言語の選択:

理工学部 物質生命理工学科

研究者リスト >> 冬月 世馬
 

冬月 世馬

 
アバター
研究者氏名冬月 世馬
 
フユツキ セバ
URLhttp://www.seba-ken.com/
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名准教授
学位準学士(工学)(富山工業高等専門学校), 学士(理学)(金沢大学), 修士(理学)(金沢大学), 博士(理学)(東京工業大学)
科研費研究者番号00595754
J-Global ID201301046741049318

プロフィール

2004/10-2007/3 東京工業大学 21紀COE プロジェクト、RA
2008/4-2008/7 東京工業大学 大学院総合理工学研究科、特別研究員
2008/8-2010/9 学術振興会(東京工業大学 所属)、外国人特別研究員
2010/10-2011/9 東京工業大学 大学院総合理工学研究科、産学官連帯研究員
2011/10-2012/9 東京工業大学 大学院地球惑星専攻、次世代研究開発支援プログラム研究員
2012/9-2014/3 上智大学 理工学部 物質生命理工学科、理工学部講師(嘱託)
2014/4-2017/3 上智大学 理工学部 物質生命理工学科、助教
2017/4-    上智大学 理工学部 物質生命理工学科、准教授
 私の研究室の主なテーマは、大気中における化学変化と大気の進化や変化である。具体的には、分子同士の反応と分子と光の反応が大気に与える影響、生命の誕生や進化と地球化学の関係性、および大気圏と地球の関係性を調べている。近未来人工衛星による系外惑星の測定が可能になったことで、これまで不可能であった大気の観測が可能になり、大気組成の推定も可能になった。しかし、その組成分は生命が生成しているのかは明らかになっておらず、惑星化学による生成の可能性を調べる必要がある。本研究テーマを追求することにより、地球外の生命を見つけ出す手がかりを作り、人類にとってどのような意味を持つのか明らかになる。

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 大気水圏科学 / 

経歴

 
2011年10月
 - 
2012年9月
東京工業大学大学院地球惑星専攻  研究員 
 
2010年10月
 - 
2011年9月
東京工業大学大学院総合理工学研究科  研究員 
 
2008年8月
 - 
2010年9月
日本学術振興会  対象外 
 
2008年4月
 - 
2008年7月
東京工業大学大学院総合理工学研究科  対象外 
 
2004年10月
 - 
2007年3月
東京工業大学  対象外 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 環境理工学創造専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
金沢大学 自然科学研究科(学習院大学、甲南大学以外の大学) 物質化学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
金沢大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2023年7月
日本地球化学会, 2023年 Geochemical Journal 論文賞,Absorption spectra measurements at ~1 cm–1 spectral resolution of 32S, 33S, 34S, and 36S sulfur dioxide for the 206–220 nm region and applications to modeling of the isotopic self-shielding
Yoshiaki Endo Sebastian O. Danielache Moeko Ogawa Yuichiro Ueno 
 

論文

 
 
Yuanzhe Li   Sebastian Oscar Danielache   Yoshiaki Endo   shinkoh Nanbu   Yuichiro Ueno   
   2024年3月   
 
Kazuki Kamezaki   Sebastian O. Danielache   Shigeyuki Ishidoya   Takahisa Maeda   Shohei Murayama   
   2023年10月   [査読有り]
Abstract. Carbonyl sulfide (COS), the most abundant sulfur-containing gas in the atmosphere, is a source of stratospheric sulfate aerosol (SSA) and is used as a tracer for gross primary production (GPP). However, tropospheric COS sources and sinks...
 
Yuanzhe Li   Kazuki Kamezaki   Sebastian Oscar Danielache   
   2023年9月   
 
 

MISC

 
 
Cleaves, H. J   Laneuville, M   Danielache, S   
The First Billion Years: Habitability   2134 1045   2019年9月   [査読有り]
 
ダニエラチェ セバスティアン   吉川 知里   梶野 瑞王   伊藤 聡士   掛谷 航   吉田 尚弘   五十嵐 康人   
日本地球化学会年会要旨集   64(0) 62-62   2017年   
<p>We present a numerical study carried out with a regional Eulerian-Lagrangian hybrid model to account for the transport, deposition and radioactive decay of 35S in Sulphur Dioxide and sulfate aerosols emitted into the atmosphere at th...
 
Sebastian Danielache   C. Eskebjerg   Matthew Johnson   Yuichiro Ueno   Naohiro Yoshida   
J. Geophys. Res.   113(D17) D17314   2008年9月   
We report measurements of the ultraviolet absorption cross sections of &lt; sup &gt; 32 &lt; /sup &gt; SO &lt; inf &gt; 2 &lt; /inf &gt; , &lt; sup &gt; 33 &lt; /sup &gt; SO &lt; inf &gt; 2 &lt; /inf &gt; , and &lt; sup &gt; 34 &lt; /sup &gt; SO &...

講演・口頭発表等

 
 
亀崎和輝   冬月世馬   石戸谷重之   前田高尚   村山昌平   
第28回大気化学討論会   2023年11月20日   
 
Seba Fuyutsuki   Masahiro Ikoma   Yamila Miguel   
Ariel Consortion Meeting, Budapest 2023   2023年10月27日   
 
ダニエラチェ セバスティアン   藤原 綾香   南部 伸孝   
日本惑星科学会2023年秋季講演会   2023年10月13日   
 
LI YUANZHE   冬月世馬   上野 雄一郎   
⽇本地球化学会 第70回年会   2023年9月23日   
 
川﨑涼   冬月世馬   Li Yuanzhe   
⽇本地球化学会 第70回年会   2023年9月23日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月

その他

 
 
2019年10月 - 現在
 
 
2018年10月 - 現在
 
 
 
 
2014年10月 - 現在
 
 
2014年10月 - 現在