言語の選択:

総合人間科学部 社会学科

研究者リスト >> 芳賀 学
 

芳賀 学

 
アバター
研究者氏名芳賀 学
 
ハガ マナブ
所属上智大学
部署総合人間科学部社会学科
職名教授
学位文学士(東京大学), 社会学修士(東京大学)
科研費研究者番号40222210
J-Global ID200901001896179092

プロフィール

・1990年から、主として青少年研究会において、質問紙調査とフィールドワークを組み合わせて、青少年の意識と行動についての研究を行ってきた。
・1986年から、継続的に、日本における新宗教教団の研究に取り組んできた。初期には、東京大学の島薗進先生のもと、修養団捧誠会のフィールドワークを1992年頃まで行った。その後は、自分が中心となって、現代新宗教と青年との関わりについての研究や、その一環として、真如苑青年部弁論大会の研究(1995-2006)にも取り組んできた。
・ほかに、現代日本における学術出版についての研究(1999-)やお祭りの変容に関する研究(2005-)にも現在取り組んでいる。教育活動としては、学部において、社会調査士認定科目である社会調査方法論Ⅱを担当し、学生にフィールドワークを中心とした調査法を教えると同時に、宗教社会学Ⅰ(アイデンティティと宗教の近代史)、宗教社会学Ⅱ(消費社会における宗教活動)、文化社会学(現代日本社会における精神文化)の各講義を担当し、社会学的観点から、社会状況と宗教(ないし、それと隣接する精神文化)とのかかわりについて基本的な情報提供と大まかなメカニズムの理解に努めている。また、学部では、演習Ⅰ・Ⅱ(文化社会学)を担当し、広く現代社会の文化現象をターゲットに、コミュニケーションの観点からより深く読み解く方法を指導している。そして、大学院においては、宗教社会学特講Ⅰ・Ⅱを開講し、講義・輪読・自由発表などを組み合わせて、学部よりも一段踏み込んだ形で、現代社会と宗教現象との関わりについての理解に努めている。(研究テーマ)
現代日本における祝祭空間の構造変動に関する実証的研究
現代青少年の対面的コミュニケーションに関する文化社会学的研究
学術界と出版業界との制度的関連構造に関する文化社会学的研究
都市青年の意識と行動
現代新宗教における体験談活動の機能分析

研究キーワード

 
青少年 ,新宗教 ,回心物語 ,学術出版 ,祭り ,青年 ,日本人青年 ,人間関係 ,アイデンティティ ,コミュニケーション

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 
  • 人文・社会 / 宗教学 / 

経歴

 
1992年4月
 - 
2014年3月
駒澤大学文学部  非常勤講師 
 
2012年4月
 - 
2013年3月
駒澤大学  講師 
 
2011年4月
 - 
2013年3月
上智大学  総合人間科学研究科委員長 
 
2011年5月
 - 
2012年3月
文化庁  海外の宗教事情に関する調査協力者 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
駒澤大学  非常勤講師 
 

委員歴

 
2011年7月
 - 
2013年6月
東京都  都立病院倫理委員会委員
 
2009年6月
 - 
2011年5月
東京都  都立病院倫理委員会専門委員会委員
 
2009年6月
 - 
2011年5月
東京都  都立病院倫理委員会委員
 
2008年12月
 - 
2011年3月
文化庁  海外の宗教事情に関する調査協力者
 
2006年6月
 - 
2007年6月
人事院  国家公務員採用Ⅰ種試験専門委員
 

論文

 
 
芳賀学   
宗教研究   88(3) 816-823   2014年12月   [招待有り]
 
芳賀学   
上智大学社会学論集   (38) 25-42   2014年3月   
現代日本において代表的な祝祭のひとつに成長した全国のよさこい系祭りにおいて、近年実施頻度が増している「総踊り」の実態とその隆盛を支える社会的メカニズムについて考察した。
 
芳賀学   
上智大学社会学論集   (37) 1-16   2013年3月   
 
 
芳賀学   
青少年問題   60(1) 20-25   2013年1月   [招待有り]
よさこい系祭りに参加する若者たちに焦点を当てて、以前と変わらない部分と現代に固有の部分の両面について考察を加えた。

書籍等出版物

 
 
芳賀 学(担当:共著)
弘文堂   2012年12月   (ISBN:9784335551482)   
 
芳賀 学(担当:共著, 範囲:327-364)
日本図書センター   2012年3月25日   (ISBN:9784284502030)   
文化の場面で、若者たちが現在の日本社会をどのように生きているのかを明らかにする。
 
芳賀 学(担当:共編者(共編著 者))
日本図書センター   2011年5月25日   (ISBN:9784284502023)   
政治の場面で、若者たちが現在の日本社会をどのように生きているのかを明らかにする。
 
芳賀 学(担当:共著, 範囲:54-100,275-318)
新曜社   2011年2月15日   (ISBN:9784788512214)   
組織社会学・文化社会学の立場から、出版社4社を対象とする丹念なケーススタディを通して、学術書の刊行にかかわる組織的意思決定の背景と編集プロセスの諸相を浮き彫りにすること。
 
芳賀 学(担当:共編者(共編著 者))
日本図書センター   2010年10月30日   (ISBN:9784284502016)   
労働の場面で、若者たちが現代の日本社会を現在どのように生きているのかを明らかにする。

所属学協会

 
 
   
 
日本生活学会
 
   
 
国際社会学会
 
   
 
日本出版学会
 
   
 
「宗教と社会」学会
 
   
 
関東社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
 
 
都市的ライフスタイルの浸透と青年文化の変容に関する社会学的研究
文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(A)(1)): 
高橋勇悦 
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月
 
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 世田谷市民大学で、「現代日本人と宗教―癒しの場の変容を中心に」という講義を行った。 1999年4月 - 1999年7月
 
【その他】
 世田谷市民大学で、「都市青年と宗教」という講義を行った。 1997年4月 - 1997年7月

その他

 
 
担当していた社会調査方法論(現社会調査方法論Ⅱ)において、質的調査法に関して、教室で単に講義するだけではなく、その内容を体験的に理解させることを目指して、授業中に学内に出たり、翌週までの実習課題を出したりすることを行った。担当者としては、おおむね、この実習の導入により、学生たちから高い意欲を引き出すことができ、授業の目的達成にプラスの効果が認められたと考えている。
 
 
自ら担当していた講義(宗教社会学)の内容について、試験時に「何を書いても成績に影響を与えない」との約束のもとで記名で意見を集約し、翌年度以降の授業計画の作成に利用した。学生からは、進行速度、声の大きさ、説明のわかりやすさ、プリントの利用・形式などについて貴重なアドバイスや示唆が与えられたが、反面、学生間で相矛盾する要望も多かった。
 
 
宗教社会学Ⅰ・Ⅱ、文化社会学、宗教社会学特講Ⅰ・Ⅱといった、学部や大学院の授業において、単に、講義をしたり関連書籍を購読するだけではなく、ビデオ映像を活用し、現象の実態とそれについての社会学的考察に関するより深い理解を目指している。担当者の実感レベルでは、宗教や精神文化に関して、学生たちは実際に見たことも行ったこともない人がほとんどであるので、講義内容の理解に大変役立っていると考えている。