言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 柘植 隆宏
 

柘植 隆宏

 
アバター
研究者氏名柘植 隆宏
 
ツゲ タカヒロ
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位博士(経済学)(神戸大学)
科研費研究者番号70363778
J-Global ID200901066482127036

研究キーワード

 
環境経済学 ,費用便益分析 ,環境評価

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
上智大学 地球環境学研究科 教授 
 
2014年4月
 - 
2020年3月
甲南大学 経済学部 教授 
 
2007年4月
 - 
2014年3月
甲南大学 経済学部 准教授 
 
2003年4月
 - 
2007年3月
高崎経済大学 地域政策学部 講師 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
神戸大学 経済学研究科 経済システム分析
 
1994年4月
 - 
1998年3月
同志社大学 経済学部 
 

受賞

 
2006年
廃棄物学会, 論文賞,「廃棄物広域処理施設の設置計画における住民の選好形成に関する研究」『廃棄物学会論文誌』16(4)、pp.256-265.
笹尾俊明 柘植隆宏 
 

論文

 
 
柘植隆宏   庄子康   大沼あゆみ   
環境経済・政策研究   15(2)    2022年9月   [査読有り]
 
Tsuge, T   Shoji, Y   Kuriyama, K   Onuma, A   
Sustainability   14 4753   2022年4月   [査読有り]
 
Kota Mameno   Takahiro Kubo   Takaaki Suzuki   Takahiro Tsuge   Yasushi Shoji   
Environmental Conservation   1-8   2022年4月   [査読有り]
Summary

Message framing contributes to an increase in public support for invasive species management. However, little is known about people’s preferences for the multiple objectives of management within different contexts relating to the challen...
 
Takahashi, T   Tsuge, T   Shibata, S   
Sustainability   14(4) 2119   2022年2月   [査読有り]
 
加藤修一   中野牧子   柘植隆宏   
地球環境学   16 67-81   2021年

MISC

 
 
柴田晋吾   柘植隆宏   高橋卓也   
山林   1649    2021年10月   
 
柘植隆宏   
週刊エコノミスト      2018年6月   
 
柘植隆宏   
週刊エコノミスト      2018年4月   
 
柘植隆宏   
週刊エコノミスト      2018年3月   
 
柘植隆宏   
週刊エコノミスト      2018年2月   

書籍等出版物

 
 
Tsuge, T, Shoji, Y, Onuma, A(担当:分担執筆, 範囲:Assessing public preference for construction of giant seawalls using the best-worst scaling approach)
Springer   2022年   
 
Shoji, Y, Tsuge, T, Onuma, A(担当:分担執筆, 範囲:Understanding preference differences among individuals for the reduction in flood risk by green infrastructure)
Springer   2022年   
 
Omori, Y, Kuriyama, K, Tsuge, T, Onuma, A, Shoji, Y(担当:分担執筆, 範囲:Coastal community preferences of gray, green, and hybrid infrastructure against tsunamis: A case study of Japan)
Springer   2022年   
 
大沼あゆみ, 柘植隆宏(担当:共著)
有斐閣   2021年12月   
 
Saito,O, Subramanian, S. M, Hashimoto,S, Takeuchi, K. ed(担当:分担執筆, 範囲:Mameno, K., Kubo, T., Shoji, Y., Tsuge, T. (2020) “How to Engage Tourists in Invasive Carp Removal: Application of a Discrete Choice Model”)
Springer, Singapore   2020年   

講演・口頭発表等

 
 
柘植 隆宏   久保 雄広   豆野 皓太   
環境経済・政策学会2022 年大会   2022年10月2日   
 
八尋聡   愛甲哲也   庄子康   柘植隆宏   金慧隣   伊藤瑠海   松島肇   
第133日本森林学会大会   2022年3月28日   
 
柴田晋吾   柘植隆宏   高橋卓也   
第133日本森林学会大会   2022年3月28日   
 
高橋卓也   柘植隆宏   柴田晋吾   
第133日本森林学会大会   2022年3月28日   
 
高橋卓也   柘植隆宏   柴田晋吾   
環境経済・政策学会2021年大会   2021年9月26日   

所属学協会

 
 
   
 
日本生態学会
 
   
 
廃棄物資源循環学会
 
   
 
日本地域政策学会
 
   
 
日本応用経済学会
 
   
 
環境科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
ポストコロナ社会における自然地域の利用モデル構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。