言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 小倉 博孝
 

小倉 博孝

 
アバター
研究者氏名小倉 博孝
 
オグラ ヒロタカ
所属上智大学
部署文学部フランス文学科
職名教授
学位文学修士(大阪外国語大学), D.E.A.(Universite de Provence), 文学専門研究課程(プロヴァンス大学), Docteur es Lettres(Universite de Provence), 文学博士(プロヴァンス大学)
科研費研究者番号50327863
J-Global ID200901009986827051

プロフィール

(研究テーマ)
ジャン・ラシーヌの悲劇の文体について
十七世紀フランスにおける劇言語の形成について
ジャン・ラシーヌとポール=ロワヤル
プロヴァンス文学(共同・受託研究希望テーマ)
ヨーロッパにおける十六・十七世紀の文学と思想

研究キーワード

 
フェリブリージュ ,文体 ,劇言語 ,ラシーヌ ,悲劇性 ,古典主義 ,ポール=ロワヤル ,プロヴァンス

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文学一般 / 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
2022年3月
青山学院大学 文学部 フランス文学科 非常勤講師 
 
2017年8月
 - 
2017年9月
東北大学大学院文学研究科  非常勤講師 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
東京大学  非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京大学  非常勤講師 
 
2009年4月
 - 
2009年9月
東京大学  非常勤講師 
 

学歴

 
1992年10月
 - 
1997年9月
プロヴァンス大学 その他(大学院) 仏文学
 

委員歴

 
2021年7月
 - 
現在
国際フランス研究協会  評議員
 

論文

 
 
 
Hirotaka Ogura   
Le Bulletin de l'Académie des sciences, agriculture, arts et belles-lettres d'Aix 2020-2021   187-200   2021年12月   [査読有り][招待有り]
 
小倉博孝   
「青葉乃会」第21回公演パンフレット      2021年4月   [招待有り]
 
Hirotaka Ogura   
Fabula, la recherche en littérature   En ligne    2019年6月   [査読有り]
 
Hirotaka Ogura   
Littératures classiques   41-50   2019年3月   [査読有り][招待有り]

MISC

 
 
ジェヌティオ アラン   小倉 博孝   
ソフィア   60(2) 180-200   2011年

書籍等出版物

 
 
小倉, 博孝, 猪口, 好彦, 畠山, 香奈
白水社   2022年2月   (ISBN:9784560061442)
 
 
小倉 博孝(担当:共著, 範囲:p. 291-300)
Presses de l'universite Paris-Sorbonne   2012年4月   (ISBN:9782840508090)   
 
小倉 博孝(担当:編集)
Sophia University Press上智大学出版 , ぎょうせい (発売)   2010年5月27日   (ISBN:9784324081884)   
ピエール・コルネイユの劇世界の魅力を内外の研究者が多面的に分析したもの。2006年に東京で開催された国際学会での発表が骨格になり、さらに論文、対談、年表、参考文献表などをつけ加えることによって内容の充実を図った。
 
小倉 博孝(担当:共編者(共編著 者))
上智大学出版 , ぎょうせい (発売)   2006年12月   (ISBN:4324080607)   

講演・口頭発表等

 
 
Colloque sur la haine du théâtre   2014年10月24日   Labex OBVIL (l'université de Paris-Sorbonne)   [招待有り]
 
OGURA HIROTAKA   
Séance ordinaire de l'Académie d'Aix   2013年3月5日   Académie des Sciences, Agriculture, Arts et Belles-Lettres d'Aix   
 
OGURA HIROTAKA   
Université Paris IV - Sorbonne   2012年3月14日   
 
OGURA HIROTAKA   
Séance ordinaire de l'Académie d'Aix   2011年3月8日   L'Académie des sciences, agriculture, arts et belles-lettres d'Aix   
 
OGURA HIROTAKA   
Journée d'études dix-septiémistes françaises au Japon   2010年11月3日   

所属学協会

 
2021年7月
 - 
現在
Association Internationale des Études Françaises
2021年2月
 - 
現在
Centre international Jean Racine
 
   
 
ソルボンヌ大学文学研究所(Labex OBVIL - Sorbonne Université)外国人研究員
 
   
 
エックス科学・農学・芸術・文芸アカデミー
 
   
 
日本フランス語フランス文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ソフィア国際シンポジウム「演劇とスキャンダル」
上智学院: ソフィア国際シンポジウム
研究期間: 2019年11月 - 2019年11月

その他

 
 
フランス、エクス・サン・プロヴァンス・アカデミーにおける自分の講演に、交換留学生として現地にいた学生を招き、フランスの地方アカデミーの活動に実際に参加させ、そこでの講演、質疑応答がどのように展開されるのかを現実に体験してもらった。
 
 
大学院の授業「古典主義文学研究」を補う形で、とくに夏期休暇中、関連文献の読書会(ルソーに関する論文等)や他の研究者をまじえた研究会(ノデ、ラ・フォンテーヌ等について)をおこなってきた。この読書会、研究会は授業という枠組みにとらわれない、参加者の専門を考慮した自由な形式でおこなわれ、院生それぞれの個別研究を刺戟し、他の参加者との意見交換等を通じて、研究発展に貢献するものとなった。
 
 
Reflets-2に関して日本人の学習者向けの補助教材を作成し、Refletsの発売元アシェット・ジャポン社から刊行した。
 
 
「フランス文学史」の授業において、定められたテーマにしたがってグループ発表をすることを課し、資料収集からハンドアウトの作成、口頭発表までのプロセスを自分たちで考え、説得的な発表の仕方を身につけるように指導している。また、主体的に調べ、調べたことを伝えるなかで、知的好奇心を養っていくこともこの口頭発表指導の大事な要素のひとつである。
 
 
学部一年生を対象とした「専門基礎フランス語A」の授業では、各学期2回(中間、期末)の大きな試験に加え、頻繁な小テストを課し、フランス語の基礎が徹底的に身につけられるよう工夫している。小テストは、必ず添削したのち学生に返すようにしている。
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。