言語の選択:

経済学部 経営学科

研究者リスト >> 杉谷 陽子
 

杉谷 陽子

 
アバター
研究者氏名杉谷 陽子
 
スギタニ ヨウコ
URLhttp://pweb.sophia.ac.jp/sugitani/index.html
所属上智大学
部署経済学部経営学科
職名教授
学位修士(社会学)(一橋大学), 博士(社会学)(一橋大学)
J-Global ID200901093288587597

プロフィール

慶應義塾大学商学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。2008年より上智大学経済学部経営学科助教、2012年より同准教授、2019年より同教授。専門は、消費者心理学、社会心理学、消費者行動論、マーケティング論。

研究キーワード

 
社会心理学 ,消費者心理 ,消費者行動

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 
  • 人文・社会 / 商学 / 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
一橋大学 社会学研究科 総合社会科学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
一橋大学 社会学研究科 総合社会科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学 商学部 商学科
 

委員歴

 
2023年4月
 - 
現在
日本マーケティング学会  『マーケティングジャーナル』シニアエディター
 
2023年4月
 - 
現在
日本マーケティング学会  常任理事
 
2022年4月
 - 
現在
日本消費者行動研究学会  『消費者行動研究』編集委員
 
2021年
 - 
現在
日本商業学会  関東部会理事
 
2020年
 - 
現在
消費者行動研究学会  理事
 

受賞

 
2021年10月
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団, 準吉田秀雄賞,広告への好意度の国際比較研究:ズームイン/ズームアウト型認知と広告表現
杉谷陽子 外川拓 唐沢穣 
 
2018年10月
日本マーケティング学会, マーケティングジャーナル・ヤングスカラー賞
杉谷 陽子 
 
2016年11月
消費者行動研究学会, 消費者行動研究学会研究奨励賞(青木幸弘賞)
杉谷陽子 
 
2016年10月
日本マーケティング学会, マーケティングジャーナル・ヤングスカラー論文賞
杉谷陽子 
 
2007年5月
平成19年度産業組織心理学会研究支援
 

論文

 
 
杉谷陽子   
社会心理学研究   22(3) 234-244   2007年3月   [査読有り]
The purpose of this study was to verify that people feel more at ease using Computer-Mediated Communication (CMC) compared to other media because of higher self-presentation efficacy. The reason for this may be the lack of nonverbal cues in CMC: i...
 
杉谷陽子   
消費者行動研究   12(1-2) 53-70   2006年3月   [査読有り]
本研究の目的は、広告における写真の効果を実証的に明らかにすることである。研究1では、写真が挿入されていない広告を見た場合は、写真が挿入された広告を見た場合に比べ、既存の企業イメージに一致する方向で商品の評価にバイアスがかかることが示された。研究2では、研究1で得られた製品評価バイアスは、消費者の広告情報処理に対する関与が低い場合でのみ生じることが示され、広告における非言語的な手がかりの効果について今後の課題が論じられた。

MISC

 
 
杉谷陽子   
博報堂The Central Dot Magazine      2022年9月   [招待有り]
 
 
杉谷陽子   外川拓   唐沢穣   
財団法人吉田秀雄記念事業財団 助成研究集(2020年度 第54次)   69-84   2021年3月
 
杉谷陽子   
RMS Message:リモート時代の職場の信頼   60    2020年11月
 

書籍等出版物

 
 
田中洋, 青木幸弘, 新倉貴士, 杉谷陽子, 菅野佐織, 丸岡吉人, 久保田進彦, 澁谷覚, 外川拓, 大西浩志, 髙田敦史(担当:分担執筆, 範囲:第4章(pp. 63-79))
有斐閣   2023年11月   (ISBN:9784641166226)
 
山田, 肖子, 仁平, 典宏, 大賀, 哲, 中藤, 哲也, 唐沢, 穣, 杉谷, 陽子, 柳田, 航一, 松浦, 良充, 久木田, 水生(担当:共著, 範囲:pp. 81-97)
東信堂   2023年6月   (ISBN:9784798918303)
 
恩藏直人, 坂下玄哲(担当:分担執筆, 範囲:ブランドアタッチメント; ソーシャル・ネットワーキング・サービス(pp.148-150; pp. 194-196))
有斐閣   2023年5月9日   (ISBN:4641166137)
 
永野 光朗, 杉本 徹雄, 花尾 由香里, 新井 範子, 上市 秀雄, 田中 知恵, 鎌田 晶子, 前田 洋光, 杉谷 陽子, 池内 裕美, 竹村 和久, 西原 彰宏, 金井 篤子(担当:分担執筆)
北大路書房   2019年10月3日   (ISBN:4762830828)
 
池田 浩, 服部泰宏, 柳澤さおり, 吉原克枝, 森永雄太菊地, 藤村まこと, 田原直美, 池田 浩, 三沢 良, 杉谷陽子(担当:分担執筆, 範囲:201-225)
サイエンス社   2017年11月1日   (ISBN:4781914101)

講演・口頭発表等

 
 
田中 洋   澁谷 覚   大西 浩志   丸岡 吉人   新倉 貴士   杉谷 陽子   
日本マーケティング協会   2024年1月30日   
 
杉谷陽子   外川拓   
第73回日本商業学会全国大会   2023年5月28日   
 
宮澤 正憲   水越 康介   杉谷 陽子   
日本マーケティング学会カンファレンス   2022年10月16日   
 
Yoko Sugitani   Taku Togawa   
2022 AMA Summer Academic Conference   2022年8月12日   
 
杉谷陽子   唐沢穣   
第72回日本商業学会全国研究大会   2022年5月27日   

所属学協会

 
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
Associations for Consumer Research
 
   
 
the Academy of Marketing Science
 
   
 
Society for Consumer Psychology
 
   
 
日本社会心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
言語の文法構造が消費者の認知様式および広告評価に与える影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
杉谷 陽子 外川 拓 唐沢 穣 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
ブランドへの愛着が消費者にもたらす心理的便益に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
杉谷 陽子 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
広告への好意度の国際比較研究:ズームイン/ズームアウト型認知と広告表現
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団: 研究助成(継続研究)
杉谷陽子 外川拓 唐沢穣 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
ブランド態度の形成における自己と他者の評価の役割についての研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
杉谷 陽子 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 

学術貢献活動

 
 
審査・評価
Curtain University 2023年8月
 
審査・評価
Bond University 2022年4月22日 - 2022年6月22日

社会貢献活動

 
 
 
【パネリスト】
株式会社インターブランドジャパン 2024年1月26日
 
 
【寄稿】
博報堂 The Central Dot Magazine 2022年9月26日
 
【出演】
博報堂 The Central Dot Magazine 2022年8月29日

メディア報道

 
 
 
株式会社宣伝会議   宣伝会議   2022年12月   [新聞・雑誌]
 
リクルートマネジメントソリューションズ   RMS Message『リモート時代の職場の信頼』   2020年10月   [インターネットメディア]
 
株式会社HRビジョン   LEDEARS日本の人事部   2020年10月
 
朝日新聞   2020年9月   [新聞・雑誌]