言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 竹岡 裕子
 

竹岡 裕子

 
アバター
研究者氏名竹岡 裕子
 
タケオカ ユウコ
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)
J-Global ID200901054354018811

研究キーワード

 
ペロブスカイト化合物 ,太陽電池 ,機能性高分子 ,有機-無機ハイブリッド ,生分解性高分子 ,バイオマテリアル ,共役系高分子 ,バイオセンサー

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 高分子化学 / 
  • ナノテク・材料 / 高分子材料 / 
  • ナノテク・材料 / エネルギー化学 / 
  • ナノテク・材料 / 有機機能材料 / 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 

経歴

 
2018年4月
   
 
上智大学理工学部物質生命理工学科  教授 
 
2010年4月
 - 
2018年3月
上智大学理工学部物質生命理工学科  准教授 
 
2006年4月
 - 
2010年3月
上智大学理工学部  講師 
 
2002年11月
 - 
2006年3月
独立行政法人科学技術振興機構  さきがけ研究者 兼務 
 
2001年4月
 - 
2006年3月
上智大学理工学部  助手 
 

学歴

 
 
   
 
広島女学院高等学校卒業  
 
 
   
 
上智大学理工学部化学科卒業  
 
 
   
 
上智大学大学院理工学研究科博士前期課程修了  
 
 
   
 
東京大学大学院工学系研究科博士後期課程修了  
 

受賞

 
2020年11月
Royal Society of Chemistry, Top 5% of Highly Cited Authors with RSC Journals
 
2020年3月
応用物理学会, 第10回女性研究者研究業績・人材育成賞(小舘香椎子賞)研究業績部門
竹岡裕子 
 
2019年11月
Royal Society of Chemistry, Highly Cited in Royal Society of Chemistry journals
Yuko Takeoka 
 
2009年5月
高分子学会奨励賞
 
2009年5月
資生堂サイエンスグラント
 

論文

 
 
Yasuhiro F. Miura   Yoshiya Akagi   Daizo Hishida   Yuko Takeoka   
ACS Omega   7 47812-47820   2022年12月   [査読有り]
 
Masahiro Yoshizawa-Fujita   Masanori Nakazawa   Yuko Takeoka   Masahiro Rikukawa   
Journal of Non-Crystalline Solids: X   13 100078-100078   2022年3月   [査読有り]
Ionic plastic crystals (IPCs) have been studied as solid-state proton conductors due to their properties such as non-volatility, plasticity, and high ionic conductivity. In order to further improve their proton transport property, understanding th...
 
N. Suzuki   S. Koyama   R. Koike   N. Ebara   R. Arai   Y. Takeoka   M. Rikukawa   F. -Y. Tsai   
Polymers   13(16) 2717-2717   2021年8月   [査読有り]
A few kinds of thermoresponsive diblock copolymers have been synthesized and utilized for palladium-catalyzed coupling reactions in water. Poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAAm) and poly(N,N-diethylacrylamide) (PDEAAm) are employed for thermorespon...
 
A. Ando   M. Kamikura   Y. Takeoka   M. Rikukawa   K. Nakano   M. Nagaya   H. Nagashima   M. Aizawa   
Sci. Technol. Adv. Mater.   22(1) 511-521   2021年7月   [査読有り]
Calcium-phosphate cements (CPCs) have been used as bone filling materials in orthopaedic surgery. However, CPCs are set using an acid-base reaction, and then change into stable hydroxyapatite (HAp) in a living body. Therefore, we developed bioreso...
 
Masahiro Yoshizawa-Fujita   Shunsuke Horiuchi   Tamao Uemiya   Jun Ishii   Yuko Takeoka   Masahiro Rikukawa   
FRONTIERS IN ENERGY RESEARCH   9    2021年4月   [査読有り]
Solid polymer electrolytes mainly based on polyethers have been actively investigated for over 40 years to develop safe, light, and flexible rechargeable batteries. Here, we report novel supramolecular electrolytes (SMEs) composed of polyether der...

MISC

 
 
竹岡裕子   
化学と工業   72(12) 1019   2019年12月   [招待有り]
 
竹岡裕子   
応用物理   88(8) 549-551   2019年8月   [招待有り]
 
竹岡裕子   
ソフィアサイテック   27 18-21   2016年4月   
 
竹岡裕子   
化学と教育   63(8) 369-369   2015年8月   
 

書籍等出版物

 
 
T. Miyasaka ed., Yuko Takeoka, David B. Mitzi,(担当:共著, 範囲:Chapter 2)
Wiley   2021年12月   
 
竹岡 裕子(担当:共著, 範囲:[各論]第10章)
シーエムシー出版   2021年2月   
 
 
竹岡 裕子(担当:共著)
技術教育出版社   2014年12月20日   (ISBN:9784907837259)   
 
大井, 隆夫, 板谷, 清司, 竹岡, 裕子(担当:共著)
コロナ社   2014年3月   (ISBN:9784339066319)   

講演・口頭発表等

 
 
Yuko Takeoka   
17th Pacific Polymer Conference   2022年12月12日   [招待有り]
 
川村悟史   佐々木寧々   佐藤恭子   竹岡裕子   神澤信行   
第44回バイオマテリアル学会   2022年11月22日   
 
竹岡裕子   
光塩女子学院高等学校 出張講義   2022年11月19日   [招待有り]
 
Yuko Takeoka   
MIRAI2.0 R&I Week 2022 Materials Science Session   2022年11月16日   [招待有り]
 
鶉野 弦也   阿部 健太郎   齋藤 智樹   三宅 紹心   菱田 大蔵   竹岡 裕子   藤井 彰彦   尾﨑 雅則   
電子情報通信学会 有機エレクトロニクス研究会   2022年11月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本MRS
 
   
 
応用物理学会
 
   
 
アメリカ化学会
 
   
 
高分子学会
 
   
 
日本化学会

産業財産権

 
 
 
 
西村 直之   東條 正弘   竹岡 裕子   
 
竹岡 裕子   陸川 政弘   佐藤 信吾   
 
西村 直之   東條 正弘   竹岡 裕子   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2020年10月1日 - 現在
 
【その他】
 2019年4月1日 - 現在
 
 
【企画,運営参加・支援】
 2022年6月10日 - 2024年5月31日
 
【企画,運営参加・支援】
 2022年6月16日 - 2024年3月31日

メディア報道

 
 
2022年9月   [新聞・雑誌]
 
毎日新聞全国版   2022年1月   [新聞・雑誌]
 
 
読売新聞オンライン   2017年11月   [インターネットメディア]

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。