言語の選択:

理工学部

研究者リスト >> 荒井 隆行
 

荒井 隆行

 
アバター
研究者氏名荒井 隆行
 
アライ タカユキ
URL
所属上智大学
部署理工学部情報理工学科
職名教授
学位工学士(上智大学), 工学修士(上智大学), 博士(工学)(上智大学)
科研費研究者番号80266072
J-Global ID200901064275514612

プロフィール

<国内>
2008年4月  上智大学理工学部情報理工学科 教授(現在に至る)
2006年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 教授
2000年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 助教授
1998年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 専任講師
1994年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 助手
1994年3月  上智大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士後期課程 修了
1991年3月  上智大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士前期課程 修了
1989年3月  上智大学理工学部電気・電子工学科 卒業
<国外>
2003年10月~2004年9月  アメリカMassachusetts Institute of Technology客員研究員
2000年8月、2001年8月、2002年8月、ならびに 2003年10月~2004年9月
       アメリカ Massachusetts Institute of Technology 客員研究員                 
2001年2月  オランダ Max Planck Institute for Psycholinguistics 客員研究員
2000年8月  アメリカ Massachusetts Institute of Technology 客員研究員
1997年1月~1998年3月 / 1998年8月ならびに1999年8月
       アメリカ California 大学 Berkeley 校付属研究機関
        International Computer Science Institute 客員研究員
1992年9月~1993年8月ならびに1995年6月~1996年12月
        アメリカ Oregon Graduate Institute of Science and Technology 客員研究員音声コミュニケーションに関わる一連の事象は「ことばの鎖(Speech Chain)」と呼ばれ、音声科学・聴覚科学における基本的な概念となっており、その音声コミュニケーションに関して音声科学・聴覚科学、音響学、音響音声学などに関わる科学的側面とその応用に主な焦点を当てて研究を続けてきている。そして、音に関わるあらゆる側面にも研究の範囲を拡大している。カバーする範囲は、次のような幅の広い学際的な研究分野を含む:
・音響学と音響教育(例:声道模型)
・音響音声学を中心とする言語学分野(音声学・音韻論)とその教育応用(応用言語)
・音声生成を含む音声科学と音声知覚を含む聴覚科学、音や音声を含む認知科学
・実環境での音声知覚・音声明瞭度、音声信号処理・音声強調
・音声に関する福祉工学・障害者支援、障害音声の音響分析や聴覚障害者・高齢者の音声生成や音声知覚
・実時間信号処理を含む音声処理アルゴリズムの開発、音に関わるシステムやアプリの開発
・音声の話者性
・その他、音に関する研究全般など(研究テーマ)
音響学と音響教育(声道模型を含む)
音響音声学を中心とする言語学分野(音声学・音韻論)とその教育応用(応用言語)
音声生成を含む音声科学と音声知覚を含む聴覚科学、音や音声を含む認知科学
実環境での音声知覚・音声明瞭度、音声信号処理・音声強調
音声に関する福祉工学・障害者支援、障害音声の音響分析や聴覚障害者・高齢者の音声生成や音声知覚
実時間信号処理を含む音声処理アルゴリズムの開発、音に関わるシステムやアプリの開発
音声の話者性(共同・受託研究希望テーマ)
音情報処理
音声言語情報処理
聴覚情報処理

研究キーワード

 
音声伝達, 音声明瞭度 ,音声の話者性 ,言語障害, 聴覚障害 ,音声知覚, 心理音響学 ,音声分析, 音声処理, 音声認識, 音声合成 ,音声科学, 聴覚科学 ,音響音声学 ,音響教育(声道模型を含む) ,音響学全般 ,音響分析,音声処理,構音障害 ,教材,物理モデル ,音声処理,音声ダイナミックス,音声伝達,音声 ,言語障害 ,母音 ,分節的特徴,超分節的特徴 ,音声科学 ,音声処理 ,言語識別 ,補聴器 ,変調フィルタ,自動音声認識,建築音響 ,音声分析 ,声道模型 ,鼻音化 ,音響教育 ,音声障害,聴覚障害,口蓋裂音声,補聴器 ,音声伝達,音声明瞭度,変調スペクトル

