言語の選択:

総合人間科学部 社会福祉学科

研究者リスト >> 岡 知史
 

岡 知史

 
アバター
研究者氏名岡 知史
 
オカ トモフミ
URLhttps://publons.com/researcher/1431544/tomofumi-oka/
所属上智大学
部署総合人間科学部
職名教授
学位PhD (Social Work)(Cardiff University), 修士(学術)(大阪市立大学)
科研費研究者番号50194329
ORCID ID0000-0002-7451-9628
J-Global ID201701009755784433

プロフィール

1958年8月 兵庫県 姫路市生まれ 姫路市立 大津小学校卒 姫路市立 広畑中学校卒 兵庫県立 姫路西高等学校卒 雑誌の編集委員会委員等 Qualitative Social Work(2001年-現在, Sage) The Qualitative Report(2005年-現在, Nova Southeastern University) International Journal of Self-Help and Self Care (2010年-2014年, Baywood) Voluntaristics Review Brill Research Perspectives (2017年-現在, Brill)
Qualitative Social Sciences (2021年3月-, DergiPark, Turkey) Society (an active reviewer, 2019.05-2020.04, Universitas Bangka Belitung, accredited by the Ministry of Research, Technology and Higher Education of the Republic of Indonesia)

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部 教授 
 
2004年4月
 - 
2005年3月
上智大学 文学部 教授 
 
2004年
 - 
2005年
George Mason University Department of Sociology and Anthropology Affiliate Professor 
 
1996年4月
 - 
2004年3月
上智大学 文学部 社会福祉学科 助教授 
 
1991年4月
 - 
1996年3月
上智大学 文学部 社会福祉学科 講師 
 

学歴

 
1995年10月
 - 
2003年2月
The University of Wales Cardiff, School of Social and Administrative Studies 
 
1983年4月
 - 
1985年3月
大阪市立大学大学院 生活科学研究科前期博士課程 社会福祉学専攻
 
1982年4月
 - 
1983年3月
日本社会事業大学 社会福祉学部 社会事業学科編入学(退学)
 
1978年4月
 - 
1982年3月
富山大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
公益社団法人全日本断酒連盟  顧問
 
 
 - 
現在
一般社団法人全国自死遺族連絡会  外部評議員
 
2017年12月
 - 
2018年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)基盤研究(A)担当委員
 
2016年12月
 - 
2017年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)委員
 
2010年12月
 - 
2011年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)委員
 

受賞

 
2004年
日本社会福祉学会, 学術賞
岡 知史 
 

論文

 
 
Tomofumi Oka   
The Community Psychologist   53(2) 19-21   2020年4月   [査読有り]
 
Tomofumi Oka   Nur Atikah Mohamed Hussin   Anneli Silvén Hagström   
The IAFOR International Conference on the Social Sciences – Hawaii 2017 Official Conference Proceedings   53-65   2017年4月   [査読有り]
The Diversity of Indigenous Wisdom on Grief: Exploring Social Work Approaches to Bereavement (Tomofumi Oka, Nur Atikah Mohamed Hussin, & Anneli Silvén Hagström, 2017). The IAFOR International Conference on the Social Sciences – Hawaii 2017 Off...
 
Carol Munn-Giddings   Tomofumi Oka   Thomasina Borkman   Grace L. Chikoto   Jürgen Matzat   Rolando Montaño-Fraire   
The Palgrave Handbook of Volunteering, Civic Participation, and Nonprofit Associations   1 393-416   2017年1月   [招待有り]
This chapter explores a type of formal volunteering, carried out in groups, by peers who share a problematic health, economic, or social condition or situation. Peers meet together in self-help/mutual aid groups (SH/MAGs) to alleviate or improve t...
 
