言語の選択:

理工学部 物質生命理工学科

研究者リスト >> 川口 眞理
 

川口 眞理

 
アバター
研究者氏名川口 眞理
 
カワグチ マリ
URLhttp://pweb.cc.sophia.ac.jp/kawaguchi/
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名准教授
学位修士(理学)(東京都立大学), 博士(理学)(上智大学)
科研費研究者番号00612095
J-Global ID201301084945465719

プロフィール

2008年~2011年 東京大学大気海洋研究所
   「孵化酵素と卵膜の分子共進化」
2011年~現在 上智大学理工学部物質生命理工学科
   「魚類の繁殖戦略の進化」(研究テーマ)
魚類の繁殖戦略の進化

研究キーワード

 
育児嚢 ,ヨウジウオ・タツノオトシゴ ,孵化

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 進化生物学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

委員歴

 
2021年9月
 - 
現在
日本魚類学会  代議員
 
2015年10月
 - 
現在
日本魚類学会  編集委員
 
2020年8月
 - 
2022年7月
日本動物学会  関東支部委員
 
2021年4月
 - 
2022年3月
日本魚類学会  学会賞選考委員
 
2019年9月
 - 
2021年9月
ユニーク会  世話人代表
 

受賞

 
2018年10月
日本魚類学会, 日本魚類学会奨励賞
川口眞理 
 
2018年8月
日本進化学会, 第20回日本進化学会 若手発表賞 口頭発表最優秀賞,孵化酵素遺伝子のイントロン消失メカニズム:分子進化におけるレトロコピーの新たな役割の考察
長澤 竜樹 川口 眞理 矢野 十織 磯山 翔 安増 茂樹 岡部 正隆 
 
2017年9月
日本魚類学会, 2017年度日本魚類学会 優秀口頭発表賞,タツノオトシゴとイシヨウジの育児嚢の組織観察
原田明里 川口眞理 
 
2004年11月
The 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC), Best Poster Prize
 

論文

 
 
Sakuto Yamanaka   Mari Kawaguchi   Shigeki Yasumasu   Kenji Sato   Masato Kinoshita   
   2024年2月
 
Christian Nanga Chick   Yusuke Sasaki   Mari Kawaguchi   Eri Tanaka   Takako Niikura   Toyonobu Usuki   
Bioorganic & Medicinal Chemistry   90 117351-117351   2023年7月   [査読有り]
 
Mari Kawaguchi   Wen-Shan Chang   Hazuki Tsuchiya   Nana Kinoshita   Akira Miyaji   Ryouka Kawahara-Miki   Kenji Tomita   Atsushi Sogabe   Makiko Yorifuji   Tomohiro Kono   Toyoji Kaneko   Shigeki Yasumasu   
Cell and Tissue Research      2023年5月
 
Masahiro Sano   Hikaru Iwashita   Chihiro Suzuki   Mari Kawaguchi   Atsuhiko Chiba   
NeuroReport   34(9) 457-462   2023年5月
 
Yuko Nakano   Tatsuki Nagasawa   Yohei Okazawa   Naoya Mashiko   Shigeki Yasumasu   Mari Kawaguchi   
Journal of Experimental Zoology Part B: Molecular and Developmental Evolution      2023年4月

MISC

 
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   磯山翔   安増茂樹   岡部正隆   
口頭発表    2018年8月   
 
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   安増茂樹   岡部正隆   
口頭発表    2017年9月   
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   安増茂樹   岡部正隆   
ポスター発表    2017年8月   
 
〇Nagasawa T   Kawaguchi M   Yano T   Yasumasu S   Okabe M   
   2017年8月   

書籍等出版物

 
 
川口 眞理(担当:その他, 範囲:Pregnancy and parturition: teleost fishes and elasmobranchs.)
Elsevier   2018年      
 
川口 眞理(担当:その他, 範囲:9章「孵化に関わる遺伝子」)
丸善   2018年      
 
川口 眞理(担当:その他, 範囲:9章「孵化に関わる遺伝子」)
丸善   2018年      
 
川口 眞理(担当:その他, 範囲:945-949)
Academic Press, Oxford   2012年12月20日   (ISBN:9780123822192)   
 
川口 眞理(担当:その他, 範囲:942-945)
Academic Press, Oxford   2012年12月20日   (ISBN:9780123822192)   

講演・口頭発表等

 
 
Mari Kawaguchi   Ryouka Kawahara-Miki   Kenji Tomita   Tomohiro Kono   Toyoji Kaneko   Shigeki Yasumasu   
EMBO | The Company of Biologists Workshop 'Trans-Scale Biology' using exotic non-model organisms, Okazaki   2023年7月   [招待有り]
 
髙野真尋   寺﨑香菜子   宮﨑朝花   玉谷亘   川口眞理   臼杵豊展   笹川展幸   平野智也   風間裕介   阿部知子   藤原誠   
第107回日本生物教育学会、群馬   2023年3月   
 
川口眞理   
第38回国際生物学賞記念シンポジウム;魚の生物学;その生態;進化と発生;Biology of Fishes;Ecology, Evolution;Development―   2022年12月   [招待有り]
 
川口眞理   湯川智史   安増茂樹   
第7回ユニーク会、名古屋   2022年9月   
 
川口眞理   川原玲香   富田憲司   河野友宏   金子豊二   安増茂樹   
第93回日本動物学会、東京   2022年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本進化学会
 
   
 
日本魚類学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
タツノオトシゴの育児嚢における胎盤様構造とその機能
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
川口 眞理 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
蛍光標識ヌクレオチドの合成とRNAイメージングへの応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
鈴木 由美子 川口 眞理 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
タツノオトシゴの育児嚢特異的な遺伝子の探査
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
川口 眞理 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
タツノオトシゴの育児嚢の形成に関わる分化因子の探査
自然科学研究機構基礎生物学研究所共同利用研究 統合ゲノミクス共同利用研究: 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
タツノオトシゴの育児嚢の形成に関わる分化因子の探査
自然科学研究機構基礎生物学研究所共同利用研究 統合ゲノミクス共同利用研究: 
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月

社会貢献活動

 
 
 
【その他】
 講演「オスが出産するタツノオトシゴ」 2018年4月15日 - 2018年4月15日
 
【その他】
 タツノオトシゴの研究を紹介するとともに、自作のタツノオトシゴペーパークラフトを配布 2017年9月23日 - 2017年9月23日
 
【その他】
 講演「オスが出産するタツノオトシゴ」 2017年4月23日 - 2017年4月23日
 
【その他】
 講演「オスが子育てをするタツノオトシゴ」 2016年6月19日 - 2016年6月19日

その他

 
 
 
 
 
2015年4月 - 2016年4月
 
 
 
2011年10月 - 2015年3月