言語の選択:

総合人間科学部

研究者リスト >> 藤村 正之
 

藤村 正之

 
アバター
研究者氏名藤村 正之
 
フジムラ マサユキ
所属上智大学
部署総合人間科学部社会学科
職名教授
学位社会学士(一橋大学), 社会学修士(筑波大学), 博士(社会学)(筑波大学)
科研費研究者番号00190067
J-Global ID200901011854262513

プロフィール

研究活動・・生活の社会学・福祉社会学・文化社会学・社会学方法論などを主要な研究対象とし、人々の〈生〉(生命・生活・生涯)のあり方と社会構造・社会変動の関係ならびにそれらへの社会政策の対応について、理論的・実証的に研究を進めています。学会運営・評価活動・各種プロジェクトなど、学術分野としての社会学の基盤を固める作業にも携わっています。
教育活動・・いまや人生90年時代にならんとする状況において、大学で得た知識の有効期限は限られることが多く、大学時代にはむしろ物事に疑問をいだき調べ考えていく方法を身につけることが重要になっていると思います。社会学は、その現代性・総合性・批判性などから、その任を担うにふさわしい学問であり、学生の皆さんに、社会学の視点・方法・態度を楽しくかつ真摯に身につけてもらえるよう、教員として努力しています。(研究テーマ)
福祉国家・福祉社会の価値観に関する実証的研究

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

研究キーワード

 
社会政策 ,福祉国家 ,生活構造 ,リスク ,ライフコース ,世代文化

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部 社会学科 教授 
 
2002年4月
 - 
2005年3月
上智大学 文学部社会学科 教授 
 
1998年4月
 - 
2002年3月
武蔵大学 社会学部 社会学科 教授 
 
1991年4月
 - 
1997年3月
武蔵大学 人文学部 社会学科 助教授 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
武蔵大学 人文学部 社会学科 専任講師 
 

所属学協会

 
 
   
 
福祉社会学会
 
   
 
関東社会学会
 
   
 
日本社会学会

書籍等出版物

 
 
岩崎, 晋也, 金子, 光一, 木原, 活信編(担当:共著, 範囲:43-66)
ミネルヴァ書房   2020年12月20日   (ISBN:9784623090488)
 
 
藤村 正之(担当:共著, 範囲:291-319)
ミネルヴァ書房   2019年1月20日   (ISBN:9784623084500)   
 
藤村 正之(担当:単著, 範囲:191-212)
恒星社厚生閣   2016年2月29日   (ISBN:9784769915775)   
 
藤村 正之(担当:共著, 範囲:69-100)
明石書店   2015年3月20日   (ISBN:9784750341590)   

論文

 
 
藤村正之   
『上智大学社会学論集』   (46) 167-191   2022年3月
 
 
藤村正之   
『社会福祉研究』   (136) 20-29   2019年10月   [招待有り]
 
藤村正之   
『福祉社会学研究』   (14) 5-24   2017年5月   [招待有り]
 
藤村正之   
『現代社会学理論研究』   (10) 31-43   2016年3月   [招待有り]

MISC

 
 
藤村 正之   
社会学評論   64(2) 313-315   2013年
 
藤村 正之   
ソフィア   59(3) 335-337   2010年
 

講演・口頭発表等

 
 
藤村正之   
福祉社会学会・第14回大会・会長講演   2016年6月19日   福祉社会学会   
 
藤村正之   
日本社会学理論学会・シンポジウム「リスク社会における信頼」   2015年9月6日   日本社会学理論学会   [招待有り]
 
藤村正之   
日本助産学会・第29回学術集会・基調講演   2015年3月25日   日本助産学会   [招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
「死の社会学的研究」
文部省科学研究費: 
副田義也 
研究期間: 2005年 - 2008年
 
研究期間: 2000年 - 2001年
 
「福祉社会の価値観に関する実証的研究」
文部省科学研究費補助金: 
武川正吾 
研究期間: 1999年 - 2001年
 
「現代日本における生活構想の展開に関する社会学的分析」
文部省科学研究費・基盤研究C2: 
藤村正之 
研究期間: 1999年 - 2000年
 
「日本の近代化と内務行政の役割」
文部省科学研究費補助金: 
副田義也 
研究期間: 1997年 - 1999年

その他

 
 
 
 
2003年3月 - 2003年3月
シンポジウム・コメント「遺産相続者たちの現金の使い方」『ジンメル研究会会報』8、pp19-22
 
 
 
毎年、ゼミ履修学生の卒業論文やゼミ論を集め、人数分のコピーを取って、ゼミ論文集を発行している。20人前後のゼミのため、全体では毎年400頁におよぶ。学生たちが自分の研究成果を確認するとともに、他メンバーの最終稿を確認できるとともに、翌年のゼミ履修学生の到達目標として道標となっている。
 
 
3年・4年の専門ゼミでは夏休みに2泊3日程度でゼミ合宿を実施している。ふだんのゼミでは実施できないグループ活動や各種の体験学習をおこなうことで、学習の質の多様化を確保するとともに、学生同士ならびに教員との親睦もはかれている。