言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 城座 沙蘭
 

城座 沙蘭

 
アバター
研究者氏名城座 沙蘭
 
シロザ サラン
所属上智大学
部署文学部英文学科
職名助教
学位学士(教養)(国際基督教大学), 修士(学術)(東京大学), 博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号70845114
J-Global ID200901035916144020

研究キーワード

 
ELT in Japan ,英語教育 ,World Englishes ,国際語としての英語

研究分野

 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 
  • 人文・社会 / 英語学 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

受賞

 
2014年3月
東京大学大学院総合文化研究科, 一高記念賞,最優秀博士論文
城座 沙蘭 
 
2006年3月
東京大学大学院総合文化研究科, 一高記念賞,最優秀修士論文
城座沙蘭 
 

論文

 
 
 
城座 沙蘭   
Functional Variations in English: Theoretical Considerations and Practical Challenges   277-293   2020年9月   [査読有り][招待有り]
 
城座 沙蘭   
東京大学      2014年7月   [査読有り]
 
城座 沙蘭   
Linguapax Asia: A retrospective edition of language and human rights issues   80-86   2011年   [査読有り]
 
Saran SHIROZA   
Komaba Journal of English Education   1(1) 3-29   2010年   [査読有り]

MISC

 
 
城座 沙蘭   
Kichijo   30-51   2018年3月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
Springer   2020年9月   (ISBN:9783030522247)   [査読有り]
 
城座 沙蘭(担当:共著)
旺文社   2016年10月      
 
城座 沙蘭(担当:共編者(共編著 者), 範囲:"Glocalization" of English language teaching in Japan: Establishing global principles and adopting locally appropriate practices)
ひつじ書房   2016年6月      
 
城座 沙蘭(担当:共著)
2008年      

講演・口頭発表等

 
 
Global Englishes and teaching English as a lingua franca
Robert Lowe   Saran Shiroza   Naotoshi Furuta   
上智大学英文学会 第44回   2019年10月26日   
 
The discourse on "Early English education for revitalizing local economy": Assumptions and ideologies in language education policies in rural Japan
17th Asia TEFL   2019年6月27日   
 
Disentangling the terminological confusion about Japanese English
20th International Conference of IAWE   2014年12月18日   
 
"Japanese English": a local model or a negative model?
14th International Conference of IAWE   2008年   
 
日本における「World Englishes論」の展開と限界―英語のなかの「多様性」と言語的多様性―
日本言語政策学会第9回大会   2007年   

所属学協会

 
2019年
 - 
現在
日本アジア英語学会
2017年
 - 
現在
Asia TEFL
2004年
 - 
現在
International Association for World Englishes

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Addressing Japan's International TOEFL Ranking with an ''English for Liberal Arts'' Curricular Model for Colleges and Universities
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
WADDEN Paul 小野田 榮 野村 佑子 HALE Christopher アメルズフォート マルセル 城座 沙蘭 FERREIRA Daniel 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月

その他

 
 
2011年3月 - 2011年3月
東京大学大学院 英語教育プログラム(大学英語教員養成プログラム)修了(第一期生)
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。