言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 北條 勝貴
 

北條 勝貴

 
アバター
研究者氏名北條 勝貴
 
ホウジョウ カツタカ
URL
所属上智大学
部署文学部史学科
職名教授
学位修士(史学)(上智大学)
科研費研究者番号90439331
J-Global ID200901096173750000

プロフィール

1992-1994 上智大学 僧行基の社会事業と古代社会、律令国家との関係に関する研究
1995-1999 上智大学 奈良朝律令国家の仏教イデオロギーと劇場国家的性格に関する研究
1996-1999 上智大学 葛野秦氏の生業と環境認識、宗教的心性との関連についての研究
1999- 上智大学・国立歴史民俗博物館 東アジアにおける自然環境と人間との関係、親和的/対抗的心性・言説の構築と変容に関する研究日本列島に暮らしてきた人々は、自然環境といかなる関係を持ち、そのなかでどのような心性を育み、言説を紡ぎ出してきたのか。地球規模の環境問題が深刻化する昨今、これらの問題を追究することは、歴史学に課せられた責務ともいえる。安易な共生論やエコ・ナショナリズム的言説を排しつつ、自然と融和/対立してきた列島文化のありようを客観的に跡づけ、人間とはいかなる存在なのかを歴史的に問題化してゆきたい。(研究テーマ)
東アジアにおける自然環境に対する融和的/対抗的心性・言説の成立と、日本文化における咀嚼と定着について
東アジア的歴史叙述の起源と特徴に関する研究
神社の起源に関する研究
パブリック・ヒストリーを用いた社会の再統合

研究キーワード

 
少数民族 ,仏教 ,歴史叙述 ,卜占 ,神社 ,神観念 ,祭祀 ,言説 ,文字 ,心性 ,環境

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 
  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史 / 
  • 人文・社会 / 日本史 / 
  • 人文・社会 / 史学一般 / 

論文

 
 
 
北條勝貴   
小峯和明編『日本と東アジアの〈環境文学〉』勉誠出版   269-287   2023年7月   [査読有り][招待有り]
 
北條勝貴   
野田研一・後藤隆基・山田悠介編『石牟礼道子と〈古典〉の水脈─他者の声が響く─』文学通信   170-211   2023年5月   [査読有り][招待有り]
 
北條勝貴   
思想   (1183) 81-105   2022年11月   [査読有り][招待有り]
 
北條勝貴   
歴史評論   (870) 5-18   2022年10月   [査読有り][招待有り]

MISC

 
 
北條勝貴   
上智史学   (68) 53-62   2023年11月   
 
法苑珠林   研究会   
上智史学   (68) 63-110   2023年11月   
 
北條勝貴   
コメット通信(水声社)   (25) 13-14   2022年8月   [査読有り][招待有り]
 
北條 勝貴   
世界   (959) 258-261   2022年7月   [査読有り][招待有り]
 
北條 勝貴   
世界   (956) 286-289   2022年5月   [査読有り][招待有り]

書籍等出版物

 
 
北條勝貴(担当:分担執筆, 範囲:疫病は常に〈外〉からやって来る─差別・疎外の歴史実践─(50-55))
大月書店   2024年1月   (ISBN:9784272510153)
 
北條勝貴(担当:共著, 範囲:山と森の文化史─山林にて、虎と遭う─)
文学通信   2021年3月   (ISBN:9784909658470)   
中国を中心とする東アジア地域において、トラとの接触がいかなる生活文化を醸成してゆくか、古代から近代に及ぶ長いスパンのなかで通史的に叙述したもの。
 
北條 勝貴(担当:共編者(共編著 者), 範囲:p.8-23, 26-45)
森話社   2020年12月24日   
前者では、本書の目的とその達成のための方法論を概説、パブリック・ヒストリーの課題達成のもとに、臨床歴史学という立場を打ち出した。後者では、現代社会において暗黙の前提とされる国民国家と、それが人間の進歩の到達点であるかのような通俗史観を批判し、その弊害と相対化の必要性を指摘した。
 
北條 勝貴(担当:共著, 範囲:p.159-168)
績文堂出版   2020年12月10日   
COVID-19感染拡大下の世界および列島社会で、人びとの歴史実践がどのように行われているかを総括した。研究者の文章を含め、一般市民のそれがステレオタイプに誘導されるなかで、感染拡大の根本的原因を解決しようとする文明批判など、通俗的進歩史観を根本から見直そうとする傾向もみえることを指摘した。
 
