言語の選択:

地球環境学研究科

研究者リスト >> 鈴木 政史
 

鈴木 政史

 
アバター
研究者氏名鈴木 政史
 
スズキ マサチカ
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位学士(法政大学), 修士(慶應義塾大学), 修士(コロンビア大学), 博士(社会科学)(エラスムス大学)
科研費研究者番号90454214
J-Global ID201001090276378161

プロフィール

研究課題:低炭素社会実現への技術開発と技術移転の在り方に関する研究
本研究は、風力、太陽光、バイオマス・バイオガス、エネルギー効率改善技術などクリーンエネルギー技術の開発と移転における障害を明らかにする。その上で、個別技術の開発と移転(普及)障害克服に向けた政策・制度案を抽出する。
研究課題:日本企業と欧州企業の再生可能エネルギーの技術移転戦略の比較実証研究
本研究の目的は二つある。第一は日本企業と欧州企業を中心に再生可能エネルギーの技術移転戦略の比較実証研究を行いこれらの国の企業の間の類似点・相違点を明らかにすることである。第二は、比較実証研究で得られた結果をもとに、中期及び長期に向けて日本企業のとるべき戦略及びビジネスモデルを検討する。
研究課題:生活者の豊かさ及び幸福度に関する開発指標・目標及びグリーン成長・経済に沿った指標・目標の提示
2015年9月に国連でミレニアム開発目標に代わる新たな持続可能な開発目標は採択された。本研究は、SDGsやその他の指標・目標の中で、市民の優先度の高い指標・目標に関する国際比較調査を実施し、市民の優先度の高い指標・目標を抽出する。

研究キーワード

 
遠隔地(島嶼国/地域含む)におけるクリーンエネルギー技術の普及 ,ESG投資・持続可能な地域社会へのファイナンスメカニズム ,持続可能な開発目標(SDGs) ,クリーンエネルギー技術のイノベーションと普及 ,環境経営

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経営学 / 
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 
  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術 / 

論文

 
 
Masachika Suzuki   Ryosuke Isobe   
20th European Roundtable Sustainable Consumption and Production      2021年9月
 
地球環境学 上智大学大学院地球環境学研究科紀要   16    2021年3月
 
Kaori Saito   Kazuhiro Bai   Masachika Suzuki   
Pan-Pacific Management Science   3 35-43   2020年12月
 
鈴木政史   
OECC会報第92号特集「SDGs達成に向けたJCM活用の可能性」      2020年4月
 
Hafdzuan A   Suzuki M   
地球環境学 上智大学大学院地球環境学研究科紀要   15    2020年   

講演・口頭発表等

 
 
Suzuki, M   
Future Earth Finance and Economics Knowledge Action Network (KAN) Sustainable Finance Working Group Session   2021年   
 
鈴木政史   
日本環境技術協会・技術交流会   2021年   
 
鈴木政史   
Future Earth 金融とアカデミアの連携についてのワークショップ(第1回)   2021年   
 
鈴木政史   
シンポジウム「JCM x SDGs シンポジウム -JCM 活用による SDGs への貢献」   2021年   
 
鈴木政史   
北杜市地域循環共生圏 第2回ワークショップ   2020年