言語の選択:

法学研究科

研究者リスト >> 越智 敏裕
 

越智 敏裕

 
アバター
研究者氏名越智 敏裕
 
オチ トシヒロ
所属上智大学
部署法学研究科法曹養成専攻
職名教授
学位学士(文学)(同志社大学), 修士(法学)(東京大学), 法学修士(カリフォルニア大学バークレー校)
科研費研究者番号90384180
J-Global ID200901060778255341

プロフィール

同志社大学文学部英文学科卒業、法学博士(上智大学)、現在上智大学法科大学院教授、弁護士。
カルフォルニア大学バークレー校(Master of Laws)
*現在の主な学外活動
同志社大学法科大学院非常勤講師
立教大学法科大学院非常勤講師
日弁連行政訴訟センター委員
秦野市入札監視委員会委員
株式会社Ginza社外取締役
株式会社フェイス補欠監査役主として法律実務の観点から、法政策を視野に入れた環境法、行政法の課題を広く研究。最近の研究・活動領域は、排出権取引、団体訴訟、行政訴訟改革、開発建築紛争、行政不服審査法、アメリカ環境訴訟の訴訟対象、環境企業法務など。主要論文として、「移動発生源の排出権取引」上智法学論集第46巻第4号、同第47巻第1号(2003-2004年))、「まちづくり紛争における行政訴訟の可能性」法律のひろば2004年10月号、「行政事件訴訟法の改正と環境訴訟の展望」上智法学論集48巻3・4号(2005年)、「処分性をめぐる最近の最高裁判決の傾向」(法律のひろば59巻5号12頁、2006年5月)、「司法制度改革と公法学教育」(公法研究68号120頁、2006年10月)、「行審法改正の意義と課題-不服審査制度ユーザーの視点から」(自治研究84巻3号3-27、2008年2月)、「環境法入門」(法学セミナー640号、2008年4月)、「公法系訴訟実務の基礎」(共著)(弘文堂、2008年4月)など。

論文

 
 
法律時報   
原発政策と司法審査      2017年7月   
 
新・判例解説Watch vol.19      2016年6月   
 
ジュリスト1488号      2016年1月   
 
環境裁判例の動向(現代民事判例研究会編「民事判例Ⅺ2015年前期」)      2015年10月   
 
越智敏裕   
自治研究91巻7号      2015年7月   

書籍等出版物

 
 
越智 敏裕(担当:共著)
新日本法規   2016年6月      
 
越智 敏裕
2015年11月      
 
越智 敏裕(担当:単著)
日本評論社   2015年3月      
 
越智 敏裕(担当:共著)
青林書院   2014年4月   (ISBN:9784417014843)   
 
越智 敏裕(担当:共著)
青林書院   2014年4月      

講演・口頭発表等

 
 
現行行政事件訴訟法の問題点と再改正の可能性-まちづくり紛争を題材に
2015年11月   都市住宅学会:学術講演会総務企画委員会ワークショップ   
 
産廃処分場を巡る非申請型義務付け訴訟について
2015年10月   環境訴訟研究会(環境省)   
 
環境裁判例の動向
2015年1月   環境判例研究会   
 
環境裁判例の動向
2014年1月   環境判例研究会   
 
団体訴訟の制度設計
越智 敏裕   
環境法政策学会   2011年6月   

所属学協会

 
 
   
 
環境法政策学会
 
   
 
日米法学会
 
   
 
日本公法学会

その他

 
 
 
 
法学部における裁判法、学部ゼミにおいては、moodleを利用し、事前にレジュメや資料のアップを行い、授業の補足等も行っている。
 
 
裁判法は、机上だけでなく実際に裁判を傍聴することで理解を深めることができると考え、裁判傍聴レポートの提出を義務付けている。さらに、裁判に関する映画や書籍を自ら選び、論評することもレポートとして課した。いずれも実社会における裁判の位置づけを確認し、多層的な理解を深めてもらう趣旨である。
 
 
多岐にわたる環境法分野のうちまちづくりに分野を限定し、都市問題から環境問題を見るという形で環境法を扱う。ゼミは2部構成とし、1部では当該分野の法律判例のグループ報告、2部では、学生が関心のあるテーマにつき個人報告をしてもらう。毎回コメンテーターを指定し、議論の活発化を促している。報告内容のみならず、報告の仕方、分かりやすさ、調べ方などの形式面についても適宜指導を行っている。