北條 勝貴(担当:その他, 範囲:p.178-181, 204-205)
丸善出版   2020年4月   
いわゆる読む事典であり、「仏教伝来」「神仏習合」の2項目を担当、概要と最新の研究動向、自身の見解、参考文献について整理した。前者は環境史的文脈を意識し、後者はアジアのなかで捉える近年の情況を踏まえた。

講演・口頭発表等

 
 
北條勝貴   
説話文学会2023年12月例会シンポジウム「前近代日本列島文化史とジェンダー批評の課題」   2023年12月17日   [招待有り]
 
北條勝貴   
日本文学協会第78回(2023年度)大会「現代のなかの古典文学研究」   2023年12月3日   [招待有り]
 
北條勝貴   
人文知の視点から見た神宮外苑再開発問題   2023年6月27日   [招待有り]
 
北條勝貴   
国際シンポジウム「日本と東アジアの異文化交流文学史」IV シンポジウムC「渡海・漂流」   2022年11月6日   [招待有り]
 
北條勝貴   
日本学術会議公開シンポジウム「変容する現代世界と歴史認識・歴史教育の課題」   2022年10月2日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本文学協会
 
   
 
戒律文化研究会
 
   
 
日本仏教綜合研究学会
 
   
 
日本宗教文化史学会
 
   
 
仏教史学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
唐代仏教霊験譚の研究
文科省: 科学研究費
藤井(佐野)誠子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
前近代日本における病気治療と呪術の研究
文科省: 科学研究費
小山聡子 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 文科省のスーパー・グローバル・ハイスクールに採用された富士見丘学園からの依頼を受け、同校の生徒と北條研究室所属学生・院生の主体的な学びの場として、環境史ワークショップを運営。両者の協議のもと、必要な講義、東京周辺におけるフィールドワーク、生徒の発表会などを行っている。 2014年7月1日 - 2020年3月31日
 
【その他】
 野木亜紀子さんの脚本に仏教研究者として協力、各回のサブタイトルに使用される「苦」の名称について、質問に答え提案を行った。最終回(3月28日放送)のエンド・クレジットに名前が記載されている。 2019年9月 - 2019年12月
 
【その他】
 「〈山の民〉の行方—ぼくらは何を失ったのか—」と題する講演を行った。 2019年11月10日 - 2019年11月10日
 
【その他】
 「いのちを支える食が競争の場となる—アジアのなかの築地/豊洲問題—」のタイトルで講演を行った。 2019年9月16日 - 2019年9月16日
 
【その他】
 同団体を結成、歴史学関連団体四者協とともに、東京都へ「東京都中央卸売市場築地市場の解体工事中止、 および保存活用に関する要望書」を提出した。 2018年11月 - 2019年3月

その他

 
 
2006年度後期「史料講読演習」において、分担して講読してゆく史料を紹介したホームページ。\nhttp://www.geocities.jp/k_hojo0761/sophia/pre-seminar.html
 
 
日本人はどのように樹木と向き合ってきたか。融和と対立の入り交じる自然観を解明するため、樹木伐採の作法の変遷、古代国家の開発のありように注目した環境史の配布プリント31ページ。作成においては、講義ごとにフォーマットを統一、史料も書き下しと現代語訳を付し、講義終了後も一冊の書物として参照可能なように工夫している。図表等もできる限り用い、コンピュータに取り込んで統一的に配置している。
 
 
日本固有の宗教文化といわれる〈神仏習合〉が、在来宗教を取り込むため中国六朝期の廬山仏教に発し、日本へも輸入され僧侶の実践のなかで独自の変化を遂げてゆく過程を、史料に即して解説した配布プリント33ページ。作成においてはフォーマットを統一、史料も書き下しと現代語訳を付し、講義終了後も一冊の書物として参照可能なように工夫している。図表等もできる限り用い、コンピュータに取り込んで統一的に配置している。
 
 
原則として、年度ごとに3年生を主体にした研修旅行(8月)と研究施設見学(10〜11月、宮内庁書陵部の特別展示見学会が主体)フィールドワーク訓練(12月頃)、4年生を主体にした卒論合宿(9もしくは10月)を行っている。前者は史跡および博物館の見学、後者は卒業論文の中間報告、書き方の指導が主な内容である。
 
 
2006年度前期「日本史特講I(古代史)」において、毎回講義終了後に寄せられた質問へ回答するために設けたホームページ。\nhttp://www.geocities.jp/k_hojo0761/sophia/tatari-answer06a.html\nhttp://www.geocities.jp/k_hojo0761/sophia/tatari-answer06b.html
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。