 
Chenhall, Richard   Tomofumi Oka   
Japanese Studies   36(1) 105-124   2016年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
岡知史(担当:分担執筆, 範囲:セルフヘルプ・グループ)
ミネルヴァ書房   2020年   
空閑浩人・白澤政和・和気純子編(2020)『新MINERVA社会福祉士養成テキストブック:ソーシャルワークの理論と方法Ⅰ』第8章第2節 セルフヘルプ・グループ
 
 
岡 知史(担当:単著)
星和書店   1999年2月   (ISBN:4791103912)   
 
岡 知史
大阪ボランティア協会   1997年      
 
岡 知史(担当:単著)
大阪ボランティア協会・出版部   1991年11月1日   (ISBN:487308007X)   

講演・口頭発表等

 
 
A half-century-old Japanese therapeutic community of male alcoholics in Japan: Danshu-Dojo’s application of Zen Buddhism to overcome alcoholism
Tomofumi Oka   Richard Chenhall   
USM-International Conference on Social Sciences 2019   2019年8月21日   the School of Social Sciences, Universiti Sains Malaysia   
 
Self-help groups for family survivors of suicide in Japan: How they operate their meetings for sharing their experience.
岡知史   田中幸子   
the 9th International Conference on Social Work in Health and Mental Health   2019年7月22日   the University of York   
Oka, T., & Tanaka, S. (2019). Self-help groups for family survivors of suicide in Japan: How they operate their meetings for sharing their experience. Paper that will be presented at the 9th International Conference on Social Work in Health and Me...
 
Isolated Leaders of Self-Help Groups in the Internet Age
岡 知史   
19th International Conference on Diversity in Organizations, Communities & Nations   2019年6月5日   
 
The Professor’s Dilemma: When Japanese University Research Ethics Committee Guidance Hinders Qualitative Inquiry in Partnership with People
岡 知史   
The Qualitative Report's 10th Annual Conference   2019年1月16日   Nova Southeastern University   
"The Professor’s Dilemma: When Japanese University Research Ethics Committee Guidance Hinders Qualitative Inquiry in Partnership with People" Presented at The Qualitative Report's 10th Annual Conference (TQR2019) at Nova Southeastern University on...
 
The knowledge base of self-help groups in Japan: Experience, popular psychology, and indigenous/religious knowledge
岡 知史   
the 3rd International Social Development Conference   2018年8月8日   School of Applied Psychology, Social Work and Policy, Universiti Utara Malaysia   
The knowledge base of self-help groups in Japan: Experience, popular psychology, and indigenous/religious knowledge (Tomofumi Oka, 2018). Paper presented at the 3rd International Social Development Conference 2018 (Organised by School of Applied P...

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
社会福祉研究法基礎演習(大学院) (上智大学)
 
   
 
当事者福祉論 (上智大学)
 
   
 
社会福祉現場実習 (上智大学)
 
   
 
コミュニティソーシャルワーク (上智大学)
 
   
 
ソーシャルワーク論Ⅲ(グループワーク) (上智大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本ソーシャルワーク学会
 
   
 
日本地域福祉学会
 
   
 
日本社会福祉学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
自助グループにおけるスピリチュアリティと組織論の参加的アクションリサーチ
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
自助集団のスピリチュアリティと土着の知の融合:通俗心理学の言説に対抗して
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
医療化社会での自助集団の世界観の発展と再生:自死遺族と酒害者をめぐる比較事例研究
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2011年 - 2015年
 
非欧米系自助組織としての断酒会の組織メタファー:アボリジニ組織との比較を通して
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2007年 - 2010年
 
セルフヘルプグループの組織論的課題解明のためのストーリー及びメタファーの分析
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2003年 - 2006年

MISC

 
 
岡知史   
第14回全国自死遺族フォーラム(仙台市)基調講演      2021年9月
 
岡知史   
第13回全国自死遺族フォーラム(東京都千代田区)・基調講演      2020年9月
 
岡 知史   
第12回全国自死遺族フォーラム(宇都宮市)基調講演      2019年9月   
2019.09.14.第12回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)講演『自死遺族の自助グループについて』(場所:宇都宮市:TKP宇都宮カンファレンスセンター地下1階)
 
岡 知史   
白崎:和歌山断酒道場創立50周年記念号      2019年4月   
 
上智福岡中学高等学校・出張授業      2019年2月   
上智福岡中学高等学校・出張授業