言語の選択:

法学部 地球環境法学科

研究者リスト >> 北村 喜宣
 

北村 喜宣

 
アバター
研究者氏名北村 喜宣
 
キタムラ ヨシノブ
URL
所属上智大学
部署法学部地球環境法学科
職名教授
学位法学修士(神戸大学), 「法と社会政策」学修士(カリフォルニア大学バークレー校), 法学博士(神戸大学)
その他の所属,
科研費研究者番号20214819
J-Global ID200901039001440901

プロフィール

行政法学・環境法学を専攻している。法律実施過程の実証研究を踏まえて、現行法制を批判的に検討し、よりよい法システムの探究をする点に、研究の特徴がある。 環境法関係科目の教育を担当している。最近は、地方分権時代において、環境法における国と自治体の役割はどのようにあるえきかを研究し、その成果を教育にも反映している。法律の縦割り的解説にとどまるのではなく、それが実際の法過程においてどのように動員されているか、どのような問題を抱えどのような改善策がありうるかについても、実証分析をもとに研究を進めている(研究テーマ)
行政過程の法社会学的研究
環境管理の法と政策研究
地方分権時代の法環境の研究

研究キーワード

 
環境 ,実証分析 ,地方分権 ,執行 ,条例 ,政策 ,規制

研究分野

 
  • 人文・社会 / 公法学 / 

経歴

 
1990年4月
 - 
2001年3月
横浜国立大学  助教授 
 

学歴

 
1986年8月
 - 
1988年12月
カリフォルニア大学バークレー校 法学研究科 
 
1986年8月
 - 
1988年12月
カリフォルニア大学バークレー校 法学研究科 
 
1984年4月
 - 
1986年3月
神戸大学 法学研究科 公法専攻
 
1984年4月
 - 
1986年3月
神戸大学 法学研究科 公法専攻
 
1983年4月
 - 
1984年3月
神戸大学 法学研究科 
 

委員歴

 
2010年3月
 - 
現在
公害等調整委員会  政策評価懇談会委員
 
2009年1月
 - 
現在
海上保安庁  政策アドバイザー
 
2003年5月
 - 
2004年3月
環境省自然環境局  平成15年度野生鳥獣保護管理検討会委員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
横須賀市  地方分権推進専門委員
 

受賞

 
2019年11月
都市住宅学会, 2019年都市住宅学会著作賞,『空き家問題解決のための政策法務』(第一法規、2018年)
 
2016年
都市住宅学会, 2016年都市住宅学会学会賞著作賞,『環境法』(有斐閣、2015年)
北村喜宣 
 
2015年10月
産業環境管理協会, 2014年度優秀論文表彰,「総合判断説・再考」環境管理50巻8号(2014年)
北村喜宣 
 
2014年5月
都市住宅学会, 2014年都市住宅学会賞論説賞,「空き家適正管理条例の法政策的論点」都市住宅学80号(2013年)
北村喜宣 
 
2011年5月
2011年都市住宅学会賞論説賞授賞,「地方分権改革による条例制定権拡大の法構造」都市住宅学70号(2010年)
北村喜宣 
 

論文

 
 
北村喜宣   
地域開発   (636) 11-15   2021年2月   [招待有り]
2018年制定の所有者不明土地法の特徴について、法案審議過程を振り返りながら整理した。
 
北村喜宣   
JWセンター情報   20(4) 22-25   2021年1月   [招待有り]
1970年制定の廃棄物処理法の50年間を振り返った。
 
北村喜宣   
環境新聞   8-87   2020年11月   [招待有り]
1970年制定の廃棄物処理法の50年の歴史を振り返ったもの。
 
北村喜宣   
上智法学論集   64(1・2) 33-73   2020年11月   
 
北村喜宣   
都市問題   111(11) 92-106   2020年11月   [招待有り]

MISC

 
 
北村喜宣   
自治実務セミナー   2020年(8月号) 4-5   2020年8月   [招待有り]
自治体法務検定政策法務編を受検する自治体職員に対して、今の時代に学習をする意義について解説をした。
 
北村喜宣   
JWセンター情報   20(1) 21-24   2020年4月   [招待有り]
1900年制定の汚物掃除法から1954年制定の清掃法を経て1970年の廃棄物処理法制定に至る歴史を振り返った。
 
北村喜宣   
JWセンター情報   20(2) 25-28   2020年4月   [招待有り]
県外産廃の県内持込みに対する条例規制の状況を整理し、廃棄物処理法上の意義と法的論点を解説した。
 
