言語の選択:

外国語学部 フランス語学科

研究者リスト >> SIMON SERVERIN
 

SIMON SERVERIN

 
アバター
研究者氏名SIMON SERVERIN
 
サルブラン シモン
所属上智大学
部署外国語学部フランス語学科
職名准教授
学位Licence(Universite Paris 7), 学士(文学・文化)(パリ第7大学), Maitrise (M1)(Universite Paris 7), 修士(文学・文化)(パリ第7大学), DEA(M2)(Universite Paris 7), DEA(M2)(文学・文化)(パリ第7大学), 博士(人間環境学)(神戸大学)
J-Global ID201901020397795221

プロフィール

(研究テーマ)
日本憲法学、日本立憲主義、政治思想

研究キーワード

 
政治社会学、法社会学、憲法学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 政治学 / 

受賞

 
2018年
SJDF, SJDF 奨励賞 発表部門,[あそぼことで、描写をする、描写をすることでよりうまく話す-日本人フランス語学習者の談話スキルを開発するための練習]
 
2018年
SJDF, SJDF 奨励賞 論文部門
 

論文

 
 
Simon Serverin   
Droit et société   N° 109(3) 785-808   2021年12月   [査読有り][招待有り]
 
Simon Serverin   
Jus Politicum http://juspoliticum.com/numero/ Le-droit-public-et-la-Premiere-Guerre-mondiale-67.html      2016年1月   [査読有り]
戦前と戦後の日本憲法学における「グローバル思想」を検討した。憲法学の「グローバリスム」を立憲主義のグローバル化ないし普遍化として理解すると、戦前でも日本特有の「グローバル思想」が存在したと考えられる。その思想は、美濃部達吉や佐々木惣一の論文の中に形成されたと思われる。つまり、海外でうまれた理念と法解釈を「輸入」することによって、日本では、より民主主義的・合理的な社会がつくり作り出されると考えられていた。戦後でも、その精神は宮沢俊義、そして芦部信喜、樋口陽一らによって受け継がれていった。
 
Simon Serverin   
Revue du Droit Public 【公法雑誌】 2014年9‐10月号、1313-1338頁。      2014年9月   [査読有り]
日本国憲法の「カリスマ的正当性」という理論を掘り下げた。特に、その概念の哲学的・社会的な意義を考え、マックス・ヴェーバーによる「カリスマ」の概念を明らかにした上で、Paul Ricœurによる「identité narrative」の視点から再検討した。私が展開した「日本国憲法のカリスマ的正当性」という概念は、日本で議論の対象になっている。特に、樋口陽一氏、長谷部恭男氏、南野森氏によって引用され、議論された。(『論究ジュリスト』2015年春、13号、有斐閣、4、6、7頁)。
 
Simon Serverin   
『慶應法学』、慶応義塾大学大学院法務研究科、2014年4月、29号、295-324頁。   (29) 295-323   2014年4月   [査読有り]
戦後日本の憲法学は、日本国憲法に、立憲主義の「代用的」な憲法(フランス共和憲法、アメリカの独立憲法)と同様な性質を与えようとした。その試みを「カリスマ的
資質」を呼ぶことにし、その資質を日本国
憲法に付与することに成功したかを論じた。
 
Simon Serverin   
Droit et Cultures 【法と文化】 Centre d’étude Droit et cultures, Université Paris Ouest, L’Harmattan. 58号(高橋哲哉、ポール・ジョーバン他)、177-196頁。      2009年2月   [査読有り]
日本国憲法の根本的正当性説である「8月革命」説を中心に、フランスの法専門家のために、日本憲法学における国家論の特徴を明らかにした。

書籍等出版物

 
 
冨士谷, あつ子, 新川, 達郎(担当:共著, 範囲:だ3章 フランスにおけるパリテ法の継承ー「数字」は表象的革命をもたらしたのかー)
明石書店   2022年1月   (ISBN:9784750353241)
 
SERVERIN SIMON(担当:共著, 範囲:Perspectives historiques sur le concept de souveraineté dans la pensée constitutionnelle japonaise et la problématique de la révolution sans peuple)
Mare & Martin Collection : Droit Public   2018年10月   

講演・口頭発表等

 
 
サルブラン・シモン   
森林所有権制度研究会   2023年8月27日   [招待有り]
 
サルブラン・シモン   
国際女性デー記念フォーラム 政治分野におけるジェンダー平等をめざして ― 女性議員 フランスと日本   2023年3月8日   
 
Regards croisés en droit constitutionnel et droit économique - 5e Regards croisés du Réseau NihonEuropA Université de Tours Lundi 24 octobre 2022   2022年10月24日   [招待有り]
 
サルブラン シモン   
Journée pédagogique de la langue française   2021年12月12日   
 
Diane Roman(パ   Stephanie Hennette Vauchez(パリ   学教授   シモン・サルヴラン(上   
フォーラム「フランスに学ぶ-パリテ法の成果と課題」   2020年11月24日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
比較憲法論の世界的多様化時代における日本憲法研究の国際的再定位に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
新井 誠 岡田 順太 小谷 順子 横大道 聡 徳永 貴志 Serverin Simon 木下 和朗 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月

その他

 
 
2018年5月 - 2018年5月
講演会Lucien Jaume « Le citoyen en politique. Conceptions classiques et crise actuelle.” 「政治思想における「市民」伝統的な概念、現在の危機」神奈川大学横浜キャンパス