言語の選択:

法学部 国際関係法学科

研究者リスト >> 松本 尚子
 

松本 尚子

 
アバター
研究者氏名松本 尚子
 
マツモト ナオコ
URL
所属上智大学
部署法学部国際関係法学科
職名教授
学位修士(法学)(一橋大学), Doktor Juris(Universitat Frankfurt A.M.), 法学博士(フランクフルト・アム・マイン大学)
科研費研究者番号20301864
J-Global ID200901089279079948

プロフィール

日本学術振興会特別研究員―PD(2000年4月~2002年3月)
研究課題「近代ドイツ公法学誕生における学問・行政・裁判実務の相互関係」(研究テーマ)
ドイツ近代公法学成立史
18世紀ドイツのポリツァイ法学
「ジェンダーの法史学-近代法の再定位・再考」
ドイツ・プロイセンの勧解人Schiedsmann制度の研究-共同研究;調停の比較法史の一環として
戦時体制と法学者 1931~1952
19世紀末ドイツ勧解人記録帳の分析――裁判外紛争解決史の実証研究

研究キーワード

 
ナチス法 ,裁判外紛争解決手続 ,ポリツァイ ,近代法 ,調停 ,ジェンダー ,勧解人(Schiedsmann)

研究分野

 
  • 人文・社会 / 基礎法学 / 

経歴

 
2018年9月
 - 
2019年3月
早稲田大学大学院法務研究科  非常勤講師 
 
2018年9月
 - 
2019年3月
国立大学法人一橋大学大学院  非常勤講師 
 
2018年9月
 - 
2019年3月
国立大学法人一橋大学大学院  非常勤講師 
 
2014年4月
 - 
2014年9月
早稲田大学  非常勤講師 
 
2012年4月
 - 
2013年9月
早稲田大学  講師 
 

論文

 
 
松本尚子   
法制史研究   64 239-261   2015年   [査読有り]
 
松本英実   佐々木健   松本尚子   小室輝久   
法律時報   (1080) 326-331   2014年   
 
田口正樹   佐々木健   松本尚子   小室輝久   
法律時報   (1067) 338-343   2013年   
 
MATSUMOTO NAOKO   
Zeitschrift für Neuere Rechtsgeschichte (ZNR)   31(1-2) 30-51   2009年12月   
 
ヴォルフガング・ゼラート著   松本尚子訳   
上智法学論集   49(1) 181-210   2005年8月   

MISC

 
 
田口正樹   佐々木健   松本尚子   小室輝久   
法律時報   (1054) 327-332   2012年   
 
Naoko Matsumoto   
in: Europäische Geschichte Online (EGO), URL: http://www.ieg-ego.eu/matsumoton-2010-de      2010年12月   [査読有り][招待有り]

書籍等出版物

 
 
 
松本 尚子(範囲:193~230頁)
『上智法学論集』第62巻第1號・第2號合併号(2018年)   2018年      
 
松本 尚子(範囲:347~379頁)
『上智法学論集』第60 巻第3號・第4號合併号(滝澤正教授退職記念号)   2017年6月      
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Naoko Matsumoto   
gehalten am Max-Planck-Institut für europäische Rechtsgeschichte am 8. Januar 2019.   2019年1月9日   

所属学協会

 
 
   
 
日独法学会
 
   
 
法文化学会
 
   
 
比較法学会
 
   
 
ジェンダー法学会
 
   
 
法制史学会

その他

 
 
大学院の授業で、参考文献やサイトの情報および受講者の提出物を共有するため、Googleグループを利用。メール配信もこちらから行っている。2008年度からは、実験的にゼミでも活用。
 
 
2003年度から、西洋法制史の授業でパワーポイントを利用している。とくに地図や人物など、ビジュアルで捉えたほうが断然わかりやすい部分を、積極的に取り入れている。
 
 
ゼミ所属者には秋学期の終わりにゼミ論文提出を義務付け、所属者と相談のうえゼミ論文集を作成。現在まで、ゼミのある年はほぼ毎年作成している。
 
 
ゼミ論文作成の前に、レポート作成のための史料・文献検索の方法を指導。インターネット上の関連検索サイトやOPACの使い方を端末で確認し、中央図書館の関連図書・雑誌の配置場所などをじっさいに足で回って案内している。文献引用時の注意、註のつけ方などについては、個々の報告のときに指導。