言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 齋藤 梓
 

齋藤 梓

 
アバター
研究者氏名齋藤 梓
 
サイトウ アズサ
URL
所属上智大学
部署総合人間科学部 心理学科
職名准教授
学位学士(心理学)(上智大学), 修士(文学)(上智大学), 博士(心理学)(上智大学)
科研費研究者番号60612108
J-Global ID201301037933698345

プロフィール

上智大学卒業後、上智大学大学院博士前期課程、同後期課程に進学、臨床心理学を学ぶ。臨床心理士として精神科クリニックや感染症科(HIVカウンセラー)、小中学校(スクールカウンセラー)に勤務する一方で、東京医科歯科大学難治疾患研究所にて技術補佐員としてPTSDに対するProlonged exposure therapyの治療効果研究に携わる。2008年からは、公益社団法人被害者支援都民センターにて殺人や性暴力被害等の犯罪被害者、遺族の精神的ケア、およびトラウマ焦点化認知行動療法に取り組んできた。目白大学人間学部心理カウンセリング学科助教、目白大学心理学部心理カウンセリング学科准教授を経て、現在、上智大学総合人間科学部心理学科准教授。教育と研究に携わりながら、被害者支援の実践も継続している。臨床心理士、公認心理師、博士(心理学)。

研究キーワード

 
性暴力被害 ,犯罪被害者支援 ,トラウマ焦点化認知行動療法

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部心理学科 准教授 
 
2008年4月
 - 
現在
公益社団法人被害者支援都民センター  犯罪被害相談員 
 
2023年4月
 - 
2024年3月
目白大学 心理学部 心理カウンセリング学科 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
2024年3月
大妻女子大学大学院 人間文化研究科 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
2023年3月
目白大学心理学部心理カウンセリング学科  准教授 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2010年3月
上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士後期課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士前期課程臨床心理学コース
 
1998年4月
 - 
2002年3月
上智大学 文学部 心理学科
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
日本犯罪心理学会  関東地方区理事
 
2021年10月
 - 
2023年2月
法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会委員
 
2020年4月
 - 
2021年5月
法務省  性犯罪に関する刑事法検討会
 
2015年10月
 - 
2016年8月
法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会幹事
 
2014年10月
 - 
2015年8月
法務省  性犯罪の罰則に関する検討会委員
 

論文

 
 
Azusa Saito   Nobuko Tsuruta   Yoko Arai   Kaori Okamoto   Tomomi Narisawa   Mari Nozaki   Natsuki Konno   Nozomu Asukai   
European Journal of Psychotraumatology   15(1)    2024年1月   [査読有り]
 
齋藤梓   
トラウマティック・ストレス   21(41) 128-136   2023年12月   [招待有り]
 
齋藤梓   
有斐閣ロージャーナル      2023年10月   [招待有り]
 
齋藤梓   
目白大学心理学研究   19 1-14   2023年3月   [査読有り]
 
齋藤梓   飛鳥井望   
トラウマティック・ストレス   20(2) 165-175   2022年12月   [査読有り]

MISC

 
 
齋藤梓   
「みんなの安全ニュース」付録冊子   2023年9月号    2023年9月
 
齋藤梓   
「みんなの安全ニュース」付録冊子   2023年8月8日号    2023年8月   
 
岡本 かおり   齋藤 梓   大竹 裕子   
清泉女学院大学人間学部研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Human Studies Seisen Jogakuin College   (17) 25-49   2020年3月   
To clarify how victims of sexual violence consulted and reported the assault to the police, interviews were conducted with 31 survivors of sexual assault. Essential to survivors who reported the assault to the police and filed criminal proceedings...
 
今北 哲平   河村 優子   最上 多美子   斎藤 梓   古賀 捷平   岡野 太郎   ボーナー ゲルト   
日本心理学会大会発表論文集   83(0) 3A-025-3A-025   2019年
 
稲垣 智則   林 幹夫   齋藤 梓   
東海大学課程資格教育センター論集   (14) 77-83   2015年   

書籍等出版物

 
 
原田隆之(担当:分担執筆, 範囲:第12章 犯罪被害者支援)
ミネルヴァ書房   2024年2月   (ISBN:9784623086290)
 
金沢, 吉展, 沢宮, 容子(担当:分担執筆, 範囲:第5章 犯罪被害者の社会的支援(齋藤 梓))
東京大学出版会   2023年3月   (ISBN:9784130151757)
 
齋藤 梓, 岡本 かおり(担当:共著)
金剛出版   2022年10月6日   (ISBN:4772419225)
 
飛鳥井, 望(担当:分担執筆)
日本評論社   2021年11月4日   (ISBN:4535985030)
 
亀岡 智美, 飛鳥井 望(担当:分担執筆)
誠信書房   2021年4月5日   (ISBN:4414416760)

講演・口頭発表等

 
 
齋藤梓   
日本トラウマティック・ストレス学会第21回   2022年7月   [招待有り]
 
齋藤梓   
児童青年精神医学会第62回   2021年11月   [招待有り]
 
齋藤梓   
日本犯罪心理学会第59回   2021年10月   [招待有り]
 
齋藤梓   
日本トラウマティック・ストレス学会第20回   2021年7月   
 
齋藤梓   岡本かおり   新井陽子   亀岡智美   飛鳥井望   
日本トラウマティック・ストレス学会第20回   2021年7月   

所属学協会

 
 
   
 
日本心理臨床学会
 
   
 
日本トラウマティックストレス学会
 
   
 
日本児童青年期精神医学会
 
   
 
日本犯罪心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
大学における第三者介入研修プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
山本 潤 家吉 望み 加納 尚美 齋藤 梓 
研究期間: 2023年4月 - 2028年3月
 
性暴力被害に直面した際の被害当事者の反応と心理
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
齋藤梓 岡本かおり 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
性被害の被害者心理と援助要請行動に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
齋藤 梓 岡本 かおり 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
TF-CBTおよびトラウマインフォームドケアの効果的な普及啓発方法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
亀岡 智美 野坂 祐子 三宅 和佳子 齋藤 梓 八木 淳子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
性被害者の援助要請行動に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
齋藤 梓 岡本 かおり 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月