言語の選択:

グローバル教育センター

研究者リスト >> 杉浦 未希子
 

杉浦 未希子

 
アバター
研究者氏名杉浦 未希子
 
スギウラ ミキコ
通称等の別名Mikiko Michelle Sugiura
所属上智大学
部署グローバル教育センター/グローバル・スタディーズ研究科国際協力学専攻
職名教授
学位学士(法学)(東京大学), 学士(比較文化)B.A.(上智大学), 修士(国際協力学)(東京大学), 博士(国際協力学)(東京大学)
科研費研究者番号80463884
ORCID ID0000-0003-4196-9806
J-Global ID201301002250657785

プロフィール

受験生はこちらをご覧ください(クリック) 
【研究対象】河川水利、河川取水による農業水利、河川管理、水利使用と分配に関する社会システム
【研究キーワード】河川水・アジアモンスーン・水稲耕作と灌漑・風土と歴史・コモンズ
 
【担当講義】
学部: Sustainable Development, Conservation, Environmental Science
研究科:Environment and Development (-2024. 3), Environmental History and Policies in Japan (-2023. 3),  環境と開発 I (2024.4-), 環境と開発 II (2024. 4-)
 
【研究・教育プロジェクト】
エジプト西部砂漠のオアシス社会における住民の理解と参画を軸とした水・土地資源の持続的利用モデルの構築 (2023-2027) (令和5年採択 SATREPS:研究代表者 岩﨑れい奈)
ウクライナ戦争勃発後の世界と平和構築~日本の役割は何か~ (2023.9-2025.3) (上智大学学術研究特別推進費「自由課題研究」:研究代表者 東大作) 
COIL Program: Portland University (2019)/ University of San Fransisco (2019)/ Stockholm University (2020)/UKM (2022/2023)
高等教育における学修成果の可視化に関する国際共同研究(2021-2024)(科研基盤研究B: 研究代表者 杉村美紀)
OECD教育評価指標 (2019-2022)
MIRAI (Phase I: 2017-2019)
ブランディング事業「持続可能な地域社会の発展を目指した「河川域」をモデルとした学融合型国際共同研究」(2016-2019)
Sophia AIMS Program (2014-2017) / 同後継事業(2018-)
 
【その他関連業務】
January session (2018-2019): "Water and Japanese Society" in Contemporary Japanese Culture and Society
教育イノベーションプログラム (2019-2020)
GES Summer Program (2018)
Global Leadership Program (2017 & 2020(延期)-->2023実施)
留学準備講座(サバティカル教員の代講)(2019-2020)
輪講担当
SDGを学ぶ (2018-2022):”SDGsと水を巡るグローバル課題
人と自然のつきあいかた (2021): ”乾燥・半乾燥地域との「希少」発想の違い”

 
【学内業務歴】
研究機構会議/委員 (2019.4- )
自己点検・評価実施小委員会/委員 (2019.4-2020.3/ 2022.4-2023.3)
基盤教育センター「展開知」領域/委員 (2021.9- )
FD委員会/副委員長 (2022.4-2024.3)
SACRU/EIWGメンバー (The purpose of the Education and Innovation Working Group) (2023.4- )
教員資格審査委員会/委員 (2023.4-2024.3)
 

研究キーワード

 
河川水利 ,水資源管理 ,農業水利 ,開発と環境

研究分野

 
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 

経歴

 
2021年10月
 - 
現在
上智大学 グローバル教育センター/グローバル・スタディーズ研究科国際協力学専攻  教授 
 
2021年4月
 - 
2021年9月
上智大学 グローバル・スタディーズ研究科 国際協力学専攻 准教授 
 
2018年4月
 - 
2021年9月
上智大学 グローバル教育センター  准教授 
 
2014年4月
 - 
2018年3月
上智大学 グローバル教育センター  嘱託准教授 
 
2013年7月
 - 
2014年3月
国立大学法人総合研究大学院大学  特任講師 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学研究系 国際協力学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学専攻国際環境協力コース
 
1999年4月
 - 
2001年9月
上智大学 比較文化学部 (2006年度改組) 
 
1989年4月
 - 
1993年3月
東京大学 法学部 
 

委員歴

 
2022年11月
 - 
現在
超党派水制度改革議員連盟  水循環基本法フォローアップ委員会委員
 
2022年4月
 - 
現在
国土交通省  国土審議会専門委員(水資源開発分科会利根川・荒川部会)
 
2019年4月
 - 
現在
ICID日本国内委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
農業農村工学会農業農村整備政策研究部会  幹事
 
2023年9月
 - 
2024年10月
独立行政法人 国際協力機構  農業・農村課発協力における気候変動対策等の推進に関する課題別支援委員会(継続)
 

受賞

 
2018年9月
公益社団法人 農業農村工学会, 農業農村工学会 平成30年度学会賞 優秀論文賞
 
2016年
上智大学, 上智大生が選ぶGood Practice賞2015
 
2007年3月
東京大学, 新領域創成科研究科長賞(博士)
杉浦未希子 
 

論文

 
 
杉浦未希子   
農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)   2021 ROMBUNNO.6-34(R) pp.564-565   2021年8月   [査読有り]
 
 
杉浦未希子   
ARDEC   (64) 31-35   2021年3月   [招待有り]
 
杉浦未希子   
農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)   2020 631-632   2020年8月   [査読有り]
 
杉浦未希子   
International Journal of Social Science Studies   7(3) 93-100   2019年5月   [査読有り]
Watarease-yusuichi, a man-made retarding basin, which has functioned as a flood control for about 100 years, entered a new phase in 2012 as a registered site under the Ramsar Convention. Through diversification of wetland use, despite the
complexi...

