言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

黄 光偉

 
アバター
研究者氏名黄 光偉
 
ホアン グアンウエイ
URL
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位理学学士(復旦大学), 工学修士(東京大学), 工学博士(東京大学)
科研費研究者番号30292882
J-Global ID200901038137853936

プロフィール

1996年-2000年 東京大学工学系研究科河川/流域環境研究室 3次元流れ解析、湖沼富栄養化、河川水温、局地気象モデル等について研究
2000年-2002年 金沢大学工学部水工研究室 河川流れ解析、河川構造物等について研究
2002年-2005年 新潟大学工学部水工研究室 氾濫解析、都市域水害軽減策、河川水温等について研究
2005年-2010年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 水圏環境研究室 湖沼富栄養化、河川環境、治水、流域統合管理等について研究
2011年1月-2010年9月 (独)土木研究所水災害リスクマネジメント国際センター 治水に関する研究様々な環境問題に関する最新情報および様々な観点を学生にお届けるするのは、私の講義の趣旨である。講義中、質問を介して学生と共働するのは私の講義の特色である。(研究テーマ)
水視点から見た持続可能な社会の構築

研究キーワード

 
水環境 ,脆弱性とレジリエンス ,サステナビリティ

受賞

 
1993年9月
第25回国際水理大会J.F.Kennedy Award, 第1席
 

論文

 
 
Journal of Environmental Informatics   33(2) 105-112   2019年5月   [査読有り]
 
 
Sustainability   10(12) 4385-4398   2018年11月   [査読有り]
 
Sustainability   10(6) 1773-1788   2018年5月   [査読有り]
 

書籍等出版物

 
 
Huang Guangwei(担当:その他, 範囲:Chapter 1 New Frontier in Flood Risk Management, p.3-17)
IntechOpen   2019年2月1日      
 
Huang Guangwei(担当:共著)
Springer   2018年3月1日      
 
黄 光偉(担当:共著)
Nova Science Publishers   2007年1月   (ISBN:9781594546310)   
 
黄 光偉(担当:共著)
東京大学出版会   2004年10月   (ISBN:4130611259)   

所属学協会

 
 
   
 
International Association for Hydro-Environmental Engineering
 
   
 
土木学会
 
   
 
International Society of Limnology
 
   
 
環境情報科学センター
 
   
 
水文・水資源学会

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。