言語の選択:

基盤教育センター 身体知領域

研究者リスト >> 時野谷 勝幸
 

時野谷 勝幸

 
アバター
研究者氏名時野谷 勝幸
 
トキノヤ カツユキ
URL
所属上智大学
部署基盤教育センター 身体知領域
職名特任助教
学位修士(体育学)(筑波大学), 博士(スポーツ医学)(筑波大学)
その他の所属筑波大学 医学医療系
J-Global ID201801011535443858

研究キーワード

 
cell free DNA ,酸化ストレス ,マイオカイン ,運動 ,レナラーゼ

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 分子細胞生物学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 運動生理学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 運動生化学

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 基盤教育センター 身体知領域 特任助教 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2020年8月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
2010年4月
 - 
2014年3月
静岡大学 教育学部 生涯スポーツ専攻
 

受賞

 
2022年10月
日本ウォーキング学会, 最優秀論文賞
時野谷勝幸 
 
2022年3月
Top Cited Article in FEBS Open Bio journal (Top cited articles published between 1 Jan 2020-31 Dec 2021)
 
2021年3月
筑波大学, 令和2年度筑波大学大学院人間総合科学研究科研究科長賞
 
2018年3月
エディテージ, 英文校正グラント
 
2018年3月
国際タウリン研究会 日本部会, 研究奨励賞,タウリン添加による代謝制御に関するマイオカインの応答
時野谷勝幸 
 

論文

 
 
Dhanya R Iyer   Vikas Arige   Kalyani Ananthamohan   S Venkatasubramaniam   Katsuyuki Tokinoya   Kai Akoi   C Lisa Kurtz   Praveen Sethupathy   Kazuhiro Takekoshi   Nitish R Mahapatra   
Life sciences   121859-121859   2023年6月   [査読有り]
AIMS: Renalase, a key mediator of cross-talk between kidneys and sympathetic nervous system, exerts protective roles in various cardiovascular/renal disease states. However, molecular mechanisms underpinning renalase gene expression remain incompl...
 
Yusei Kobayashi   Hiromi Kurokawa   Katsuyuki Tokinoya   Hirofumi Matsui   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition      2023年6月   [査読有り]
 
Hui Fang   Kai Aoki   Katsuyuki Tokinoya   Masato Yonamine   Takehito Sugasawa   Yasushi Kawakami   Kazuhiro Takekoshi   
Obesities   2(3) 303-316   2022年9月   [査読有り]
Metabolic diseases caused by gene and unhealthy living habits are increasing, which seriously threaten the life of people worldwide. Moreover, the microbiome has been shown to play an active role in the prevention and treatment of metabolic diseas...
 
Takanaga Shirai   Yu Kitaoka   Kazuki Uemichi   Katsuyuki Tokinoya   Kohei Takeda   Tohru Takemasa   
Physiological reports   10(16) e15436   2022年8月   [査読有り]
Lactate is a metabolic product of glycolysis and has recently been shown to act as a signaling molecule that induces adaptations in oxidative metabolism. In this study, we investigated whether lactate administration enhanced muscle hypertrophy and...
 
Keisei Kosaki   Shota Kumamoto   Katsuyuki Tokinoya   Yasuko Yoshida   Takeshi Sugaya   Takayo Murase   Seigo Akari   Takashi Nakamura   Yoshiharu Nabekura   Kazuhiro Takekoshi   Seiji Maeda   
Journal of Applied Physiology   133(1) 1-10   2022年5月   [査読有り]
Excess activation of circulating xanthine oxidoreductase (XOR) may contribute to the pathogenesis of widespread remote organ injury, including kidney injury. The purpose of this study was to determine the acute impact of marathon running on plasma...

MISC

 
 
菅澤威仁   時野谷勝幸   関根七海   吉田保子   竹越一博   
日本理学療法学会プログラム・抄録集   69th    2021年
 
青木海   青木海   時野谷勝幸   時野谷勝幸   菅澤威仁   鈴木拓史   吉田保子   中野巧朗   竹越一博   
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75th    2021年
 
TOKINOYA Katsuyuki   SHIRAI Takanaga   SHIRAI Takanaga   AOKI Kai   SUGASAWA Takehito   TAKEMASA Tohru   TAKEKOSHI Kazuhiro   
Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   9(6)    2020年
 
Ishikura Keisuke   Tokinoya Katsuyuki   Yoshida Yasuko   Sekine Nanami   Kosaki Keisei   Kumamoto Shota   Maeda Seiji   Nabekura Yoshiharu   Takekoshi Kazuhiro   
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8(6) 369-369   2019年11月   [査読有り]
 
吉田 保子   時野谷 勝幸   菅澤 威仁   青木 海   小野 成幸   竹越 一博   
臨床病理   67(補冊) 234-234   2019年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
菅澤威仁, 時野谷勝幸(担当:共著)
コーチングクリニック,ベースボール・マガジン社   2018年7月      

講演・口頭発表等

 
 
 
Tokinoya K   
the 20th International Symposium on Chromaffin Cell Biology (ISCCB-20)   2020年1月26日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2023年4月
 - 
現在
卓球
2023年4月
 - 
現在
身体のリベラルアーツ
2023年4月
 - 
2023年8月
スポーツ実習(バスケットボール)(東京都立大学)
2023年4月
 - 
2023年8月
身体運動演習(卓球)(東京都立大学)
2021年10月
 - 
2023年3月
スポーツと身体科学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
2019年
 - 
現在
日本ウォーキング学会
2018年
 - 
現在
国際タウリン研究会 日本部会
2016年
 - 
現在
European College of Sport Science
2014年
 - 
現在
日本運動生理学会(2021年〜 評議員)
2013年
 - 
現在
日本体力医学会(2021年〜 評議員)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2023年8月 - 2025年3月
 
研究期間: 2023年12月 - 2024年12月
 
骨格筋レナラーゼ欠損における骨格筋可塑性の変化と筋収縮による分泌・発現応答の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
時野谷 勝幸 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
ノルディックウォーキングを用いたセルフリーDNA動態の検証
公益財団法人ミズノスポーツ振興財団: 2020年度 スポーツに関する科学的・学術的・医学的研究に対する助成
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月
 
運動による酸化ストレスが生理活性物質であるレナラーゼに及ぼす影響とそのメカニズム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)
時野谷勝幸 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【助言・指導】
裾野市スポーツツーリズム推進協議会 2020年 - 2021年
 
【その他】
コーニング インターナショナル株式会社 2019年6月1日 - 2020年5月31日