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 
  • 情報通信 / 知覚情報処理 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学 / 
  • 人文・社会 / 教育学 / 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 

経歴

 
1997年1月
 - 
1998年3月
インターナショナル・コンピューター・サイエンス研究所  研究員 
 
1995年6月
 - 
1996年12月
オレゴン科学技術大学院大学  研究員 
 

受賞

 
2021年3月
日本音響学会, 論文賞古井賞
C. T Justine Hui T. Arai 
 
2018年
日本音響学会, 音響教育デモンストレーション賞
 
2017年
International Speech Communication Association, "Show and Tell" Award at INTERSPEECH 2017
 
2016年
日本音声学会, 学術研究奨励賞
 
2015年
上智大学, Good Practice賞
 

論文

 
 
Amino Kanae   Shono Maki   Arai Takayuki   
Acoustical Science and Technology   42(1) 62-64   2021年
 
S. Tsuji and T. Arai   
Acoustical Science and Technology   41(6) 833-836   2020年11月   [査読有り]
 
J. Yun, J. Gao, T. Arai, and C. Seong   
Proc. of the International Congress of Korean Society of Spine Surgery      2020年11月
 
T. Arai   
Proc. of INTERSPEECH   1366-1370   2020年10月   [査読有り]
 
C. T. J. Hui and T. Arai   
Acoustical Science and Technology   41(5) 796-799   2020年9月   [査読有り]

MISC

 
 
T. Arai   
Acoustical Science and Technology   41(1) 90-93   2020年1月   [査読有り][招待有り]
 
荒井隆行   
上智大学総合人間科学部看護学科紀要   4 3-11   2019年5月   
 
程島奈緒, 荒井隆行   
日本音響学会誌   74(3) 134-135   2018年5月   
 
T. Arai   
Acoustical Science and Technology   39(2) 55-55   2018年2月   
 
荒井隆行   
117-120   2016年12月   

書籍等出版物

 
 
 
2019年11月   
 
 
 
Arai Takayuki(範囲:p.275-308)
Springer,New York   2011年10月   (ISBN:9781461402626)   

講演・口頭発表等

 
 
吉永司, Inaam Rafia, 荒井隆行, 横山博史, 飯田明由   
第34回数値流体力学シンポジウム   2020年12月   
 
角田正路, 岩上恵梨, 荒井隆行, 守本真帆   
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2020年9月   
 
辻慎也, 荒井隆行   
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2020年9月   
 
竹内京子, 青木直史, 荒井隆行, 鈴木恵子, 世木秀明, 安啓一   
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2020年9月   
 
竹内京子, 青木直史, 荒井隆行, 鈴木恵子, 世木秀明, 安啓一   
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2020年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本聴覚医学会
 
   
 
Intenational Speech Communication Association
 
   
 
日本臨床生理学会
 
   
 
日本コミュニケーション障害学会
 
   
 
日本口蓋裂学会

社会貢献活動

 
 

その他

 
 
英語によるプレゼンテーションを学ぶ講義の中で、自分のプレゼンテーションを客観的に学生に示すため、発表風景をビデオに収め、後で学生にそれを見て自己評価させるようにしている。また、同内容で2回目のプレゼンテーションを行わせ、改善する努力を促す工夫もしている。
 
 
音響教育に関する委員会の委員を務め、教育セッション(例えば2006年12月に行われた日米音響学会ジョイント会議における教育セッション)をオーガナイズするなど。
 
 
音響教育に関する委員会の委員を務め、教育セッション(例えば2004年4月に行われた国際音響学会議における教育セッション)をオーガナイズするなど。特に2005年からは委員長を仰せつかり、精力的に活動している(例えば、2006年10月に国立博物館にて科学教室を開催)。
 
 
本学に赴任して以来、「Progress Report」と称して研究室の教育研究活動に関する報告書を作成し発行している。これにより、研究室の学生の意識の向上にも役立ち、効果を発揮している。
 
 
普段から英語に慣れておくことが重要であると考え、研究室の定例ミーティングの中で定期的に英語によるミーティングを行っている。また、2006年度からは研究グループごとに行われる毎回の進捗報告も英語で行うことを義務付けている。