言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 飯野 友幸
 

飯野 友幸

 
アバター
研究者氏名飯野 友幸
 
イイノ トモユキ
所属上智大学
部署文学部英文学科
職名教授
学位文学士(上智大学), 文学修士(上智大学), M. A. in English(University of California), 修士(英文)(カリフォルニア大学デーヴィス校), 博士(文学)(上智大学)
科研費研究者番号40168084
J-Global ID200901000538925681

プロフィール

~1993 アメリカ後衛詩人についての研究
1994~2003 ジョン・アッシュベリーの詩をはじめとするアメリカ前衛詩人についての研究
2003~2012 アメリカ現代詩と音楽の関係についての研究
2013~現在 冷戦初期におけるアメリカ詩人の文学的・文化的視座からの研究研究に関しては、第二次世界大戦後という過渡期の文学的・文化的状況を解明するため、John Ashbery、Elizabeth Bishop、Frank O'Haraという3名の詩人を中心に研究することをとおしてオリジナルな見解を提示していきたい。
また、教育については研究は切り離せない関係にあるので、アメリカ文学を教えるなかで研究の成果を反映させていくことにしている。
具体的な授業の工夫については、学部講義においては、テクストを独自に作ることで、既成の教科書では扱えない題材を供するとともに、講義の流れを詳細に跡づけられるようにしている。また、学部および大学院の演習では学生の発表とそれにもとづくディスカッションを中心に授業を進めるとともに、学生たちにレポート・論文の書き方を指導することにも力を入れている。文献・資料の集め方、分析の仕方を教えるとともに、論文で展開する議論の構成のしかたそのものも綿密に指導している。(研究テーマ)
アメリカ現代詩
音楽

研究キーワード

 
アメリカ現代詩と音楽 ,冷戦初期のアメリカ詩人

研究分野

 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

経歴

 
1991年4月
 - 
2000年3月
日本大学  助教授 
 
1996年4月
 - 
1997年3月
ハーヴァード大学  客員研究員 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
日本大学  講師 
 
1984年4月
 - 
1989年3月
玉川学園女子短期大学  講師 
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1986年3月
上智大学 文学研究科 英米文学専攻
 

受賞

 
2005年1月
福原記念英米文学研究助成基金
 

論文

 
 
飯野友幸   
T. S. Eliot Review   (30) 57-63   2019年11月   [招待有り]
T. S. Eliotから言語詩人への道程を、John Ashberyを経由することで明かした。
 
飯野友幸   
英文学と英語学   (53) 85-104   2017年2月   
ラフマニノフとモートン・フェルドマンという作曲家二人がフランク・オハラの詩にどのような影響を与えたかを論じた。
 
飯野友幸   
アメリカ・カナダ研究   (34) 21-45   2016年3月   [査読有り]
冷戦初期の状況がフランク・オハラの詩に与えた影響を論じた。
 
飯野友幸   
英文学と英語学   (52) 49-65   2016年2月   
抽象表現主義の画家たちが、詩人フランク・オハラにどのような影響を与えたかを分析した
 
飯野友幸   
『ユリイカ』   47(18) 103-109   2015年12月   [招待有り]
エリック・サティとガートルード・スタインの比較論

書籍等出版物

 
 
飯野 友幸(担当:単著)
水声社   2019年1月1日      
アメリカ詩人フランク・オハラの詩を1950~60年代冷戦初期というコンテクストのなかに位置づけた。
 
Iino Tomoyuki(担当:共編者(共編著 者), 範囲:1-297)
Palgrave Macmillan   2017年7月18日   (ISBN:9783319500225)   
This is a collection of essays discussing Canadian popular music and its complex relations with US
 
飯野 友幸(担当:単著)
NHK出版   2015年7月1日   (ISBN:9784149109091)   
ボブ・ディランの歌を13編取り上げ、分析する。
 
飯野 友幸(担当:共著, 範囲:205頁ー223頁)
Sophia University Press上智大学出版 , ぎょうせい (発売),   2015年3月13日   (ISBN:9784324099322)   
ブルースという音楽ジャンルをさまざまな角度から検証した。
 
飯野 友幸(担当:単著)
NHK出版   2013年10月1日   (ISBN:9784149108551)   
サイモン&ガーファンクルの歌詞13篇を取り上げ、訳し、それについての論を執筆

講演・口頭発表等

 
 
フランク・オハラとアメリカの1950年代
飯野友幸   
中央英米文学会例会   2018年12月22日   中央英米文学会   [招待有り]
アメリカ詩人フランク・オハラの1950年代における文学的・文化的活動についての論考
 
『荒地』のレゾナンス――1960年代アメリカ詩への射程を測る
飯野友幸   
日本T.S.エリオット協会第30回大会   2017年11月12日   日本T. S. エリオット協会   [招待有り]
T.S.Eliotの『荒地』が1960年代のアメリカ詩にどのような影響を与えたか、John Ashberyの詩を中心に論じた。

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ学会
 
   
 
日本英文学会
 
   
 
サウンディングズ英語英文学会
 
   
 
日本アメリカ文学会
 
   
 
上智英文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
アメリカ文化における公共空間
上智大学: 
大塚寿郎 
研究期間: 2002年 - 2004年

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。