言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 八杉 徹雄
 

八杉 徹雄

 
アバター
研究者氏名八杉 徹雄
 
 
URL
所属上智大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名准教授
学位博士(理学)(東京大学大学院)
科研費研究者番号90508110
J-Global ID201801006513941583

研究キーワード

 
ショウジョウバエ ,Proneural Wave ,数理モデリング ,神経発生

研究分野

 
  • ライフサイエンス / システムゲノム科学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 理工学部 物質生命理工学科 准教授 
 
2020年11月
 - 
2023年3月
金沢大学 新学術創成研究機構 准教授 
 
2015年11月
 - 
2020年10月
金沢大学 新学術創成研究機構 助教 
 
2014年8月
 - 
2015年10月
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 研究員 
 
2010年5月
 - 
2014年7月
オーストリア分子生物工学研究所  ポスドク研究員 
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 博士課程 理学系研究科 生物化学専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 修士課程 理学系研究科 生物化学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 理学部 生物化学科
 

論文

 
 
田中 吉太郎   八杉 徹雄   
応用数理   33(2) 72-82   2023年6月   [査読有り][招待有り]
 
Tetsuo Yasugi   Makoto Sato   
Fly   16(1) 24-36   2022年12月
Notch signalling is a well-conserved signalling pathway that regulates cell fate through cell-cell communication. A typical feature of Notch signalling is 'lateral inhibition', whereby two neighbouring cells of equivalent state of differentiation ...
 
Miaoxing Wang   Xujun Han   Chuyan Liu   Rie Takayama   Tetsuo Yasugi   Shin-Ichiro Ei   Masaharu Nagayama   Yoshitaro Tanaka   Makoto Sato   
Nature communications   12(1) 2083-2083   2021年4月
While Delta non-autonomously activates Notch in neighboring cells, it autonomously inactivates Notch through cis-inhibition, the molecular mechanism and biological roles of which remain elusive. The wave of differentiation in the Drosophila brain,...
 
Shin-Ichiro Ei   Hiroshi Ishii   Makoto Sato   Yoshitaro Tanaka   Miaoxing Wang   Tetsuo Yasugi   
Journal of mathematical biology      2020年9月   [査読有り]
In this paper, we introduce a continuation method for the spatially discretized models, while conserving the size and shape of the cells and lattices. This proposed method is realized using the shift operators and nonlocal operators of convolution...
 
Min Zhang   Kaz Nagaosa   Yuji Nakai   Tetsuo Yasugi   Masako Kushihiki   Dini Rahmatika   Makoto Sato   Akiko Shiratsuchi   Yoshinobu Nakanishi   
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2020年8月   [査読有り]
Immunity is considered to be involved in the prevention of cancer. Although both humoral and cellular immune reactions may participate, underlying mechanisms have yet to be clarified. The present study was conducted to clarify this issue using a D...

MISC

 
 
八杉 徹雄   
月刊「細胞」   53(13) 44-47   2021年11月   [招待有り]
 
Yoshitaro Tanaka   Tetsuo Yasugi   
Springer Proceedings in Mathematics & Statistics   50-68   2021年8月   [査読有り]
 
田中吉太郎   八杉徹雄   佐藤純   栄伸一郎   
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2017 43‐44   2017年9月   
 
田中吉太郎   八杉徹雄   佐藤純   長山雅晴   栄伸一郎   
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   22 ROMBUNNO.D‐05‐5   2017年5月   
 
Tetsuo Yasugi   Daiki Umetsu   Satoshi Murakami   Makoto Sato   Tetsuya Tabata   
MECHANISMS OF DEVELOPMENT   126 S193-S194   2009年8月   

講演・口頭発表等

 
 
八杉 徹雄   
第7回 新学術創成研究機構シンポジウム   2022年3月8日   
 
八杉徹雄   
多階層1細胞解析と個体モデルで実証する細胞社会ダイバーシティー   2021年9月6日   [招待有り]
 
八杉徹雄   
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター(MMDS)講演会「医学研究における数理的方法」   [招待有り]
 
第43回日本分子生物学会年会 ワークショップ「Notchシグナル伝達が描く生命の仕組み」   [招待有り]
 
Tetsuo Yasugi   
JSPS Core-to-Core Program "Establishing International Research Network of Mathematical Oncology -Fusion of Mathematics and Biology"   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本発生生物学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ショウジョウバエ視覚中枢をモデルとした組織形成ダイナミクスの理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
八杉 徹雄 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
ショウジョウバエ視覚中枢をモデルとした数理予測の実証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
八杉 徹雄 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
「分化の波」の進行を制御する複数シグナルの相互作用の理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
八杉 徹雄 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
「分化の波」の進行の数理モデルによる理解と生体内での検証
公益財団法人 武田科学振興財団: 2018年度ライフサイエンス研究助成
八杉 徹雄 
研究期間: 2018年11月 - 2021年5月
 
時空間パターンを記述する新規数理モデルの創出と検証
公益財団法人 上原記念生命科学財団: 2019年度研究助成金
研究期間: 2020年2月 - 2021年4月

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。