言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

澤田 稔

 
アバター
研究者氏名澤田 稔
 
サワダ ミノル
所属上智大学
部署総合人間科学部
職名教授
学位教育学士(名古屋大学), 修士(国際開発)(名古屋大学)
科研費研究者番号00367690
J-Global ID200901038081014669

プロフィール

(研究テーマ)
福祉的再編を基軸とした次世代型公教育システムの開発
公立デモクラティック・スクールのカリキュラム・教育方法論に関する日米比較研究
話し合い活動を重視した道徳授業の根本原理となる批判的討議倫理学の理論的基礎研究
日本における多文化教育の構築に関する研究-外国人児童生徒と共に学ぶ学校教育の創造
現代アメリカ合衆国における批判的ペダゴジーの最前線:ポストNCLBの理論と実践へ
現代アメリカにおける道徳教育のポリティクス:批判的教育研究から見た人格教育の諸相

研究キーワード

 
道徳教育 ,比較教育学 ,教育の福祉的再編 ,社会的に公正な教育(社会正義のための教育) ,批判的教育学 ,教育方法 ,カリキュラム

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育社会学 / 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本学術振興会  科学研究費助成事業(奨励研究)審査委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会  科研費 第1段審査(書面審査)委員
 

論文

 
 
 
澤田稔   
社会と調査   (21) 45-52   2018年9月   [招待有り]
 
澤田稔   
教育社会学研究   98 29-50   2016年5月   [招待有り]
グローバル化に伴う知識・能力(観)の再編が各国で加速する現状にあって,この動向がマイノリティ集団にとってどのような意味を持つのかという問いに対する一定の答えを,アメリカ合衆国で批判的教育学と呼ばれる分 野の研究成果を踏まえるとともに,初等中等教育のカリキュラム・教育方法に関 する実践事例を参照することによって明らかにした。
 
上地 完治   藤井   佳世   小林   大祐   澤田 稔   
琉球大学教育学部紀要   84 151-164   2014年2月   
 
澤田稔   
個性化教育研究   (5) 2-14   2013年10月   [査読有り]
各教科に関する個別的・自立的な方法論の一つである単元内自由進度学習に関して、この学習の目的・目標、および内容面=カリキュラムづくりの側面と、方法面=実践上の留意点という側面、さらに、この学習の研究授業と事後検討会がどのように行われているのかを明らかにした上で、こうした授業実践の歴史的背景及び意義を整理した。

MISC

 
 
 
 
澤田稔   
教育方法学研究   45 115-116   2020年4月   [招待有り]
 
澤田稔   
ねざす   (62) 20-24   2018年11月   [招待有り]
 
澤田稔   
教育   (858) 44-51   2017年7月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
Christian Echle, Megha Sarmah, Chua Wei Quan(e(担当:分担執筆, 範囲:Toward Socially Just Education: The Semantic of “Looseness” in Education)
Konrad-Adenauer-Stiftung Ltd   2022年2月   (ISBN:9789811834653)
 
日本教職員組合(担当:共著, 範囲:シンポジウム 新型コロナウイルス感染症拡大状況と子ども・学校・社会)
アドバンテージサーバー   2021年9月24日   (ISBN:4864460779)
 
中田, 正敏, 菊地, 栄治, 澤田, 稔, 田中, 真秀, 末冨, 芳, 教育文化総合研究所〔コロナ危機と学校教育構想プロジェクトチーム〕(担当:共著, 範囲:第4章 子ども・若者のwell-beingに向けた「社会的に公正な教育(Socially Just Education)」の構想へ —コンピテンシー・インクルージョン・デモクラシーを鍵概念として—)
アドバンテージサーバー   2021年5月   (ISBN:9784864460743)
 
日本教職員組合(担当:分担執筆, 範囲:第21分科会 カリキュラムと評価)
アドバンテージサーバー   2020年7月1日   (ISBN:4864460698)
 
日本教職員組合(担当:分担執筆, 範囲:第21分科会 カリキュラムと評価)
アドバンテージサーバー   2019年5月1日   (ISBN:4864460612)

講演・口頭発表等

 
 
澤田稔   
セッション2 “公正な社会”を目指す教育の模索〜市民と地域の実践から〜   2021年10月30日   [招待有り]
 
澤田稔   
オンラインシンポジウム「教育格差の広がりとポストコロナの教育-誰ひとり取り残さないためのつながりを考える-」   2021年10月30日   [招待有り]
 
澤田稔   
日本カリキュラム学会 第32回琉球大学web大会 課題研究III 教育内容論としてのカリキュラム研究再考 ―資質・能力論的/方法論的転回後の新章へ―   2021年6月27日   [招待有り]
 
澤田稔   
日本比較教育学会第57回大会 シンポジウム 新時代の子どもの学びの在り方を国際的に考える ―求められる資質能力と学習のアプローチをめぐって―   2021年6月26日   [招待有り]
 
澤田稔   
上智大学グローバル・コンサーン研究所オンライン公開シンポジウム   2021年1月10日   

所属学協会

 
2019年8月
 - 
2021年8月
日本教育学会監事
 
   
 
日本カリキュラム学会
 
   
 
日本教育学会
 
   
 
日本教育方法学会
 
   
 
日本アメリカ教育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
準市場を介した社会的に公正な学校教育の可能性と課題に関する理論的・実践的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
澤田 稔 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2018年6月 - 2021年3月
 
21世紀型コンピテンシーと民主的シチズンシップの育成に関する比較教育学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
澤田 稔 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
 
公立デモクラティック・スクールのカリキュラム・教育方法論に関する日米比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
澤田 稔 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【パネリスト,コメンテーター】
日本教職員組合 第40回高校教育シンポジウム「新たな学びの構築へ」及び第1分科会「カリキュラム編成、進路保障」 2021年11月6日 - 2021年11月6日
 
【コメンテーター,司会】
日本教職員組合 第70次教育研究全国集会(Web開催) 2021年1月23日
 
【講師,助言・指導】
中央市立田富小学校 令和2年度 中巨摩学校食育推進研究 公開研究会 2020年11月19日
 
【その他】
 2020年9月28日 - 2020年9月29日
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。