言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 永富 友海
 

永富 友海

 
アバター
研究者氏名永富 友海
 
ナガトミ トモミ
所属上智大学
部署文学部英文学科
職名教授
学位文学士(津田塾大学), 文学修士(慶應義塾大学), 文学修士(東京大学), D.Phil(University of Sussex), 博士(サセックス大学)
科研費研究者番号60305399
J-Global ID200901036943660444

プロフィール

1.1995年10月~1996年9月 Sussex Universityにおいて、Marriage with a Deceased Wife's Sister Billについての史料収集と調査分析をおこなう。
2.1999年~2000年「ヴィクトリア朝小説における血縁と類縁」の研究をおこなう
3.2002年~2004年「ヴィクトリア朝小説における家族パラダイムの変換の核としての従兄弟/従姉妹表象」の研究をおこなう
4.2005年~2007年「19世紀イギリス小説における相続と擬似父親」の研究をおこなう
5.2008年~2010年「19世紀イギリス小説における結婚法変遷の意味作用の分析」の研究をおこなう
6.2011年~2013年「19世紀イギリス小説における『違法性』の表象の分析」の研究をおこなう
7.2014年~2016年「19世紀イギリス小説における「スキットルズ」の痕跡研究」をおこなう
8.2018年~ 「19世紀イギリス小説史の正典形成とセンセーショナリズム」の研究を続行中結婚と相続をプロットの基盤とする19世紀イギリス小説を、身内/他者の境界線に位置する従兄弟/従姉妹、義兄弟/義姉妹に着目しながら、血縁と類縁のディスコースとして読み解くことにより、イギリス小説史の新たな見取り図を描き出すことが現在の研究の目的である。
教育面については、学生の言語能力の低下、文学への興味のなさ、発信への欲望に比して、受容への関心の低さという現状に対する打開策として、1)英文和訳を通じて日本語への過剰な意識を高める 2)短編小説などの文学的素材へのアプローチを一年時から集中的に行うことにより、文学の言語への理解をうながす 3)言語化されていない登場人物の心情を議論させることにより、思考力と想像力を養わせる 4)短い短編を自宅で学習させ、内容把握の小テストを行い、他者による説明解釈を経ない時点での理解度を学生各人に認識させることにより、相互的な意見交換の重要性を理解させるといった授業運営をおこなっている。また授業外の活動として、科学研究費補助金により、現代作家を招いての討論会、読書アンケートなどの活動を行っている。(研究テーマ)
ヴィクトリア朝小説における家族パラダイムの変遷の核としての従兄弟/従姉妹表象
19世紀イギリス小説における相続と疑似父親
19世紀イギリス小説における結婚法変遷の意味作用の分析
19世紀イギリス小説における「違法性」の表象の分析
19世紀イギリス小説における「スキットルズ」の痕跡研究
19世紀イギリス小説史の正典形成とセンセーショナリズム

研究キーワード

 
血縁/類縁 ,私生児 ,売春婦 ,身内/他者 ,結婚法

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文学一般 / 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
2020年9月
立教大学  非常勤講師 
 
2004年4月
 - 
2010年3月
東京芸術大学  非常勤講師 
 
2005年4月
 - 
2005年9月
東京女子大学  非常勤講師 
 
1998年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学  講師、助教授 
 
1998年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学  講師、助教授 
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京大学 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京大学 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻
 

論文

 
 
 
Tomomi NAGATOMI   
Fathom: a French e-journal of Thomas Hardy studies   (2)    2013年6月   [査読有り][招待有り]
 
永富友海   
英文学と英語学   (48) 15-39   2012年2月   
19世紀イギリス小説を結婚と相続という観点から捉えなおす試みのひとつのケース・スタディとして、主流の小説(ディケンズ)と傍流の小説(センセーション・ノヴェル)が、身内(兄弟姉妹)のレトリックを軸として取り結ぶ関係性をあぶり出した。
 
永富友海   
大会proceedings   82 122-124   2010年5月   
19世紀イギリスの「自伝」のなかで、知名度がありながらも、実際に読まれることの少なかった作品ーーHarriet Martineau, Margaret OliphantのAn Autobiography、Anthony TrollopeのAn Autobiography、John RuskinのPraetarita、John Henry NewmanのApologia Pro Vita Suaーーをとりあげ、各テクストの特性を探ることを目的とするシンポジウムのなかで、Martineau、O...
 
