言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 長尾 直茂
 

長尾 直茂

 
アバター
研究者氏名長尾 直茂
 
ナガオ ナオシゲ
所属上智大学
部署文学部国文学科
職名教授
学位文学士(上智大学), 文学修士(上智大学)
科研費研究者番号30323182
J-Global ID200901018567710887

プロフィール

(研究テーマ)
中世末から江戸初期にかけての和刻本と朝鮮版漢籍に関する研究

研究キーワード

 
三国志演義 ,中国通俗小説 ,明治期の漢詩文 ,吉嗣拝山 ,朝鮮版漢籍・韓本 ,和刻本

研究分野

 
  • 人文・社会 / 中国文学 / 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 
  • 人文・社会 / 美術史 / 
  • 人文・社会 / 中国哲学、印度哲学、仏教学 / 
  • 人文・社会 / 中国哲学、印度哲学、仏教学 / 

受賞

 
2020年9月
三国志学会, 第3回 三国志学会賞
 

論文

 
 
長尾直茂   浅山佳郎   瀧康秀   永由徳夫   比留間健一   
上智大学国文学科紀要   (37) 189-247   2020年3月   
 
長尾直茂   
斯文   (135) 20-37   2020年2月   [招待有り]
 
長尾直茂   
和漢比較文学   (63) 28-35   2019年8月   [招待有り]
 
長尾直茂   
比較文学   61 176-180   2019年3月   [招待有り]
 
長尾直茂   浅山佳郎   瀧康秀   永由徳夫   比留間健一   
上智大学国文学科紀要   36 1-55   2019年3月   

MISC

 
 

書籍等出版物

 
 
長尾 直茂(担当:監修)
旺文社   2020年12月4日   
 
長尾 直茂(担当:単著)
勉誠出版   2019年2月28日   (ISBN:9784585291794)   
 
2018年3月31日   
 
2018年3月31日   
 
2018年3月31日   

講演・口頭発表等

 
 
贋作の意味とは
長尾直茂   池澤一郎   福島理子   堀川貴司   
近世近代の書画を読む   2018年9月22日   和漢比較文学会   [招待有り]
 
中世日本における中国通俗小説の受容
長尾直茂   
日本における中国小説及び伝説の受容   2016年6月18日   香港中文大学比較日本学研究中心   [招待有り]
 
中世における中国通俗小説受容についての一報告
長尾直茂   
中国古典小説研究会例会   2013年9月3日   中国古典小説研究会   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本中国学会
 
   
 
東方学会
 
   
 
和漢比較文学会
 
   
 
近世文学会
 
   
 
全国漢文教育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 

その他

 
 
教育提携校である上智福岡中学高等学校において、中学2年生に対して2時間の講義を行った。
 
 
当該年度に更新講習対象者となる中学校、高等学校教諭に対して「漢文」関連の更新講習を行った。
 
 
どうしても講義が主体となり一方的な授業となりがちであるので、積極的にリアクションペーパーを授業に取り入れるようにした。特に学生の理解度や興味関心の所在を把握するために、教材の鑑賞や読解に関わるテーマを設定してリアクションペーパーを書かせた。また、図版や写真などの視覚資料を多用して文献読解の助けとした。
 
 
シンポジウム「新高等学校学習指導要領と古典教育の現状-問題の所在と提言」(上智大学国文学会開催)のコメンテーターをつとめた。
 
 
「藩校明新館と校訓の制定をめぐって」(山形県立上山明新館高校創立十周年記念講演会)という演題で全校生徒に講演を行った。
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。