言語の選択:

理工学部 機能創造理工学科

研究者リスト >> 田中 秀岳
 

田中 秀岳

 
アバター
研究者氏名田中 秀岳
 
タナカ ヒデタケ
所属上智大学
部署理工学部機能創造理工学科
職名准教授
学位博士(工学)(金沢大学)
J-Global ID201501008705364823

プロフィール

(研究テーマ)
傾斜プラネタリ加工及びオービタル加工によるCFRPの高品位穴あけ
ダイヤモンドバニシング工具に関する研究
CADデータに基づいた熱可塑性CFRPの逐次成形による新たな3次元プリンティング
レプリカ法による工具摩耗評価
展開図を用いたCFRPを用いたシェル形状3次元造形法の開発研究
自動旋盤を用いた切削・接合・塑性複合加工に関する研究
機能性樹脂材料の放電援用旋削加工(EDAT)に関する研究
テクスチャを有する油静圧案内面の摩擦力測定に関する研究
ミーリングチャックの把持力分布測定装置の開発研究

研究キーワード

 
切削加工 ,品質工学 ,塑性加工 ,CAD/CAM ,炭素繊維強化樹脂

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学 / 

論文

 
 
Hidetake Tanaka   Ryuta Kuboshima   
International Journal of Automation Technology   18(3) 366-373   2024年5月   [査読有り]
The demand for carbon fiber reinforced plastics (CFRP), classified as functional resins, has increased for micromachined products that are manufactured using lathes and used in the medical field. However, the problems with machining CFRP include t...
 
Tatsuki Ikari   Hidetake Tanaka   
International Journal of Automation Technology   18(3) 433-443   2024年5月   [査読有り]
Although, three-dimensional printing has several advantages, however there are currently many limitations. In particular, printed products using composite materials such as fiber-reinforced plastic have yet to achieve the same mechanical propertie...
 
Hidetake Tanaka   Yuuki Nishimura   Tatsuki Ikari   Emir Yilmaz   
International Journal of Automation Technology   18(1) 128-134   2024年1月   [査読有り]
Carbon fiber reinforced plastic (CFRP) is a composite material with high specific strength and is applied to transportation and aviation equipment. However, conventional processing methods require large-scale production apparatus or a high level o...
 
Hidetake Tanaka   
Solid State Phenomena   354 91-98   2023年12月   [査読有り]
The Swiss-type automatic lathe is designed for continuous mass production of the same product. In the research, the authors propose a combined turning process in which a joining process using the frictional welding method is introduced into the au...
 
田中 秀岳   山本 大雅   北風 絢子   鈴木 敏之   中谷 尊一   
精密工学会誌   89(8) 648-653   2023年8月   [査読有り]

MISC

 
 
田中 秀岳   
精密工学会誌   81(6) 507-510   2015年
 
高杉 敬吾   田中 秀岳   城野 麻美   浅川 直紀   
精密工学会学術講演会講演論文集   2011(0) 333-334   2011年   
本研究では産業用ロボットを用いたインクリメンタルハンマリング用工具経路の生成法について述べる.インクリメンタルハンマリングとは,板材に対し逐次的打撃により張り出し成形を行う加工法である.本加工法は切削加工とは異なり,成形過程が加工結果に対して大きく影響を及ぼす.本報ではこのような本加工法における成形特性を考慮した工具経路生成法を提案し,実験によって有効性を確認したので報告する.

講演・口頭発表等

 
 
高杉敬吾   田中秀岳   城野麻美   浅川直紀   
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2011年9月5日   公益社団法人 精密工学会   
本研究では産業用ロボットを用いたインクリメンタルハンマリング用工具経路の生成法について述べる.インクリメンタルハンマリングとは,板材に対し逐次的打撃により張り出し成形を行う加工法である.本加工法は切削加工とは異なり,成形過程が加工結果に対して大きく影響を及ぼす.本報ではこのような本加工法における成形特性を考慮した工具経路生成法を提案し,実験によって有効性を確認したので報告する.
 
城野 麻未   高杉 敬吾   田中 秀岳   浅川 直紀   
精密工学会学術講演会講演論文集   2011年1月1日   精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering   
現在,塑性加工分野において,金型を用いずに加工を行うインクリメンタルフォーミング(逐次成形法)が注目されている.そこで本研究では,鍛金ハンマの動作を自動化するハンマリングユニットと6自由度の産業用ロボットを用い,数値制御による鍛金加工システムの構築を行っている.本報では,熱間加工に着目し,新システムを用いて実験を行ったので,その結果について報告する.
 
城野 麻未   高杉 敬吾   田中 秀岳   浅川 直紀   
精密工学会学術講演会講演論文集   2011年1月1日   精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering   
現在,塑性加工分野において,金型を用いずに加工を行うインクリメンタルフォーミング(逐次成形法) が注目されている.そこで本研究では,鍛金ハンマの動作を自動化するハンマリングユニットと6自由度の産業用ロボットを用いて,数値制御による鍛金加工システムの構築を行っている.本報では,熱間加工における加熱領域に着目して実験を行ったので,その結果について報告する.
 
TANAKA Hidetake   ASAKAWA Naoki   SHINTANI Toshihiko   HIRAO Masatoshi   
Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21   2005年10月18日   一般社団法人日本機械学会   
The study deals with a development of a forging type rapid prototyping system on the basis of CAD data. In order to automate a metal hammering working that has been operated by human handwork conventionally, an industrial robot having high degree ...
 
TANAKA Hidetake   ASAKAWA Naoki   HIRAO Masatoshi   
The Abstracts of the international conference on advanced mechatronics : toward evolutionary fusion of IT and mechatronics : ICAM   2004年   一般社団法人日本機械学会   

所属学協会

 
 
   
 
精密工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
産業用ロボット及び傾斜プラネタリ加工による炭素繊維強化樹脂の高品位穴あけ・トリミング加工の自動化
科学技術振興機構: 産学が連携した研究開発成果の展開 研究成果展開事業 地域産学バリュープログラム
田中 秀岳 
研究期間: 2017年
 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
面領域の表面性状測定機を対象とした校正・測定標準面の製造と国際標準規格化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
柳 和久 明田川 正人 田中 秀岳 深津 拡也 内舘 道正 
研究期間: 2009年 - 2011年

産業財産権

 
 
 
田中秀岳   庄司哲史   
 

その他