言語の選択:

外国語学部

研究者リスト >> FAIRBROTHER LISA
 

FAIRBROTHER LISA

 
アバター
研究者氏名FAIRBROTHER LISA
 
フェアブラザー リサ
所属上智大学
部署外国語学部英語学科
職名教授
学位B.A.(Oxford University), 学士(文学)(オックスフォード大学), 修士(文学)(千葉大学), 博士(学術)(千葉大学)
科研費研究者番号10365687
J-Global ID200901055217116187

プロフィール

研究分野は以下の通りです。
言語管理と接触場面
談話分析
社会言語学
応用言語学
第二言語教育
英語教育
異文化間インターアクション(研究テーマ)
日本の異文化間接触場面における言語とパワーの管理
接触場面における逸脱の留意
媒介言語としての英語の実際使用場面
接触場面におけるコンフリクト
留学生のインターアクション管理

研究キーワード

 
接触場面 ,実際使用場面 ,留意 ,媒介言語 ,コンフリクト ,談話分析 ,海外留学 ,規範 ,英語 ,接触場面 ,パワー ,インターアクション管理 ,言語管理 ,plurilingual speakers in the workplace

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 
  • 人文・社会 / 英語学 / 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

受賞

 
2001年9月
徳川宗政賞(社会言語科学会)
 

論文

 
 
Lisa Fairbrother   
The Japanese Journal of Language in Society   18(1) 162-175   2015年9月   [査読有り]
 
Lisa Fairbrother   
International Journal of the Sociology of Language   2015(232) 59-78   2015年3月   [査読有り][招待有り]
This article examines how participants in intercultural contact situations in Japan manage deviations relating to language and power in their daily life interactions. Based on the management summaries of eight plurilingual residents of Japan, this...
 
Lisa Fairbrother   
International Journal of the Sociology of Language   2015(232) 177-180   2015年3月   [招待有り]
 
Lisa Fairbrother   
SLOVO A SLOVESNOST   76(4) 308-310   2015年   
 
フェアブラザー・リサ   相川弘子   
接触場面における言語使用と言語態度 人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, 第278集. 接触場面の言語管理研究   11 117-129   2014年2月   

書籍等出版物

 
 
Stephanie Ann Houghton, Jeremie Bouchard(担当:共著, 範囲:Native-Speakerism and Nihonjinron in Japanese Higher Education Policy and Related Hiring Practices: A Focus on the Japanese ‘Top Global Universities’ Project, pp. 47-68)
Springer   2020年11月   
 
 
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Lisa Fairbrother   
The 7th International Language Management Symposium   2021年8月31日   
 
フェアブラザー リサ   
多言語社会と言語問題シンポジウム2020-2021 (言語管理研究会)   2021年3月6日   [招待有り]
 
The Language Management Seminar   2019年11月1日   LingPhil   [招待有り]
 
The Language Management Seminar   2019年10月31日   LingPhil   [招待有り]
 
6th International Language Management Symposium   2019年9月10日   

所属学協会

 
 
   
 
International Pragmatics Association
 
   
 
社会言語科学会
 
   
 
Asia TEFL
 
   
 
The American Association of Applied Linguistics
 
   
 
JALT

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
大学院教育の国際化にむけて:メンターシップによる院生育成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
坂本 光代 吉田 研作 渡部 良典 和泉 伸一 フェアブラザー リサ 
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月

その他

 
 
 
In this graduate course students analyse in depth the actual linguistic behaviour that occurs in the foreign language classroom and are encouraged to question whether this behaviour actually reflects the pedagogical aims. Students are required to take their own samples of data and analyse them in order to test the theories presented in the literature.