言語の選択:

法学部 国際関係法学科

研究者リスト >> 加藤 浩三
 

加藤 浩三

 
アバター
研究者氏名加藤 浩三
 
カトウ コウゾウ
学位Ph.D.(Cornell University), 博士(政治経済学)(コーネル大学)
科研費研究者番号40292495
J-Global ID200901080608392558

プロフィール

1996-2001年 地域主義と開発協力について
2002年-現在 アジア地域主義とグローバル化
2005年-現在 言語政策(日本を中心として)
2009年-現在 経済ナショナリズムと日本のアイデンティティー国内政治と国際政治、比較政治と国際関係学との融合を目指した、教育・研究活動を目指しています。分野は、日本を中心とした先進工業国の対外経済政策、たとえば援助政策、通貨政策、地域統合政策などを分析して来ました。近年は、政治分析に社会学的視点を取り込む重要性を認識し、言語政策なども研究対象としています。(研究テーマ)
アジア地域主義とグローバル化
言語政策(日本の英語を中心として)
経済ナショナリズムと日本のアイデンティティー

研究キーワード

 
日本外交史 ,アイデンティティー ,経済ナショナリズム ,英語 ,地域主義 ,グローバル化 ,言語政策 ,アジア

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 
  • 人文・社会 / 政治学 / 

経歴

 
2002年4月
 - 
2003年3月
東京大学社会科学研究所  非常勤講師 
 
1999年10月
 - 
2000年3月
一橋大学  非常勤講師 
 
1998年11月
 - 
1999年3月
筑波大学  助教授 
 
1997年4月
 - 
1998年10月
筑波大学  講師 
 
1996年7月
 - 
1997年3月
富士通総研経済研究所  主任研究員 
 

学歴

 
1992年1月
 - 
1996年8月
コーネル大学 政治学研究科 
 

論文

 
 
加藤浩三   
上智法学論集 上智大學法學會   56(4) 293-320   2013年3月   
 
加藤浩三   
上智法学論集   52(3) 137-170   2009年2月   
 
KOZO KATO   
Government and politics   1 228-238   2009年   
 
 
加藤 浩三   
上智大学在外研究報告書      2006年10月   

書籍等出版物

 
 
2008年4月   
担当講義『政治学』(法学部専門科目)の講義レジュメ及び授業資料をmoodleにアップロード。毎回、レジュメ、資料それぞれ2-3頁の分量。(毎年度更新)アメリカ政治学の影響が多大である今日の学界動向を考慮し、レジュメの表記言語は英語を使用している。
 
2007年10月   
担当講義『政治学』(全学共通科目)の講義レジュメ及び授業資料をmoodleにアップロード。毎回、レジュメ、資料それぞれ2-3頁の分量。(毎年度更新)
 
2007年4月   
講義の理論的理解を深め現実的諸問題に対する応用力を会得するために、講義項目(セクション)毎に課題文献をmoodleにアップロードし、受講生の予習、復習を支援している。1回の授業のために割り振られる読書量は、多少のばらつきはあるがおよそ50ページで、教科書的な理論文献と話題提供の雑誌文献を組み合わせている。講義の中で毎回課題文献を要約することなどはしないが、学期中に数回「リーディング解説」の講義を開設し、論点のつかみ方などを説明している。
 
加藤 浩三(担当:単著)
Lexington Books   2002年   (ISBN:0739103113)   
 
加藤 浩三(担当:共著, 範囲:35-87)
East Asia Program, Cornell University   2000年   (ISBN:1885445075)   

講演・口頭発表等

 
 
 
KATO KOZO   
Political Economy Colloquium, Department of Government,Cornell University   1996年3月   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ政治学会
 
   
 
日本政治学会