言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 齋藤 慈子
 

齋藤 慈子

 
アバター
研究者氏名齋藤 慈子
 
サイトウ アツコ
所属上智大学
部署総合人間科学部 心理学科
職名准教授
学位学士(教養)(東京大学), 修士(学術)(東京大学), 博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号00415572
J-Global ID201101012808812368

研究キーワード

 
養育行動 幼児図式 共同保育 伴侶動物

研究分野

 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 
  • 人文・社会 / 認知科学 / 

受賞

 
2018年9月
日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞(2018年度),ネコは同居個体の名前を知っているのか?
高木 佐保 齋藤 慈子 黒島 妃香 藤田 和生 
 

論文

 
 
Teresa Romero   Marie Ito   Atsuko Saito   Toshikazu Hasegawa   
PLOS ONE   9(8) e105963   2014年8月   [査読有り]
On the basis of observational and experimental evidence, several authors have proposed that contagious yawn is linked to our capacity for empathy, thus presenting a powerful tool to explore the root of empathy in animal evolution. The evidence for...
 
Atsuko Saito   Hiroki Hamada   Takefumi Kikusui   Kazutaka Mogi   Miho Nagasawa   Shohei Mitsui   Takashi Higuchi   Toshikazu Hasegawa   Kazuo Hiraki   
FRONTIERS IN NEUROSCIENCE   8(8 JUL)    2014年7月   [査読有り][招待有り]
The neuropeptide oxytocin plays a central role in prosocial and parental behavior in non-human mammals as well as humans. It has been suggested that oxytocin may affect visual processing of infant faces and emotional reaction to infants. Healthy m...
 
Atsuko Saito   Kazutaka Shinozuka   
ANIMAL COGNITION   16(4) 685-690   2013年7月   [査読有り]
Domestic cats have had a 10,000-year history of cohabitation with humans and seem to have the ability to communicate with humans. However, this has not been widely examined. We studied 20 domestic cats to investigate whether they could recognize t...
 
中村敏健   平石界   小田亮   齋藤慈子   坂口菊恵   五百部裕   清成透子   武田美亜   長谷川寿一   
パーソナリティ研究   20(3) 233-235   2012年   
反社会的パーソナリティとされる、マキャベリアニズム尺度の日本語版を作成し、その信頼性および妥当性の検討をおこなった。内的一貫性および、再テスト信頼性が十分認められ、サイコパシー尺度と正の、向社会的行動尺度、ビッグファイブにおける協調性と負の相関関係がみられた。
 
Atsuko Saito   Katsuki Nakamura   
JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY   197(4) 329-337   2011年4月   [査読有り]
Oxytocin facilitates social recognition in rats and mice, onset of maternal behavior in virgin mice and formation of pair bonds without copulation in prairie voles. However, the relationship between this peptide and paternal behavior in primates r...

MISC

 
 
THE SCIENCE BREAKER      2021年1月   [招待有り]
 
吉田明尚   齋藤慈子   
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   32nd    2021年
 
角田梨央   齋藤慈子   
日本教育心理学会総会発表論文集   63rd    2021年
 
前島伯郎   高木佐保   高木佐保   齋藤慈子   
日本心理学会大会発表論文集   85th    2021年
 
齋藤慈子   
KDDI総合研究所『ネクストコム』      2020年9月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
齋藤, 慈子, 服部, 円, ねこまき(担当:共著)
河出書房新社   2021年7月   (ISBN:9784309288956)
 
小田, 亮, 橋彌, 和秀, 大坪, 庸介, 平石, 界(担当:分担執筆, 範囲:項目「慈しむ」「飼う」)
朝倉書店   2021年5月   (ISBN:9784254523058)
 
井原, 泰雄, 梅崎, 昌裕, 米田, 穣(担当:分担執筆, 範囲:“コラム 霊長類の子育て”)
東京大学出版会   2021年3月   (ISBN:9784130622288)
 
京都大学CAMP, ほぼ日(担当:監修)
ポプラ社   2020年7月   (ISBN:9784591166789)
 
齋藤 慈子(担当:共編者(共編著 者))
東京大学出版会   2019年10月25日      

講演・口頭発表等

 
 
齋藤慈子   
相模女子大学人間心理学科主催講演会   2021年7月7日   [招待有り]
 
齋藤慈子   
土曜研 公益社団法人日本心理学会 発達心理学基礎研究検討会   2021年6月19日   [招待有り]
 
吉田明尚   齋藤慈子   
日本発達心理学会第31回大会   2021年3月31日   
 
齋藤慈子   
日本発達心理学会第31回大会   2021年3月30日   [招待有り]
 
齋藤慈子   
日本発達心理学会第31回大会   2021年3月29日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本家族心理学会
 
   
 
日本動物行動学会
 
   
 
日本霊長類学会
 
   
 
日本動物心理学会
 
   
 
日本進化学会

Works(作品等)

 
 
2015年4月   その他
This article reviews parental behavior and its endocrinological mechanisms in marmosets and tamarins, both cooperative breeders in the callitrichid family, and compares these findings with studies of macaque monkeys. The paper examines the similar...
 
野嵜茉莉   中村沙樹   齋藤慈子   
2014年9月   その他
親の養育態度と子の社会性の発達との関連は多くの先行研究で示されており、親の養育態度を定量的に測定することは発達研究において非常に重要である。本研究では,Robinson et al. (1995) の養育スタイル尺度をもとに、日本語版養育態度質問紙を作成し、内的一貫性を検討、因子構造を明らかにした。また、親を対象にした質問紙により測定された、子の向社会性、問題行動との間に予測された有意な相関関係がみられ、構成概念妥当性も確認された。
 
2014年5月   その他
平成23年度~平成25年度 科学研究費補助金(若手研究B)本研究は、乳幼児刺激の認知的影響を様々な角度から検討し、ストレスと養育行動の発現の関係や行動の背景にある認知的メカニズムを解明することを目的とした。フィールド実験では、乳幼児に注意を向けるのは、子どもや高齢者であることが追試されたが、乳児刺激に注意が引かれるかを検討した認知課題の結果や、尿中オキシトシン濃度と注意課題のパフォーマンスの関連、乳児刺激の注意機能への影響、嫌悪感情への影響などは、先行研究や予測とは必ずしも合致する結果が得...
 
2014年3月   その他
通行人を対象にした観察により、乳児連れに対して注意をひかれる人の属性を、また子連れ時の母親の他者からの働きかけに対する感情を面接により調べた。子どもに注意を向けるのは、幼年齢層および高年齢層であり、また母親は子を連れているときのほうが、一人でいる、あるいは大人といるときよりも他者からの働きかけをポジティブに感じていることがわかり、ヒトの共同繁殖という特性から予想される結果となった。
 
齋藤慈子   
2013年10月   その他

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
共感性の個体発生
日本学術振興会: 新学術領域研究・領域提案型
長谷川寿一 
研究期間: 2013年7月 - 現在
 
研究期間: 2010年4月 - 現在
 
 
ヒトの養育行動における快情動の役割とその進化的基盤
日本学術振興会: 基盤研究B
明和政子 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月

その他