言語の選択:

経済学部 経済学科

研究者リスト >> 蓬田 守弘
 

蓬田 守弘

 
アバター
研究者氏名蓬田 守弘
 
ヨモギダ モリヒロ
URLhttp://pweb.cc.sophia.ac.jp/m-yomogi/
所属上智大学
部署経済学部経済学科
職名教授
学位学士(経済)(慶應義塾大学), 修士(経済学)(慶應義塾大学), Ph.D. in Economics(University of Rochester), 博士(経済学)(ロチェスター大学)
科研費研究者番号30286611
J-Global ID200901032551387744

プロフィール

(研究テーマ)
環境、貿易、直接投資についての研究
貿易と労働についての研究

研究キーワード

 
貿易と環境 ,直接投資 ,国際貿易 ,貿易政策

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 理論経済学 / 

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
Vanderbilt University Department of Economics Visiting Research Scholar 
 
2006年4月
 - 
2006年5月
財務省財務総合政策研究所  第15回財政経済長期セミナー講師 
 
2005年2月
 - 
2006年3月
筑波大学  非常勤講師 
 
2003年4月
 - 
2006年3月
一橋大学大学院経済学研究科  専任講師 
 
2004年12月
 - 
2005年11月
(財)三菱経済研究所  非常勤研究員 
 

学歴

 
1997年9月
 - 
2003年5月
米国ロチェスター大学 経済学研究科 
 

論文

 
 
ISHIKAWA Jota   KIYONO Kazuharu   YOMOGIDA Morihiro   
RIETI Discussion Paper Series 20-E-080      2020年10月
 
Morihiro Yomogida   
The International Economy   23(0) 182-194   2020年   [査読有り]
 
蓬田守弘   
RIETI Discussion Paper Series   17-J-059    2017年10月   
 
蓬田守弘   
RIETI Discussion Paper Series   15-J-056    2015年10月   
 
蓬田守弘   
RIETI Discussion Paper Series   15-J-033 1-27   2015年6月   

書籍等出版物

 
 
東洋経済新報社   2019年9月6日   
 
東洋経済新報社   2017年4月1日   
 
蓬田 守弘(担当:共著)
東京大学出版会   2012年5月   (ISBN:9784130461078)   
 
東洋経済新報社   2009年4月   
 
東洋経済新報社   2007年9月   
ミクロ経済学入門レベルの教科書

講演・口頭発表等

 
 
蓬田守弘   
日本国際経済学会全国大会   2021年10月24日   
 
Morihiro Yomogida   
The Annual Meeting of Asia Pacific Trade Seminars, National Taiwan University, Taipei, Taiwan   2016年6月25日   
 
Morihiro Yomogida   
Midwest International Trade Meeting, Pennsylvania State University, State College, PA, USA   2015年10月24日   
 
Tokyo Center of Economic Research, Seminar   2014年   
 
Western Economic Association International   2013年   

所属学協会

 
 
   
 
日本経済学会
 
   
 
International Economics and Finance Society Japan
 
   
 
国際経済学会
 
   
 
American Economic Association

その他

 
 
 
評価シートを導入し自らの報告内容やプレゼンテーションを学生が相互に評価できるようなシステムを導入している。同年代の学生からの評価は、各学生の学習意欲やプレゼンテーション能力を向上させる上で効果が高いと思われる。
 
 
他大学の関連分野を研究するゼミと年1回、合同で研究発表会を実施している。各ゼミで学生が少人数グループを形成し、研究論文を作成、その内容を発表会で報告しお互いに議論する。公式な報告の場を作ることで、学生の論文作成意欲を高めるとともに、プレゼンテーション能力向上にも役立つと思われる。