言語の選択:

総合グローバル学部 総合グローバル学科

研究者リスト >> 都留 康子
 

都留 康子

 
アバター
研究者氏名都留 康子
 
ツル ヤスコ
所属上智大学
部署総合グローバル学部総合グローバル学科
職名教授
学位文学士(上智大学), 修士(国際関係論)(上智大学)
J-Global ID200901011600431331

プロフィール

(研究テーマ)
海洋ガバナンス
日本と核軍縮

研究キーワード

 
NGO ,核軍縮 ,安全保障 ,平和 ,海洋ガバナンス ,国際制度 ,国際政治理論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 
  • 人文・社会 / 国際法学 / 

論文

 
 
都留康子   
大矢根聡・菅英樹・松井康弘編集『グローバル・ガバナンス学Ⅰ』      2018年2月   [招待有り]
 
Yasuko Tsuru   
Ocean Law and Policy:20 Years under UNCLOS      2017年   [査読有り]
 
都留康子   
法学新報   123(7)    2017年1月   
 
都留康子   
松井芳郎、富岡仁、坂元茂樹他編著『21世紀の国際法と海洋法の課題』      2016年11月   [査読有り]
 

書籍等出版物

 
 
星野, 昭吉, 阿部, 松盛, 田中, 宏明, 都留, 康子, 永野, 隆行, 米山, 昌幸, 伊藤, 肇, 鈴木, 亨尚
テイハン   2019年2月   (ISBN:9784860961060)
 
都留 康子(担当:共編者(共編著 者))
有信堂高文社   2017年3月16日   (ISBN:9784842055695)   
 
 
2015年3月   
業績のところにも掲載してあるが、滝田、大芝とともに、教科書を編者として作り、出版した。
 
都留 康子(担当:共著)
テイハン   2014年3月   (ISBN:9784860960773)   

講演・口頭発表等

 
 
都留康子   
国家管轄権外区域の海洋生物多様性の保全及び持続可能な開発   2018年1月29日   
 
国際シンポジウム 海洋生物資源管理の最近の潮流ー生態系アプローチの限界と可能性ー   2007年   
 
 
 
日本国際政治学会2005年度研究大会   2005年   

所属学協会

 
 
   
 
海洋政策学会
 
   
 
日本国際政治学会
 
   
 
国際法学会
 
   
 
世界法学会
 
   
 
日本平和学会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2000年9月 - 2000年12月