永富 友海   
日本ハーディ協会ニュース   (65) 4-5   2009年4月   

MISC

 
 
ハーディ研究   45 141-148   2019年9月   
 
『ヴィクトリア朝文化研究』   15 132-136   2017年   [査読有り][招待有り]
 
Studies in English Literature: English Number   59 53-59   2017年   [査読有り][招待有り]
 
永富友海   
ハーディ研究   41 67-73   2015年9月   [招待有り]
 
永富友海訳   
英文学と英語学   (49) 31-151   2013年2月

書籍等出版物

 
 
永富友海(担当:共著, 範囲:77-108)
英宝社   2021年4月   
 
永富 友海(範囲:pp. 29-71)
英宝社   2019年5月20日   (ISBN:9784269721524)   
 
 
永富 友海(担当:共著, 範囲:pp.129-153)
英宝社   2015年5月20日   (ISBN:9784269721364)   
 
永富 友海(担当:共著, 範囲:pp.197-218)
松柏社   2014年6月15日   (ISBN:9784775401910)   
19世紀の英国小説研究の新しい傾向を踏まえつつ、小説を読む意味を問い直す

講演・口頭発表等

 
 
ヴィクトリア朝小説におけるセンセーショナリズムについての一考察――トマス・ハーディとM・E ・ブラッドン
日本ハーディ協会第60回大会   2017年11月11日   日本ハーディ学会   
 
センセーション・ノヴェルと相続の(不)可能性
永富 友海   
日本ハーディ協会第53回大会シンポジウム「ハーディとカントリーハウスの伝統」   2010年10月30日   日本ハーディ協会   
Hardyは、処女作Desperate Remediesにおいて、すべての謎の根源にillegitimacyを潜ませた点で、センセーション・ノヴェルの領袖たるWilkie Collinsの手法を正しく模倣したといえる。出生に関する秘密を起源とするナラティヴが行き着く先は、誰が土地、屋敷、財産を相続するのかという問題である。センセーション・ノヴェルが秘める転覆的な力の一端はしたがって、エンディングのあり方に現れるといっても過言ではない。Desperate Remediesのエンディングは、C...
 
The Narrative Silence in The Mayor of Casterbridge
NAGATOMI TOMOMI   
Silence in Thomas Hardy’s Work   2010年10月22日   Colloque Thomas Hardy   
One of the most conspicuous narrative blanks or silence, of the corpus of Thomas Hardy’s works is to be found in The Mayor of Casterbridge: a span of 18 years, following the notoriously dramatic episode in which Michael Henchard sells his wife in ...
 
Female Autobiography: Harriet Martineau and Margaret Oliphant
永富 友海   
日本英文学会第82会大会Symposium   2010年9月15日   日本英文学会   
19世紀イギリスの「自伝」のなかで、知名度がありながらも、実際に読まれることの少なかった作品ーーHarriet Martineau, Margaret OliphantのAn Autobiography、Anthony TrollopeのAn Autobiography、John RuskinのPraetarita、John Henry NewmanのApologia Pro Vita Suaーーをとりあげ、各テクストの特性を探ることを目的とするシンポジウムのなかで、Martineau、O...
 
『カースタブリッジの町長』における空白の意味
永富 友海   
日本ハーディ協会第51回大会研究発表   2008年11月1日   

所属学協会

 
 
   
 
日本英文学会
 
   
 
日本ハーディ協会
 
   
 
BAVS
 
   
 
NAVSA
 
   
 
AVSA

社会貢献活動

 
 
【編集】
 2020年4月 - 現在
 
【その他】
 2019年4月
 
【その他】
 2018年4月 - 2019年3月
 
【その他】
 2011年4月1日 - 2013年3月31日

その他

 
 
科学研究費補助金基盤研究(B)「文学創造の現場と文学史」(課題番号:17320052)により、現在日本の文壇で活躍中の若手作家の方々を少人数のゼミにお招きし、読書アンケートに基づいた対話の場を設けることによって、「文学」に対する学生の関心を意識的に引き出すことを目指していている。
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。