言語の選択:

地球環境学研究科 地球環境学専攻

研究者リスト >> 安納 住子
 

安納 住子

 
アバター
研究者氏名安納 住子
 
アンノウ スミコ
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位修士(公衆衛生学)(ニューヨーク医科大学), 博士(医学)(神戸大学)
科研費研究者番号10333527
J-Global ID201001083389571077

プロフィール

リモートセンシング/地理情報システム/機械・深層学習を用いた気候変動による健康影響に関する応用研究(研究テーマ)
人工衛星データ、GIS(地理情報システム)、機械・深層学習を用いた健康影響に関する応用研究

研究キーワード

 
リモートセンシング、地理情報システム、機械・深層学習

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 

受賞

 
2009年10月
Best Presentation,Brunei Darussalam
 
2009年1月
宮地杭一記念賞
 
2008年6月
2007年度日本生理人類学会優秀論文賞
 

論文

 
 
Sumiko Anno   Takeshi Hara   Hiroki Kai   Yi Chang   Ming-An Lee   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
Geospatial Health   14(771) 183-194   2019年11月   [査読有り]
Early warning systems (EWS) have been proposed as a measure for controlling and preventing dengue fever outbreaks in countries where this infection is endemic. A vaccine is not available and has yet to reach the market due to the economic burden o...
 
Sumiko Anno   Kazuhiro Yamasaki   Ming-An Lee   Yi Chang   Hiroki Kai   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
The 32nd International Symposium on Space Technology and Science (ISTS) & the 9th Nano-Satellite Symposium (NSAT)   1-3   2019年6月   [査読有り][招待有り]
 
Sumiko Anno   Takeshi Hara   Hiroki Kai   Yi Chang   Ming-An Lee   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
Asia Conference on Machine Learning and Computing   22-22   2018年   [査読有り]
 
Sumiko Anno   Takeshi Hara   Hiroki Kai   Yi Chang   Ming-An Lee   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
EuroSciCon Conference on Environmental Science & Technology   21-21   2018年   [査読有り]
 
Sumiko Anno   Takeshi Hara   Hiroki Kai   Yi Chang   Ming-An Lee   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
Joint PI Meeting of Global Environment Observation Mission FY2017   1-1   2018年   [査読有り]

MISC

 
 
安納住子   山崎和博   改井洋樹   張懿   李明安   大吉慶   水上陽誠   田殿武雄   
第30回日本医学会総会 2019 中部 学術講演要旨   129-129   2019年4月   

書籍等出版物

 
 
Anno Sumiko(担当:監修)
Pan Stanford Publishing Pte. Ltd.   2016年4月6日   (ISBN:9789814669634)   
 
安納 住子(担当:共著)
(株)国際文献印刷社   2012年10月1日      
 
安納 住子(担当:共著)
丸善株式会社   2009年9月1日      
 
Anno Sumiko(担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc.   2009年7月1日      
 
安納 住子
東京堂出版   2005年8月1日      

講演・口頭発表等

 
 
Comparison of deep learning models in predicting time points of dengue fever outbreak
Sumiko Anno   Takehiro Maeda   Takeshi Hara   Kazuhiro Yamasaki   Ming-An Lee   Yosei Mizukami   Yoshinobu Sasaki   Kei Oyoshi   
The Virtual Edition of the 6th World One Health Congress   2020年11月1日   
 
Development of models for predicting time points of dengue fever outbreak using remote sensing data and deep learning
The Joint PI Meeting of JAXA Earth Observation Missions FY2019   2020年1月20日   
 
Predicting Spatiotemporal Distribution of Dengue Fever in Taiwan Using Deep Learning
The 32nd International Symposium on Space Technology and Science (ISTS) & the 9th Nano-Satellite Symposium (NSAT)   2019年6月15日   
 
人工衛星データ×人工知能を応用したデング熱発生予測について
安納住子   山崎和博   改井洋樹   張懿   李明安   大吉慶   水上陽誠   田殿武雄   
第30回日本医学会総会 2019 中部   2019年4月28日   [招待有り]
 
Predicting the spatiotemporal distribution of dengue fever outbreaks in Taiwan using deep learning techniques and remote sensing data
Sumiko Anno   Kazuhiro Yamasaki   Hiroki Kai   Yi Chang   Ming-An Lee   Kei Oyoshi   Yosei Mizukami   Takeo Tadono   
The Joint PI Meeting of JAXA Earth Observation Missions FY2018   2019年1月22日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
深層学習・ビッグデータを用いた人獣共通感染症パンデミックの要因解明および時空間分布予測
問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 中部大学国際GISセンター: 
安納住子 
研究期間: 2020年7月 - 2021年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
 
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
 
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月

その他

 
 
2020年3月 - 2020年3月
株式会社ネクストパブリッシング インタビュー記事
 
 
2020年2月 - 2020年2月
BBC 英国放送協会 インタビュー