言語の選択:

外国語学部 イスパニア語学科

研究者リスト >> 西村 君代
 

西村 君代

 
アバター
研究者氏名西村 君代
 
ニシムラ キミヨ
所属上智大学
部署外国語学部イスパニア語学科
職名教授
学位学士(言語・地域文化)(大阪外国語大学), 修士(言語・文化学)(大阪外国語大学), 博士(言語文化学)(大阪外国語大学)
科研費研究者番号10365679
J-Global ID200901057342050034

プロフィール

スペイン語言語学を専攻として,スペイン語の語形成、なかでも縮小辞を主に研究してきました。
また,スペイン語研究者としての立場から,スペイン語教育に貢献することを目指しています。
文法と聞くとそれだけで嫌悪感を持つ学生が多いですが,スペイン語の使い手となるためのこれ以上ない便利なツールであるということを説得力をもって示せるように,研究と教育の接点を常に考えています。

研究キーワード

 
文法記述 ,縮小辞

研究分野

 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

経歴

 
2012年4月
 - 
2012年9月
東京外国語大学  非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
早稲田大学  非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京外国語大学  非常勤講師 
 
2009年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学  非常勤講師 
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京外国語大学  非常勤講師 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
大阪外国語大学 その他(大学院) 言語社会専攻
 

受賞

 
2004年12月
第一回バルタサル・グラシアン賞
 

論文

 
 
NISHIMURA Kimiyo   
Lingüística Hispánica   42 35-52   2019年12月   
 
渡部良典   木村護朗クリストフ   原田早苗   
上智大学外国語学部紀要   (47) 211-234   2013年2月   
 
NISHIMURA Kimiyo   
Memorias del XVI Congreso Internacional (CD-ROM), Asociación de Lingüística y Filología de América Latina (ALFAL)      2011年6月   
 
西村君代   
スペイン語学研究   (25) 61-76   2010年8月   [査読有り]
 
NISHIMURA Kimiyo   
Memorias del XV Congreso Internacional (CD-ROM)、Asociación de Lingüística y Filología de América Latina (ALFAL)      2008年8月   

MISC

 
 
西村君代   
上智ヨーロッパ研究   (3) 81-92   2011年3月   

書籍等出版物

 
 
西村君代(担当:共著)
三修社   2018年4月30日   (ISBN:9784384058857)   
 
Nishimura Kimiyo(担当:分担執筆, 範囲:Capítulo I: Sufijos de persona en japonés y en español: -sha, -nin, -te vs. -dor, -nte)
Universidad Autónoma de Madrid   2018年   (ISBN:9788483446775)   
 
 
西村君代(担当:共編者(共編著 者), 範囲:pp. 15-28)
くろしお出版   2015年6月30日   (ISBN:9784874246641)   
 
西村君代(担当:単著)
白水社   2014年7月30日   (ISBN:9784560086735)   

講演・口頭発表等

 
 
西村君代   
東京スペイン語学研究会   2021年1月30日   
 
西村君代   
SELE2019   2019年8月28日   
 
NISHIMURA KIMIYO   NAKAJIMA SAYAKA   ÁNGELA YAMAURA   
2019年5月18日   
 
西村君代   
SELE2017   2017年9月1日   
 

所属学協会

 
 
   
 
日本イスパニヤ学会
 
   
 
Sociedad Española de Lingüística
 
   
 
Asociación de Lingüística y Filología de América Latina
 
   
 
日本言語学会
 
   
 
CANELA

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
地理的変異に基づく現代スペイン語文法の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
高垣 敏博 西村 君代 宮本 正美 福嶌 教隆 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
『スペイン語学習のめやす』に基づく教授法・教室活動に関わる研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大森 洋子 西村 君代 四宮 瑞枝 落合 佐枝 中島 さやか 小橋 さおり 菅原 昭江 山浦 Angela 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
スペイン語学習のめやす:学習到達度とその評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大森 洋子 落合 佐枝 西村 君代 齋藤 華子 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2018年10月 - 2019年3月
 
【その他】
 2017年4月 - 2017年9月

その他

 
 
学科必修科目で使用する文法テキストを作成し、現在使用中である。今後改良・補完を重ねていき、総合的なテキストを開発する予定である。
 
 
日本人学習者の効果的な語彙習得を目指した語彙教材を、所属する研究会のメンバーと作成し出版した。現在補助教材として学科のプログラムの中で使用している。
 
 
担当する講義系科目では独自のハンドアウトを準備し、講義のポイント、理解の助けとなるような具体例などを挙げている。
 
 
担当する講義系科目において、毎回または単元ごとに小テストを実施し、履修者の復習を促すとともに、理解度を確認している。評価が期末試験に偏らないことにもつながり、概ねよい反応を得ている。
 
 
いずれの担当科目においてもテスト実施の度にコメント欄を設け、履修者からの意見を汲み取れるようにつとめている。