MISC

 
 
岡島 賢治   杉浦 未希子   山岡 和純   
水土の知 : 農業農村工学会誌 : journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   77(1) 33-35   2009年1月

書籍等出版物

 
 
杉浦未希子, 水谷裕佳(担当:編集, 範囲:序にかえて(8-14)・第7章(223-253))
出版:上智出版 印刷製本:ぎょうせい   2023年3月   (ISBN:9784324112663)
 
水文・水資源学会(編)(担当:分担執筆, 範囲:13.1水関連の国内法体系(13章水の法体系と政策)pp.471-475)
朝倉書店   2022年10月1日   (ISBN:9784254261745)
 
杉浦 未希子(担当:共著, 範囲:p.313-329)
Sidestone Press, Leiden   2015年   (ISBN:9789088902789)   
Water & Heritage … tells the story of water heritage in all its diversity. It reveals the technical ingenuity that water heritage has always inspired, and it presents the challenges that this heritage faces, along with possible solutions. Reflecti...
 
杉浦 未希子(担当:共著, 範囲:p.179-200)
Routledge, New York   2015年   (ISBN:9780415749978)   
This book uniquely explores the long-term impacts of displacement and resettlement. It shows that long-term post-project evaluation is necessary to assess the rehabilitation and livelihood reconstruction of resettlers after relocation. It focuses ...
 

講演・口頭発表等

 
 
杉浦未希子   
資料名: 農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)巻: 2023、 ページ: ROMBUNNO.7-11(R) pp467-468./   2023年8月30日   
注:引用する場合は、下記の情報を利用願います
資料名: 農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)巻: 2023
ページ: ROMBUNNO.7-11(R) pp.467-468.
発行年: 2023年
JST資料番号: X0278B 資料種別: 会議録 (C)
 
杉浦 未希子   
令和5年日本ICID協会総会 講演会   2023年6月27日   [招待有り]
 
杉浦未希子   
ICID第24回総会・第73回国際執行理事会 事後報告会   2023年2月6日   
 
Mikiko Sugiura   
International Workshop, The 24th ICID Congress and the 73rd IEC Meeting, Adelaide Australia   2022年10月3日   [招待有り]
 
杉浦未希子   田島正廣   
資料名: 農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)巻: 2022、 ページ: ROMBUNNO.6-36(R)/   2022年9月1日   
注:引用する場合は、下記の情報を利用願います
資料名: 農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)巻: 2022
ページ: ROMBUNNO.6-36(R)
発行年: 2022年
JST資料番号: X0278B 資料種別: 会議録 (C)

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
Environment and Development (上智大学)
2021年4月
 - 
現在
Environmental History and Policies in Japan (上智大学)
2014年
 - 
現在
Conservation (上智大学)
2014年
 - 
現在
Sustainable Development (上智大学)
2014年
 - 
現在
Environmental Science (上智大学)

所属学協会

 
2023年4月
 - 
現在
国際開発学会
 
   
 
水文・水資源学会
 
   
 
農業農村工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
エジプト西部砂漠のオアシス社会における住民の理解と参画を軸とした水・土地資源の持続的利用モデルの構築
科学技術振興機構・日本医療研究開発機構・国際協力機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム SATREPS
日本側のみ 岩﨑えり奈 吉田修一郎 松岡延浩 溝口勝 以下Annex研究者グループ別リスト順 辻村 真貴 齋藤 敬 Anis Chirbkine 西田 和弘 宮坂 加理 Donghe XU 濱 侃 丸山 優樹 長澤 榮治 岡戸 真幸 赤堀 雅幸 杉浦 未希子 柏木 健一 深見 奈緒子 
研究期間: 2023年 - 2028年3月
 
ウクライナ戦争勃発後の世界と平和構築~日本の役割は何か~
上智大学: 上智大学学術研究特別推進費「自由課題研究」(2023年度)学内競争的資金
東大作 杉浦未希子 
研究期間: 2023年9月 - 2025年3月
 
高等教育における学修成果の可視化に関する国際共同研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
杉村 美紀 笹岡 幹子 布柴 達男 藤沼 良典 小松 太郎 杉浦 未希子 鎌田 武仁 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
出版『グローバル教育を実践する―多様な領域からのアプローチ』
上智大学: 上智大学出版(SUP)出版企画(2022年度)
佐久間勤 曄道佳明 アガスティン・サリ 出口真紀子 東大作 小松太郎 廣里恭史 小松太郎 丸山英樹 李ウォンギョン 水谷裕佳 杉浦未希子 
研究期間: 2022年7月 - 2023年3月
 
生まれ変わる水辺環境と再創造される文化: Greater Tokyo のアクターからの視点
上智大学: 2020年度第2回ソフィア国際シンポジウム企画(2021年度まで延期)
渡邉 剛弘 杉浦 未希子 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月

その他

 
 
令和5年10月30日(月)に開催された疏水フォーラムに関する掲載記事
 
 
2023年12月2日(土) 3・4限 法政大学 国際環境協力論 ゲスト講師
 
 
2023年11月11, 12日開催 https://jasid.org/news/20230614-an34th-1st-announcement/
 
 
2023年10月26日 第38回「あらゆる分野から幅を持った社会システムを考える会」(異業種交流会)話題提供
 
 
2023年10月30日富山国際会議場で開催された全国土地改良事業団体連合会主催「疏水フォーラムin常西用水2023:疏水の今そして未来へ」のパネルディスカッション(テーマ:都市地域の疏水の保全管理を考える)でコーディネーターを務めた
https://www.inakajin.or.jp/works/pr/sosui/page-3635 (2023年10月31日現在)