言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

松本 朗

 
アバター
研究者氏名松本 朗
 
マツモト ホガラ
所属上智大学
部署文学部英文学科
職名教授
学位B.A.(University of Washington), 学士(英文学)(ワシントン州立ワシントン大学), 修士(文学)(東京都立大学), 博士(文学)(東京都立大学)
科研費研究者番号00365678
J-Global ID200901070563427910

プロフィール

1999年ー2002年 Virginia Woolfの小説を中心とするモダニズム文学における人種とジェンダーの問題に関する研究
2003年ー2008年 戦間期イギリス文学を後期モダニズムと帝国の文化の文脈に位置づけ、再解釈する研究
2008年ー     1980年代以降のイギリスのヘリテージ映画およびポスト・ヘリテージ映画に関する研究
2014年ー     戦間期イギリスにおけるハイブラウの文学とミドルブラウの文学の相克に関する研究主に20世紀のイギリス小説を研究している。第一次大戦後に、蓄音機、ジャズ、映画など、新興国「アメリカ」の資本主義的な力を象徴するような消費文化が隆盛になることによって、戦間期のイギリス文学がどのように変容したのか、その変容を引き起こしたモダニティの条件とは何なのか、を探ることに関心を抱いている。
大学院では、以上の問題意識をもとに、最近の「モダニズム研究」や文化史の動向をふまえたうえで、テクストを精読するだけでなく、テクストに新しい光をあてる方法をメタ的に考察する授業をおこなっている。
学部生用のReadingのクラスでは、本学には卒業後に英語教育に携わる者が多いことを考慮して、精読と多読を織り交ぜるかたちで高度な英文読解能力を養うだけでなく、メタ的に「英語読解能力の向上のためにはどのような学習法が効果的か」を考えさせる授業をおこなっている。
学部生用の演習では、卒業論文の執筆を視野にいれながら、リサーチの方法、論理的思考方法、論文の作成方法を実践的に指導している。

研究キーワード

 
モダニズム ,イギリス文学、文化

研究分野

 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

論文

 
 
Hogara Matsumoto   
The Edinburgh Companion to Virginia Woolf and Contemporary Global Literature   282-296   2021年4月   [査読有り]
 
松本 朗   
土岐恒二、吉田朋正編『照応と総合ーー土岐恒二個人著作集 + シンポジウム』   932-947   2020年8月   [招待有り]
 
松本 朗   
『カナダ文学研究』   27 21-40   2019年12月   [査読有り]
 
松本朗   
『英文学と映画』   87-115   2019年3月   [招待有り]
 
松本朗   
『英文学と英語学』   (55) 25-44   2019年2月   [招待有り]

MISC

 
 
松本 朗   
215-216   2021年5月   [招待有り]
 
松本朗   
   2020年5月   [招待有り]
 
松本朗   
   2019年5月   [招待有り]
 
松本朗   
『英文学研究』   95 100-104   2018年12月   [招待有り]
 
松本朗   
『ヴァージニア・ウルフ研究』   (35) 93-97   2018年11月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
Hogara MATSUMOTO, Jeanne DUBINO, Paulina PAJAK, Catherine E. HOLLIS, Celiese LYPKA, Vara NEVEROW(担当:共著, 範囲:282-296.)
Edinburgh UP   2021年4月   
 
松本 朗, 土岐恒二, 吉田朋正(担当:共著, 範囲:932-947)
小鳥遊書房   2020年8月31日   
 
松本 朗(担当:共編者(共編著 者), 範囲:pp. 156-71, pp. 172-73.)
三修社   2019年10月15日   (ISBN:9784384059304)   
 
松本 朗(担当:共著, 範囲:pp. 234-235)
ブリタニカ・ジャパン株式会社   2019年5月1日      
 
松本 朗(担当:共著, 範囲:p. 87-115)
中央大学出版部   2019年3月15日   (ISBN:9784805753538)   

講演・口頭発表等

 
 
発表「難民たちの英文学」、シンポジアム「第二次世界大戦と英語圏文学」
松本 朗(司会・講師)   河内恵子(講師)   一谷智子(講師)   霜鳥慶邦(講師)   
日本英文学会第93回大会   2021年5月22日   [招待有り]
 
The Canadian Middlebrow?: Chatelaine and the Changing Image of Alice Munro
2019年9月13日   European Society of Periodical Studies   [招待有り]
 
「アリス・マンローの短篇小説」
松本 朗   
日本カナダ文学会第37回年次研究大会   2019年6月29日   日本カナダ文学会   [招待有り]
 
“Not Just a Middle-Class Housewife: The Representation of the Changing Roles of Women in Popular Periodicals.”
松本 朗   
2018年3月23日   パンテオン大学、Research Unit for the Documentation and Study of the History of the Greek Press (ETMIET)   [招待有り]
 
"Girl Problem in the Interwar Periodicals."
Hogara MATSUMOTO   
Sixth Annual Conference of ESPRit   2017年6月28日   ESPRit (European Society for Periodical Research)   

所属学協会

 
 
   
 
日本カナダ文学会
 
   
 
日本ワイルド協会
 
   
 
日本英文学会関東支部
 
   
 
日本ヴァージニア・ウルフ協会
 
   
 
日本英文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
 
ポスト・ニュー・ウーマンーー戦間期合衆国のモダニズムの形成におけるモダン・ガールの役割
日米教育委員会(フルブライト・ジャパン): 研究員プログラム
松本 朗 
研究期間: 2009年10月 - 2010年9月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
 2021年7月1日 - 現在
 
【その他】
 2019年4月1日 - 現在
 
【編集,運営参加・支援】
日本ヴァージニア・ウルフ協会 2021年1月1日 - 2022年12月31日
 
【その他】
 2017年12月1日 - 2018年3月31日
 
【その他】
 2017年11月1日 - 2018年3月31日

その他

 
 
イギリス文学講義においてはハンドアウトを使用している。これは単なる資料のコピーではなく講義用に作成した独自のテキストである。
 
 
イギリス文学演習において、学生たちにレポート・論文の書き方を指導することに力をいれている。学生たちが提出したレポート・論文は、草稿、最終稿の二段階にかけて、添削して返却している。
 
 
イギリス文学演習では、授業で用いるテキストのほかに、図書館にリザーブしてある指定教材を、学生が効果的に参照し、授業内での発表やレポートの執筆で生かすことができるよう、教育的配慮をしている。
 
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。