言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 齋藤 梓
 

齋藤 梓

 
アバター
研究者氏名齋藤 梓
 
サイトウ アズサ
URL
所属上智大学
部署総合人間科学部 心理学科
職名准教授
学位学士(心理学)(上智大学), 修士(文学)(上智大学), 博士(心理学)(上智大学)
科研費研究者番号60612108
J-Global ID201301037933698345

プロフィール

上智大学卒業後、上智大学大学院博士前期課程、同後期課程に進学、臨床心理学を学ぶ。臨床心理士として精神科クリニックや感染症科(HIVカウンセラー)、小中学校(スクールカウンセラー)に勤務する一方で、東京医科歯科大学難治疾患研究所にて技術補佐員としてPTSDに対するProlonged exposure therapyの治療効果研究に携わる。2008年からは、公益社団法人被害者支援都民センターにて殺人や性暴力被害等の犯罪被害者、遺族の精神的ケア、およびトラウマ焦点化認知行動療法に取り組んできた。目白大学人間学部心理カウンセリング学科助教、目白大学心理学部心理カウンセリング学科准教授を経て、現在、上智大学総合人間科学部心理学科准教授。教育と研究に携わりながら、被害者支援の実践も継続している。臨床心理士、公認心理師、博士(心理学)。

研究キーワード

 
性暴力被害 ,犯罪被害者支援 ,トラウマ焦点化認知行動療法

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部心理学科 准教授 
 
2008年4月
 - 
現在
公益社団法人被害者支援都民センター  犯罪被害相談員 
 
2023年4月
 - 
2024年3月
目白大学 心理学部 心理カウンセリング学科 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
2024年3月
大妻女子大学大学院 人間文化研究科 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
2023年3月
目白大学心理学部心理カウンセリング学科  准教授 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2010年3月
上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士後期課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士前期課程臨床心理学コース
 
1998年4月
 - 
2002年3月
上智大学 文学部 心理学科
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
日本犯罪心理学会  関東地方区理事
 
2021年10月
 - 
2023年2月
法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会委員
 
2020年4月
 - 
2021年5月
法務省  性犯罪に関する刑事法検討会
 
2015年10月
 - 
2016年8月
法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会幹事
 
2014年10月
 - 
2015年8月
法務省  性犯罪の罰則に関する検討会委員
 

論文

 
 
Azusa Saito   Nobuko Tsuruta   Yoko Arai   Kaori Okamoto   Tomomi Narisawa   Mari Nozaki   Natsuki Konno   Nozomu Asukai   
European Journal of Psychotraumatology   15(1)    2024年1月   [査読有り]
 
齋藤梓   
トラウマティック・ストレス   21(41) 128-136   2023年12月   [招待有り]
 
齋藤梓   
有斐閣ロージャーナル      2023年10月   [招待有り]
 
齋藤梓   
目白大学心理学研究   19 1-14   2023年3月   [査読有り]
 
齋藤梓   飛鳥井望   
トラウマティック・ストレス   20(2) 165-175   2022年12月   [査読有り]

MISC

 
 
五十嵐隆   亀岡智美   飛鳥井望   高田紗英子   山本紗弥香   加藤寛   野坂祐子   斎藤梓   新井陽子   鶴田信子   岩切昌宏   瀧野揚三   浅野泰子   澤井晴子   三宅和佳子   伊庭千恵   八木淳子   市川佳世子   田中究   元村直靖   金吉晴   
被災後の子どものこころの支援に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書      2014年
 
亀岡 智美   齋藤 梓   野坂 祐子   
児童青年精神医学とその近接領域   54(1) 68-80   2013年   
 
稲垣 智則   齋藤 梓   林 幹夫   瀬戸 瑠夏   
東海大学課程資格教育センター論集   (11) 1-11   2012年   
 
齋藤 梓   鶴田 信子   飛鳥井 望   
心と社会   39(1) 88-92   2008年   
 
鶴田 信子   飛鳥井 望   齋藤 梓   
現代のエスプリ   (483) 96-104   2007年10月   

書籍等出版物

 
 
原田隆之(担当:分担執筆, 範囲:第12章 犯罪被害者支援)
ミネルヴァ書房   2024年2月   (ISBN:9784623086290)
 
金沢, 吉展, 沢宮, 容子(担当:分担執筆, 範囲:第5章 犯罪被害者の社会的支援(齋藤 梓))
東京大学出版会   2023年3月   (ISBN:9784130151757)
 
齋藤 梓, 岡本 かおり(担当:共著)
金剛出版   2022年10月6日   (ISBN:4772419225)
 
飛鳥井, 望(担当:分担執筆)
日本評論社   2021年11月4日   (ISBN:4535985030)
 
亀岡 智美, 飛鳥井 望(担当:分担執筆)
誠信書房   2021年4月5日   (ISBN:4414416760)

講演・口頭発表等

 
 
齋藤梓   
日本心理臨床学会第42回大会シンポジウム   [招待有り]
 
齋藤梓   
犯罪心理学会第61回大会   2023年9月24日   [招待有り]
 
齋藤梓   
にいがた被害者支援センター研修会   2023年9月12日   [招待有り]
 
齋藤梓   
日本臨床心理士会被害者支援定例研修会   2023年9月10日   [招待有り]
 
齋藤梓   
日弁連子ども委員会主催夏期合宿   2023年8月23日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本心理臨床学会
 
   
 
日本トラウマティックストレス学会
 
   
 
日本児童青年期精神医学会
 
   
 
日本犯罪心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
大学における第三者介入研修プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
山本 潤 家吉 望み 加納 尚美 齋藤 梓 
研究期間: 2023年4月 - 2028年3月
 
性暴力被害に直面した際の被害当事者の反応と心理
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
齋藤梓 岡本かおり 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
性被害の被害者心理と援助要請行動に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
齋藤 梓 岡本 かおり 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
TF-CBTおよびトラウマインフォームドケアの効果的な普及啓発方法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
亀岡 智美 野坂 祐子 三宅 和佳子 齋藤 梓 八木 淳子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
性被害者の援助要請行動に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
齋藤 梓 岡本 かおり 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月