北村喜宣   
地方自治職員研修   (732) 27-29   2020年3月   [招待有り]
自治体職員に対して、自己決定の手段としての条例の意義を説いたもの。
 
北村喜宣   
調査季報   (185) 46-48   2020年3月   [招待有り]
横浜市条例を含むごみ屋敷条例の内容を紹介し、いくつかの論点について検討をしたもの。

書籍等出版物

 
 
2018年1月31日   
地方公務員を対象にした自治体行政法の入門書。
 
北村 喜宣(担当:単著, 範囲:202頁)
ぎょうせい   2018年1月30日   (ISBN:9784324099742)   
自治大学校における「政策法務」科目の講義ノートを踏まえた自治体職員のための行政法の入門書。
 
北村 喜宣(担当:単著, 範囲:p.551-567)
信山社   2017年10月      
土壌汚染対策法3条1項にもとづく土壌汚染状況調査義務は、原因者が存在しているかぎりにおいて同者にあり、土地所有者の責任は後退すると論ずる。
 
北村 喜宣(担当:単著, 範囲:p.27-44)
信山社   2017年5月      
空家法を実施する市町村行政へのアンケート調査を踏まえて、同法がどのように受け止められているのかを分析したもの。
 
2017年3月30日   
法科大学院の環境法テキスト。LSの「環境法政策」「廃棄物・リサイクル法」の授業において使用している。

講演・口頭発表等

 
 
北村喜宣   
2020年9月11日   明治大学法科大学院比較法研究所   [招待有り]
気候変動をめぐる東アジアおよび米国の法政策についてのカンファレンス。
 
北村喜宣   
日本公法学会総会   2019年10月12日   日本公法学会   [招待有り]
縮小社会における地域空間管理をめぐる法制度の展開について、担い手である自治体の役割を踏まえて検討した。
 
北村喜宣   
2016年度岩手県立大学公共政策フォーラム   2016年10月1日   岩手県立大学   [招待有り]
 
北村喜宣   
第20回環境法政策学会シンポジウム   2016年6月18日   環境法政策学会   [招待有り]
 
北村喜宣   
2015年度岩手県立大学公共政策フォーラム   2015年12月13日   岩手県立大学   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
Law and Society Association
 
   
 
日本公法学会
 
   
 
都市住宅学会
 
   
 
環境法政策学会
 
   
 
日本自治学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 暴力団対策法のもとでの指定暴力団指定処分の適切性を審査する専門家会議の委員(行政法)を10年間継続して終了した。この活動に対して、2020年4月に「警察庁長官感謝状」が授与された。 2010年4月 - 2020年4月
 
【その他】
 司法試験の環境法科目についての出題と採点を担当。 2005年9月 - 2015年9月

その他

 
 
オンラインZoom 授業における理解度の把握のため、毎回、リアクションメールの提出を義務づけ、不正確な理解については個別に指導をするほか、必要がある場合は、次回授業の冒頭において、改めて解説をした。また、学生に作問をさせることで出題者の視点を認識させる取組みを継続している。
 
 
法学部地球環境法学科1年生38名の2クラスに対して、冒頭で環境NPOに講演をお願いするとともに法学部における授業体系を説明したあと、「4年間における環境法学習計画」を提出させた。各クラスを6班に分けて、グルーブ学習をさせた。判例の調査と分析、法律のフローチャートづくりなど、授業で最低限の情報を与えたうえでの作業を経験してもらった。クラスメートとの交流を深める意味でも有意義であった。
 
 
テキストに即して質問を入れ込んだレジュメを授業開始時に配布して、予習の便宜を図った。「授業で分からなかったこと」を課題として2度提出させ、約60名のすべてに対してコメントを返した。それを踏まえて、2度のミニテストを実施した。授業中に課題を出して5分間ディスカッションとそれを踏まえた自分の意見のメモ提出を数回実施した。授業最終回には、環境省の元事務次官にゲストスピーカー登場いただき、実務の状況を学生に伝えた。
 
 
お招きするゲストは多彩である。過去には、弁護士、裁判官、国会議員、自治体議会議員、環境コンサルタント、中央政府職員、地方政府職員、一級建築士、海上保安官、消防士、産業廃棄物処理業者、編集者、企業環境担当者などがいる。
 
 
演習においては、毎年、グループワークによるゼミ論文を作成させている。過去の論文を製本し、図書館にリザーブブックとして配置することで、学生の参考に供している。また、論文テーマを決定する時期には、指導教員の側から「候補テーマ」とその解説をしたメモを「ゼミのブリーフケース」にアップして、学生の参考に供している。