言語の選択:

理工学部

研究者リスト >> 陸川 政弘
 

陸川 政弘

 
アバター
研究者氏名陸川 政弘
 
リクカワ マサヒロ
URL
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名教授
学位工学士(上智大学), 工学修士(上智大学), 博士(工学)(上智大学)
科研費研究者番号10245798
J-Global ID200901007918312440

プロフィール

1982-1985 イオン伝導性高分子の研究
1985-1988 電磁波シールド材料の研究
1988-1989 光ディスクの研究
1989-1992 高分子超薄膜の研究
1992-2008 機能性高分子と電気光物性(教育)
基礎有機化学Ⅲ、高分子化学ⅢC、および大学院講義課目を主に開講している。
(研究)
高分子電解質材料をもとにした高分子電解質形燃料電池、生分解性高分子材料を用いた人工骨材料の研究、さらに導電性高分子材料を用いた超階層構造の構築とその応用研究を行っている。(研究テーマ)
高分子電解質形燃料電池の研究
導電性高分子に関する研究
高分子超薄膜に関する研究
高分子電解質に関する研究
フタロシアニン化合物の合成と電気特性(共同・受託研究希望テーマ)
燃料電池用高分子電解質膜の開発
人工骨材料の研究
立体規則性を有する導電性高分子の合成

研究キーワード

 
高分子 ,光合成 ,高分子電解質 ,超格子 ,太陽電池 ,導電性高分子 ,錯体 ,水素 ,燃料電池 ,導電性 ,EL ,燃料電池 ,フタロシアニン ,LB膜 ,水素

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / エネルギー化学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 
  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料 / 
  • ナノテク・材料 / 高分子材料 / 
  • ナノテク・材料 / 高分子化学 / 

経歴

 
2004年8月
 - 
2006年7月
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員 
 
1985年4月
 - 
1992年3月
日立化成工業(株)  研究員 
 

委員歴

 
2002年5月
 - 
2003年3月
メディア教育開発センター  メディア教材制作チーム・アドバイザー
 
2001年4月
 - 
2002年3月
メディア教育開発センター  メディア教材制作チーム・アドバイザー
 
2000年5月
 - 
2001年3月
メディア教育開発センター  メディア教材制作チーム・アドバイザー
 

受賞

 
1996年
高分子学会研究奨励賞
 

論文

 
 
Yoshizawa-Fujita Masahiro   Yamada Hiromasa   Yamaguchi Shun   Zhu Haijin   Forsyth Maria   Takeoka Yuko   Rikukawa Masahiro   
Batteries Supercaps   3(9) 884-891   2020年   [査読有り]
Organic ionic plastic crystals (OIPCs) have been studied as solid-state electrolytes owing to their desirable properties such as plasticity, non-flammability, and high ionic conductivity. However, the relationship between the ion structures and th...
 
Suzuki Noriyuki   Mizuno Daisuke   Guidote Jr   Armando M   Koyama Shun   Masuyama Yoshiro   Rikukawa Masahiro   
Letters in Organic Chemistry   17(9) 717-725   2020年   [査読有り]
 
Seiler Elisabeth   Rada Desideria   Takeoka Yuko   Rikukawa Masahiro   Yoshizawa-Fujita Masahiro   
RSC Adv.   10(19) 11475-11480   2020年   [査読有り]
Cellulose processing remains a challenge as it is insoluble in water and common organic solvents. Ionic liquids (ILs) are organic salts with a melting point below 100 degrees C and are known for their excellent solvent properties. Unlike common or...
 
Shimizu Shunsuke   Yoshizawa-Fujita Masahiro   Takeoka   Rikukawa, Masahiro   
ACS Omega   4(8) 13260-13264   2019年8月   [査読有り]
Organic-inorganic perovskites are composed of organic cations and [PbX6](4-) octahedra, and the properties change depending on the type of organic cations. To identify the effect of organic cations and control the properties of the perovskite, thi...
 
Brenner Tom   Tuvikene Rando   Cao Yiping   Fang Yapeng   Rikukawa Masahiro   Price William   Matsukawa Shingo   
European Physical Journal E: Soft Matter and Biological Physics   42(7)    2019年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
陸川 政弘(担当:共著, 範囲:213-220)
情報機構   2011年12月20日   (ISBN:9784905545200)   
 
2011年10月1日   
2011年度物質生命理工学実験Ⅱのテキストを更新した
 
陸川 政弘(担当:共著, 範囲:207-215)
シーエムシー出版   2010年8月1日   (ISBN:9784781302638)   
 
陸川 政弘(担当:共著, 範囲:39-44)
シーエムシー出版   2009年1月1日   (ISBN:9784781300733)   
 
陸川 政弘(担当:共著, 範囲:257-267)
シーエムシー出版   2006年6月30日   (ISBN:488231570X)   

講演・口頭発表等

 
 
上宮瑞央   竹岡裕子   陸川政弘   藤田正博   
第10回イオン液体討論会   2019年11月21日   
 
太田涼希   竹岡裕子   陸川政弘   藤田正博   
第10回イオン液体討論会   2019年11月21日   
 
山口駿   山口将平   楊之端   竹岡裕子   陸川政弘   藤田正博   
第10回イオン液体討論会   2019年11月21日   
 
Elisabeth R   D. Seiler   Yuko Takeoka   Masahiro Rikukawa   Masahiro Yoshizawa-Fujita   
第10回イオン液体討論会   2019年11月21日   
 
Suzuki Mio   Kurahashi Naoya   Takeoka Yuko   Rikukawa Masahiro   Fujita Masahiro   
256th ACS National Meeting & Exposition   2018年8月21日   American Chemical Society   

所属学協会

 
 
   
 
高分子学会
 
   
 
日本化学会
 
   
 
電気化学会
 
   
 
応用物理学会
 
   
 
American Chemical Society

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
塩基性高分子電解質による中温無加湿PEFCの開発
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構: 
陸川政弘 
研究期間: 2007年 - 2008年
 
燃料電池用新規電解質の研究
日産自動車株式会社: 
陸川政弘 
研究期間: 2006年 - 2007年
 
研究期間: 1998年 - 2002年
 
研究期間: 2000年 - 2001年
 
研究期間: 1996年 - 1998年

社会貢献活動

 
 
【その他】
 上智大学におけるクリーンエネルギー活動を紹介した 2010年6月5日 - 2010年6月5日
 
【その他】
 高分子電解質膜について基調講演を行い、燃料電池普及の啓蒙活動を行った。 2007年2月9日 - 2007年2月9日

その他

 
 
中高生を対象に高分子化学の講義と実験を行った。
 
 
中高生を対象とした高分子化学の講演と体験実験を実施している。
 
 
学生実験の連絡事項をすべて電子メール化することで、連絡の効率化を図った。
 
 
 
燃料電池材料の市場調査
2006