っていけばよいのかを考えています。
以上のような言語社会研究の他、ドイツの「エネルギー転換」の背景にある思想とその実践面との関連についても研究しています。
教育:ドイツ語、ドイツ語圏社会研究(ドイツ・中東欧を中心とするヨーロッパの多文化・多言語状況、環境問題・環境政策)、社会言語学/言語社会学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 
  • 人文・社会 / 地域研究 / 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

論文

 
 
高橋絹子   木村護郎クリストフ   
関西大学外国語学部紀要   (25) 35-50   2021年10月   
 
Kimura, Goro Christoph   
境界研究   (11) 1-18   2021年3月   [査読有り]
 
(22) 65-87   2020年12月   
カシュブ人とソルブ人における言語領域としての宗教
 
木村護郎クリストフ   リサ・フェアブラザー   シモン・テュシェ   市之瀬敦   武田加奈子   
Sophia Linguistica   (69) 55-72   2020年12月   
 
木村護郎クリストフ   
社会言語学   (20) 1-20   2020年11月   [査読有り]

MISC

 
 
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2020年度   31-33   2021年7月   
 
 
木村護郎クリストフ   
複言語・多言語教育研究   (8) 129-139   2020年12月   [査読有り]
 
 
ことばと社会   (22) 241-242   2020年11月   

書籍等出版物

 
 
 
ヒッツェル・エックハルト(Eckhard Hitzer, 木村護郎クリストフ(Goro Christoph Kimura, 宿谷昌則, Masanori Shukuya, 竹内彩乃, Ayano Takeuchi, 編(担当:共編者(共編著 者))
Bookmundo, Amazon KDP   2021年8月   
 
渡部良典, 秋山真一, 市之瀬敦, 木村護郎クリストフ, 西村君代, 原田早苗(担当:共著)
2021年6月      
 
 
木村護郎クリストフ(担当:分担執筆)
丸善   2020年10月      

講演・口頭発表等

 
 
internationale Rinfvorlesung, Hochschule Ludwigshafen   2021年10月7日   [招待有り]
第二次世界大戦後のアジアとヨーロッパにおける避難と追放
 
 
Language Management Course, Faculty of Arts, Charles University in Prague   2021年4月30日   [招待有り]
 
第22回「中央ユーラシアと日本の未来」公開講演会(主 催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA))   2021年3月21日   
 

所属学協会

 
 
   
 
地球システム・倫理学会
 
   
 
日本スラヴ学研究会
 
   
 
Macica Serbska
 
   
 
Gesellschaft fuer Interlinguistik
 
   
 
日本言語政策学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
やさしい日本語を鍵概念とする言語教育、言語研究、言語政策に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
庵 功雄 イ ヨンスク 松下 達彦 太田 陽子 打浪 文子 豊田 哲也 志賀 玲子 高嶋 由布子 西川 朋美 杉本 篤史 南浦 涼介 柳田 直美 宮部 真由美 ビアルケ 千咲 岩田 一成 奥野 由紀子 早川 杏子 田中 牧郎 木村 護郎クリストフ 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
 
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 

その他

 
 
2019年11月 - 2019年11月
【編訳】ギラード・ツッカーマン「言語復興学への誘い―オーストラリアの経験から」『社会言語学』第19号、73-83ページ
 
 
2017年11月 - 2017年11月
【翻訳】イジー・ネクヴァピル「チェコの多国籍企業の言語使用と言語管理―言語の機能の観点から―」『多言語主義社会に向けて』(平高史也と共編)くろしお出版、207-219ページ